異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)
262ページ
116登録

異世界修学旅行 2巻はこんな本です

異世界修学旅行 2巻の感想・レビュー(84)

異世界ファンタジーらしく今回のメインはドラゴン。…なんだけどノリが軽すぎぃ!(笑)おかげで最後はちょいちょい真面目な話があってもシリアスになりすぎず気楽に読めました。しかしあらためて個性の強い面子ばかりなクラスですなぁ。まぁそうでないと話ができないか(笑)次のクラスメートも楽しみです。単独行動となってる宝田様はどんな方向に進んでいくのやら。
- コメント(0) - 2月15日

異世界行ったらやっぱりドラゴンだよね。って軽いノリで緩めの空気感、好きだわ。キャラもみんな個性があって非常にいい感じ、そんな中あまり目立たない主人公、と思わせておいてしっかり成長要素いれてくるのがまたいいね。
- コメント(0) - 2月6日

ドラゴン観光ツアー。相変わらず軽いノリのコメディ風で読んでて楽しいです。度々話に出てくる全裸の木村が印象に残りすぎててヤバイ。浩介のちょっと残念感が目立ってきた気がする。他のみんなの個性が強すぎるだけかもしれない。ドラゴンの話してくれた事は結構グッと来ました。いつもは笑える話ばっかりしてるのにいきなりこういう話をぶち込むのはズルいねえ。
★6 - コメント(0) - 2016年10月23日

ハイファンタジー宝田さんが前巻より妙にエロい体つきになってる……これが世に言う異世界転生チートか! というわけで、一発ものかなと思ってたら普通に続きが出て焦った異世界コメディ第2弾。相変わらず岡本先生のギャグ描写がキレッキレで、もうホントこの人天職見つけたよなぁと嬉しい気分になってしまいます。村を救った女騎士のグッズを無許可で販売するくだりなんかがそうですが、セリフ運びが凄く上手くなった印象を受けますね。それはともかく異世界だろうと肖像権は守りましょう。(マジレス)
★2 - コメント(0) - 2016年10月10日

そうか、前回が文化祭の模擬店で、今回は学芸会ということか。擬似的に学校生活のイベントをファンタジーとして過ごすという内容でもあるのだな。そして、それを通した沢木浩介の成長譚でもある。ぐだぐだとしたゆるい作風ながらも、ドラゴンの正体という形でしっかり意外な落ちを用意しているのは流石。クラスメイトがみなキャラ立てのために極端にデフォルメされており、その代表が筋肉と鉄道だと言えるが、その筋肉と鉄道とバディを組まされる優等生ちゃんが気の毒……鉄道さんの趣味は開発事業で役に立つようなのでピックアップされて欲しいな。
★24 - コメント(0) - 2016年9月29日

ドラゴンの住む山へと向かう一行。実はドラゴンがクラスメイトだった。ドラゴンを殺したということにしてドラゴンであるクラスメイトを回収する。しっかりと最後にミステリー要素が入っていてよかったです。
- コメント(0) - 2016年9月12日

そういえば高校の時に作品内でも言及された山月記を国語の授業で読んだことがある。あれは自意識過剰なエリートが虎に姿を変えてしまって、親友に自らの真実を語り尽して、アイデンティティを失ったという話である。そして、この作品に出てくる金色の眼光を放つドラゴンもまた、エリートではないけども、意識高い系…つまり自意識過剰という意味で山月記の白虎と共通点があるが、このドラゴンは他を見下すことなく、自分をポジティブに受け入れるという某QCの某歌姫のような楽観主義であるということに大きな違いがあり、そこが面白いところだ。
★1 - コメント(1) - 2016年8月19日

再読しても笑え(特に山本昌)、ラストではやはりしんみりする、実によい作品だと思います。ただひとつ残念なのは、カラーの集合写真(イラストだが)にハイファンタジーさんの姿がないことですね。なお、改めて表紙を見ると、ドラゴンの目にご褒美もらっての感涙あり、と理解できました。
★19 - コメント(0) - 2016年7月29日

笑えてしんみりできるドラゴン退治。シリーズが続く限りこの読み味は持続するという確信を持つには充分な面白さの2巻だった。コメディ調でありながら等身大の少年の成長を真正面から描いているからこそ長く続いてほしいシリーズ。
★3 - コメント(0) - 2016年7月3日

いろんなパロディがありますかそろそろ飽きてきたような…… コメディなので人を選ぶ作品ですね
★3 - コメント(0) - 2016年5月18日

困ったときの全裸オチw
★4 - コメント(0) - 2016年4月7日

ハイファンタジー宝田さんが地味に好き。ハイファンタジー警察である彼女は、ヒーローでもある。★★★★★
★6 - コメント(0) - 2016年4月1日

面白いんだが、グダる。すげぇ面白んインだがら、グダる。話に起伏が少ない。まぁ、こういうコメディ風の異世界モノだから仕方がないのかも知れないけど。
★1 - コメント(0) - 2016年3月18日

いくら同じ出版社だからって『闇金ウシジマくん』ネタなんて急に入れるなビビるだろ!そんな異世界ぶらり旅コメディラノベの第2弾。今回も洗練されたグダグダで抜群の面白さ。ラノベでのツッコミって会話の流れが一旦そこでストップしちゃうのが難点なんだけど本作はそれが全くないのが凄い。特に散々バカ話が続いてからの6章のあの展開にはブルッと来た。「あれが私の青春で――そして、あれが私の、たった一度の修学旅行でした」ドラゴンも宝田さんもクールに去るぜ。ああ面白かった。
★10 - コメント(0) - 2016年3月15日

面白かった!異世界に飛ばされた他のクラスメートを探す旅を始めた中、ドラゴンに会ってみたいという沢木の希望でドラゴンに会いに行くお話。「冒頭に戻る」パターンのプロローグで何があってこうなるのか、と気にしながら本編に入っていける展開。本編も岡本先生らしい進め方で面白かった!でもラストが一番好きでした。真実と決意。次のクラスメートはどこにいるのか楽しみです!
★6 - コメント(0) - 2016年3月13日

やっぱり作者好きだなー。読んでて「きたあああああ」と危うく叫びそうになる感じ。意表をつきすぎない程度に話を詰める感じ。しかしクラスメイト全員集まるのはいったいいつになるやら
★6 - コメント(0) - 2016年3月13日

面白かったです。
★2 - コメント(0) - 2016年3月12日

相変わらずのメタ展開。
★2 - コメント(0) - 2016年3月9日

なにかと話題になる全裸の存在感(笑)異世界でプリシラ姫と愉快な仲間達で巡る修学旅行、今回はドラゴン回の2巻。今回もゆるいコメディで楽しかったです。プリシラ姫好きだなぁ。意識高い系とドラゴンがまさかの融合でしたね。でも憎めない意識高い系だったのでよかったです。ハイファンタジー宝田はつよい、うん。鉄道君が彼女持ちだったのに驚きでしたが、バス好きってまたコアな……。浩介以外は本当に個性的な面々で、他にも今後どんなクラスメイトを回収するのか楽しみです。
★16 - コメント(0) - 2016年3月6日

クラスメートのキャラが濃すぎて毎回楽しめる。今回は意識高い系の一色がドラゴンとして登場とか面白い。ファンタジー宝田さんは色んな意味で気になるキャラだな。ちょくちょく中日の話を挟んでくるな〜って思ってたら遂に山本昌が(ビックリ)山本昌は生きる伝説だからしょうがないね、いつか和田さんの名前も出して欲しい。続きが楽しみ。
★17 - コメント(0) - 2016年3月6日

今回もすごい笑った。ハイファンタジー宝田の安定感パネェっす。だかりんもなにげに優秀。でもって今回の回収対象・一色のノリがすごい好き。ドラゴンに立ち向かうまでの流れと沢木の葛藤、そして色々ぶち壊してくる意識高い系ドラゴン、素晴らしい流れだと思います。話も普通に面白かったし小ネタの密度もいいなあ。次巻もすごく楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2016年3月4日

Kindleにて購入。 今回は、表紙の通りというか、ドラゴンの話です。 一応、移動中の話もあるけど、まぁ丸々一冊ドラゴンです。 村おこしすげーな。 ハイファンタジー宝田の出番があって嬉しい。今後も一巻に一回ぐらいは出てきそう。 で、あ~、こんな奴いるわ~。薄っぺらいやつね。 今後、残りのクラスメイト達にどんなキャラ付けがされていくのか。一巻に1人2人だと、割りと長いシリーズになるんだろうか。 次巻も楽しみ!
★13 - コメント(0) - 2016年2月29日

1_k
この先生の文章とか作風、やっぱ好きだなあ。技術は格段にうまくなっているが、やっぱり第一作から変わらないモノはあって、それが何とも好みに合う。あまり売れてはいないようなのが不可解。このシリーズは順当に売れて巻を重ねて欲しいと切に願う。
★13 - コメント(0) - 2016年2月28日

本当にタイトル通りに進んでるね。五章までは面白かったんだけど、やっぱり今回の一番見所は六章だな。まさかああいうシーンがあると思わなかった。あと文句というまでもないが綾ちゃんのイラストが全然足りないZE。あとがきになぜか既視感を感じるんだけど、気のせいだよね…?
★6 - コメント(0) - 2016年2月27日

前巻よりさらにメタ全開の今巻だが、それが気にならないぐらい面白かった。プリシラちゃんのボケ・ツッコミはこの作品の潤滑油と言っていい。ストーリーは、ドラゴン退治がいつの間にか村おこしの話に。ブームの時はいいが、ブームに乗りすぎて後戻りできなくなり、やがてブームが去ったらどうなるのか…は至って今日的な話題。竜騎士団の山本昌には笑った。
★7 - コメント(0) - 2016年2月25日

この軽さが癖になる面白さ。笑わせに来るネタが自分の世代に近いため必然的に笑ってしまう。このノリでゆる~く続いていって欲しいな。次巻も楽しみに待とう。
★25 - コメント(0) - 2016年2月24日

グレイシー単位でクスッときた以外はストーリーもギャグも普通だった。良くも悪くもコンデション次第だし、そもそもこういうノリこういうキャラがダメな人はダメだと思う。ちなみにエッチな口絵か!?で期待させといて、結局ノーエッチでした。
★4 - コメント(0) - 2016年2月24日

異世界と言ったらドラゴン退治ですよ! ドラゴン退治! といった様子の2巻でした。嘘は言ってないです。/スパイスの効いた台詞やテトラさんの告白と読み応えがあり面白かったです。/1巻とは違い丸々1冊を使ってクラスメイトを1人回収しました。このペースだと全員回収までに一体どのくらいかかるのか。もっと長期シリーズになってください。次の巻が楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2016年2月23日

闇の覇王(笑)を成敗した一行は商都へとたどり着く。そこで竜が住む山の話を知り、竜を観光資源にしている村へと向かう。そこで待ち受けていたものとは……。 木村、まさかの再登場wてか浩介たち木村に冷たすぎないですかね……。まあ全裸だし仕方ないね! そして今回も個性的なクラスメイトが登場。ポジティブというかなんというか……でも嫌いになれないwなんか最後新たな世界の扉開けちゃったけどw というか宝田さん可愛くないですかね……。 閑話休題。 僕、思うんだけれど。綾ちゃんはドSだと思うの。
★8 - コメント(0) - 2016年2月22日

とっても面白かった。プリシラ以外のキャラがあまり立っていないのが正直なところなのですが、そうした状況の中でうまく物語が進行しているので、全体的にゆるいながらもバランスがとれているのがいいですね。異世界の修学旅行というだけではシリーズ化は難しいだろうと思っていましたが、なんとなく大きな方向性が見えてきたので、次巻の展開次第ではラノベ三巻の壁を越えられそうですね。ドラゴンにからめて中日ネタであの人を取り上げるなど、細かいところで笑えるネタが多いのも見所でしょうか。続きが楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2016年2月22日

★★★★★面白かった。異世界召還モノなのに、私の世代直撃なパロディ満載なのが心地よいコメディ作品。まさか、この作品でうるっとさせられるとは思わなかった。キャラを立てつつも、等身大の高校生を丁寧に描いており、なおかつコメディとしてレベルが高いのは凄い。ハイファンタジー宝田が再登場したのも個人的にポイント高い。マイルドヤンキーな王女の発言も、このいい意味でぬるい珍道中にはスパイスになっていてグッド。これからの展開も楽しみだ。
★27 - コメント(0) - 2016年2月21日

かなり面白い。ドラゴンの棲む山にクラスメイトの目撃情報を得た一行がしかたなく山へ向かう話。プリシラの偏ったエンタメ知識や無色な主人公にキャラの濃いクラスメイトたちの面白さ健在。特にドラゴンを前にした剣客風キャラ属性てんこ盛り師匠の和泉の剣客とは思えない考え方に爆笑。ハイファンタジーは相変わらずでしたね。様々なネタで笑わせにきながらも物語として締めるところはきっちりしているのも面白さに繋がっていると思う。時を越える山本昌ネタが一番気に入った。このぬるっとした珍道中がどこまで続くのか。次巻も楽しみ。
★22 - コメント(0) - 2016年2月21日

面白すぎる。ドラゴン登場でバトル有りも、内実は「やらせ」で、基本変わらずゆるい仕様。ヤンキー体質の王女様とか属性盛りすぎの剣客女子とか、これまでなかなかなかったキャラたちの掛け合いがとにかく楽しく、けれど笑ってるだけでなく、時折ピリッと鋭いセリフやモノローグが入り込んできて、おおっと唸らせられる。パロネタがやや古いかなと思わせられるが(私は全然問題なし笑)、使い方自体は非常に洗練されている。文章はうまいし、絵もいいし、このノリで日蝕のその日まで、是非とも続けてほしい作品ですね。主人公の成長も楽しみです。
★15 - コメント(1) - 2016年2月20日

修学旅行といえば……で思いつくような要素を見事に料理して、笑えるところあり、しんみりとしたところあり、ハイファンタジー宝田の勇姿もありとスマートながらもぎゅっと魅力が詰まった一冊。普通なら空中分解しそうなほど詰め込んでいるものの、それをゆる~くライトに読ませるのは滅茶苦茶凄い。「安定感がある」と言えば凡庸に聞こえるが、ここまで高度な安定感は他に知らない。3巻が大変楽しみ。おすすめ。
★8 - コメント(0) - 2016年2月20日

異世界旅行コメディの2冊目。旅行先でドラゴンに出会っちゃう話。ファンタジーの大定番ドラゴンが観光資源と化したり、ハイファンタジー宝田の勇姿が見れたりと、今回も安定した面白さ。ドラゴンが出たからといって、一切ブレない辺りこの作品らしくてすごく好き。バカ騒ぎだけではなく、ちゃんと真面目で現実的なシーンが用意されているので、いい感じに楽しむことが出来ました。ファンタジーの世界で竜騎士団として山本昌の名を聞くことになるとは思わんかった笑 次巻はどんな旅になるのか。楽しみにまってます。
★43 - コメント(0) - 2016年2月19日

ドラゴンと山本昌を交えたちょっぴりしんみりとしたいい話
★4 - コメント(0) - 2016年2月19日

★★★☆☆ 異世界といえばドラゴン、というわけで修学旅行でドラゴンと相見える話。ドラゴンが登場したからといって熱血!とかドシリアスな展開になるわけでなく、まったりおちゃらけ風味で進行する安定感が心地よい。でも、それだけではなく時折ピリッとしたアクセントが入るので飽きさせない。剣客少女のポリシーが剣客らしからぬもので笑ってしまった。
★16 - コメント(0) - 2016年2月18日

異世界修学旅行 2巻の 評価:100 感想・レビュー:43
ログイン新規登録(無料)