勇者と勇者と勇者と勇者 2 (ガガガ文庫)

勇者と勇者と勇者と勇者 2巻の感想・レビュー(30)

fap
「ドラゴンは カリカリを 食べない」 不真面目な新人たちがいかに楽をして有名になるかを実践する。 そして失敗する。 それ以上やったらただのダメ人間だろう、というギリギリのところでオチがつく。 賑やかではあるがどうにも好みと合わない。
★1 - コメント(0) - 1月24日

久しぶりに2日連続読書。 まぁストーリーとかほとんどないのでさらっと、あっという間に読了。なんか読んでると結構面白くなってきた気がする。次も買うかも。 相変わらずストーリーとかは特にないけど、1冊読み終えるころには、この軽さに慣れてるのが不思議。エリたんは今後も出てきそう・・・・。
- コメント(0) - 2016年6月8日

まぁ面白いけど、次巻買うのやめます。他のラノベ読みたいから。
★2 - コメント(0) - 2016年4月16日

★★★★☆大勇者余りコメディ第2弾。相変わらず、ぬるっとした緩いギャグがもたらす絶妙な空気感が心地よかった。妙に俗っぽいドラゴンや、あざとすぎるアイドル勇者もいい味を出していたと思う。ただ、前巻に比べて、ややパワー不足感は否めないかな。
★2 - コメント(0) - 2016年4月5日

ところどころツボにはまるところがあるんだけど、一番面白かったのはあとがきだった。コメディ作家はあとがきにもひと笑い入れる心意気があってとても良い。
- コメント(0) - 2016年3月30日

微妙にいい感じの男女関係って珍しいので、新鮮な印象のラブコメが見れている気がする。
★1 - コメント(0) - 2016年3月29日

川岸先生の勇者シリーズ2巻目。この作者の書く主人公は程よくゲスな部分があって生々しいですね。まあ主人公以外もそれなりに一癖ある性格してるからなぁ。俗な部分も垣間見えるドラゴンが一番まともに見える不思議さ。それが組み合わさっての最後の物語のまとめ方も大概でいい意味で何だかなぁって感じで、まあいつも通り、ゆるっと読める川岸節かな(もちろん褒め言葉)。最後にあとがき。こっちもぶっ飛んでて何よりです。Ю。
★2 - コメント(0) - 2016年3月28日

2巻読了相変わらず、ヘンテコな展開で、ハッピーエンドになるという。伝説のなにかの使い道もわかるといいですね。水に溶けないなにかは強烈でした。エリたんも本当はいい子なんだと思いますよ。でも何かには勝てないね。ドラゴンとノリオとなにかと地下ダンジョンで頑張ってくだされー
★2 - コメント(0) - 2016年3月28日

ドラゴンはカリカリを食べない。隠された地下をあんなことに使うとは。
★2 - コメント(0) - 2016年3月28日

作家と作家と作家と作家かなとふと思った。しかし相変わらずぬるっと話が進展しますね 星三つ
- コメント(0) - 2016年3月26日

いつものゆるゆるした川岸ラノベなのだが、何だかパンチが弱い気がした。実は、メインヒロインはネネだったりするのか?なかなか味のあるドラゴン、再登場しないかな。
★2 - コメント(0) - 2016年3月23日

なんとかの伝説の剣って適当さが(笑)売れっ子勇者を目指すルディ達が、危機感を抱いて船をゲットしに出かけてみたり、アイドル勇者と対決したりな2巻。コメディ、コメディ、コメディです。相変わらずのユルさが楽しかったです。川岸さんの独特の感じなんですよね。竜の威厳があるような話し方と内容のギャップとか、ノリオと行く伝説の剣探しがツボでした。続きも読みたいです!
★6 - コメント(0) - 2016年3月20日

勇者余りコメディ2巻。早くもエリたんと出会い、ノリオの地下空間を見つけて終わる。やっぱり前2作より弱く感じる。
★4 - コメント(0) - 2016年3月20日

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/27:RVII

積読中のみんな最新5件(11)

06/23:[カで]
04/23:ペンギン
03/26:アオハル
03/20:王蠱

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

03/23:suicdio
03/07:RVII
03/05:Uncle Jam
02/22:東晃
勇者と勇者と勇者と勇者 2巻の 評価:87 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)