異世界修学旅行 3 (ガガガ文庫)

異世界修学旅行 3巻の感想・レビュー(64)

(4)
再読。豚骨ラーメン(゚д゚)ウマー
★1 - コメント(0) - 1月2日

面白かった。
- コメント(0) - 2016年12月25日

全裸へのダメだしww異世界修学旅行の次の行先は、神の声が聞けるという巫女がいる神託都市で、しかし今は巫女総選挙中でした。あれ?巫女候補者に知っている子がいるぞ?な3巻。豚骨スープの匂いは強烈だよね。新クラスメイトはマジシャンまほろでした。そしてちゃっかり巫女戦に参加する刀香さんww今回、城にいたクラスメイト達も全回収したので、ますます賑やかになりそうですね。宝田さんは、ファンタジーを存分に楽しんでましたが。新たなクエストクリアしちゃってたし。次回、全裸はどう出現するのか楽しみです。
★13 - コメント(0) - 2016年12月7日

次巻の全裸が気になって仕方が無いレベルの引き。
★1 - コメント(0) - 2016年11月20日

今回も面白かったです。また、新登場するクラスメイトも個性的でとても良かったです。そして、新たな敵(生徒会長)?も明かされ、次巻も楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2016年11月7日

vs麺神教。あまり個性が無い浩介が修学旅行らしく色んな人に触れて学んでいく感じが良いですね。プリシラとセットだと少しキャラが輝くと思うよ。巫女を決める選挙の内容はどこかで見た事あるようなものばかり、ここは昭和か。ラーメンがここまで大きな壁になるとは、現代要素が異世界を侵食しつつある気がしますね。ちょっと面倒臭い感じの天堂さん可愛いです。明かされた新たなクラスメート勢力がどのように話に絡むのか楽しみ。最後にオチを飾るのはやはり彼だったか、頑張って生きて欲しい。
★6 - コメント(0) - 2016年10月27日

ま、ま、まさかの蒸気機関……! それじゃあ普通の異世界転移ファンタジーになっちゃうじゃないですかーやだー! 今回は全裸男に顔を赤らめるマジシャンちゃんが可愛くて良かったです。もうこの子がメインヒロインでいいんじゃないかな。真面目な話をすると、蒸気機関車ならともかく蒸気機関を作るためなら鉄道くんじゃなくて家庭教師ちゃんをさらうべきだと思うんだけど、そうすると漆原や若王子が本格的なヒールになっちゃうから、という意図があると推測できるのでちょっとだけシリアスな空気にはなったけど笑える形で話が納まるといいですね。
★24 - コメント(0) - 2016年10月13日

剣客キャラとして私、軸がぶれてんだ。なんだかんだで面白キャラぶれ女子として愛されつつある和泉さんの水着姿が眩しい異世界トラベルコメディ第3弾。異世界ファンタジーと豚骨ラーメンの奇跡の融合と、朝活を推奨しながら敵を薙ぎ倒すドラゴンに絶妙なシュールさを感じました。最初はこんなにいてまとめきれんのかと思っていた登場人物もいい感じにキャラ立ちしており、将来に悩む若者達のテーマ性が含まれているのもグッド。続きが出るならぜひ読みたいと思わせてくれますね。
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

次の行き先に向かう一行。そこでは、クラスメイトでマジシャンの天堂が神託の巫女になろうとしていた。異世界から帰りたくないというクラスメイトに対して、主人公たちは対抗馬を立てることによって神託の巫女になるのをやめさせようとする。しかし、実際は帰りたがっていた。その裏でも誘拐事件も一応決着をつける。没個性な主人公が悩みながら、できることをやって進んでいくのは共感できる人も多いのではないでしょうか。
- コメント(0) - 2016年9月12日

神託の巫女を選ぶ選挙を巡る生徒会の謀略…なぜ天堂姉貴が利用されたか、そこから鉄道マニアの鉄の拉致、そして次巻では大海原を冒険するであろうということから、生徒会は乗り物を狙うのではないかと思うと、この後が少し楽しみかなと思った。 あと和泉ちゃんが神託の巫女の選挙に乱入してきた所が面白かった(小並感)
★2 - コメント(0) - 2016年8月25日

【ネタバレ】面白かった!次のクラスメートを探すため神の声を聞くために神託都市へと向かうプリシラ一行は、また新しいクラスメートたちに出会っていくお話。和泉が表紙の割に活躍場面は浮き出てなかったので残念ではあったけど、新キャラ天堂まほろちゃんは可愛かった!引き返せなくなるプライドの高い意地っ張りな女の子。新たな闇の組織?を名乗る生徒会の存在。次巻に引っ張る神託と新キャラの予感。いっつも続きが楽しみになります!今巻はあとがきが少なくてちょっと残念。
★8 - コメント(1) - 2016年8月19日

今巻もとても面白くて至福。新キャラがある種の中二病をこじらせていておもしろかったし、ファンタジー警察勇者ちゃんが元気にファンタジーを満喫していて満足。★★★★★
★8 - コメント(0) - 2016年8月19日

まさかのスパモン様がエントリーな正統派異世界グダグダラノベ第三弾。魔術とマジックの関係は『彼女がエスパーだったころ』を彷彿させるなど、今回もネタが深くてキレッキレなのに何でこうもバカになるのか。和泉に宝田さんなど負けても美味しいキャラが今回のツボ。何故かスチームパンクになりそうな予感を匂わせつつ旅行生一向は何処へたどり着くのか、まだまだ目が離せない。
★5 - コメント(0) - 2016年8月15日

異世界で修学旅行をする話の3巻でした。今回は神託の巫女を決める総選挙です。/相変わらず個性豊かな面子が愉快に騒ぎます。新キャラの天堂は割とアホっぽくて可愛く、漆原は闇のCEOより小物とかいうある意味ぶっ壊れている感じでしたね。ハイファンタジー宝田も順調に勇者としてクエストをこなしているみたいで何よりです。/神託の巫女になった彼女はその内再登場しそうな気がしますがどうでしょうね。幸せになって欲しいです。/4巻も楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2016年8月9日

安定の面白さ。ハイファンタジー宝田がやっぱりかわいい。今回ヒロインのまほろちゃんも良かった。ぶっちゃけたところ好きだw 表紙よく見たらゴブリンズがわちゃわちゃしててかわいい。それにしても有能だなあゴブリンズ。新キャラも出るしこれまでのキャラもしっかり出るし、ほんと楽しかったです。それにしてもあれだな……沢木以外はどいつもこいつも実に濃厚だな! キャラかぶりに危機感を覚える佐々なんとかさんに和んだ。
★12 - コメント(0) - 2016年8月9日

この異世界の昭和臭がすごい。プリシラと沢木のコンビ漫才で話がサクサク進み、飽きがこない設計。沢木と敵役の生徒の小物臭は、ある意味高校生の等身大とも言え、昨今の異世界に飛ばされた少年俺つえー…と対極のような感じで、却って安心する。次、ラスボス感たっぷりの紹介だが、また小物なのか、はたまたコレまでを覆す本当のラスボスなのか、乞うご期待。ちなみに、また山本昌登場で吹かされた。
★8 - コメント(0) - 2016年8月4日

くだらなさの安定感があってとてもよいです。続きそうで何より
★3 - コメント(0) - 2016年8月4日

面白くなってきた! というわけで待ちに待っていた3巻! いや安定して面白い。そしてまた個性的な新キャラ。最初の天堂まほろちゃんの雰囲気的にこれはシリアス強めな内容になるのかなと思っていたらそんなことはなかったぜ! ちょっとめんどくさい性格の女の子だったよね。トランプの絵柄でアピールしてたとか知らんがなwわかるわけないでしょwそして佐々木よりも扱いの酷い漆原。まああいつは仕方ないなwレムリアも個性的だったし……。面白い。とりあえず海の真ん中目指して旅は続く。次も楽しみだ。木村? まあ頑張って。
★8 - コメント(0) - 2016年8月2日

面白かった。今回はとにかくテンポの良さとギャグのキレが光ってた。途中途中クスリ以上の笑いがあって、飽きずに一気に読めた。ただ、そろそろ登場人物が増えすぎてきて、覚えきれなくなってきた。
★3 - コメント(0) - 2016年8月2日

相変わらず面白い。ほとんどギャグで構成されてるけど、たまに考えさられることを取り上げるから飽きない。徐々に扱うキャラが増えてきて主人公の薄さが心配になってきたけど、巻き返しを期待したい。そして、綾ちゃんのブレなさが癖になる。続きが楽しみです。
★27 - コメント(0) - 2016年8月1日

相変わらずどころか巻を重ねるごとに増していく感のあるテンポの良さとギャグのキレ。そしてギャグ要員とデレ0%の女子しかいなかった中、ラノベ的萌え感のあるヒロイン天堂さんがついに登場。話の都合でキャラが崩れたタイミングにやや唐突感もあったが、今後も出番に恵まれることを期待。
★7 - コメント(0) - 2016年8月1日

相変わらずの進行だがどこかあきてきた。メタ物が長続きしないのはやはりフィクションが偉大であるということなのか…
★1 - コメント(1) - 2016年7月31日

かつて日本には、箱の中身を当てられないと、穿いたままでスカートを切られてしまう伝説の低俗テレビ番組があったとか。ほとんど正解できず、その後の水着相撲でがんばったりとか、昭和に生まれていたら11PMでブレイクしそうな和泉さん、剣士かつグラビアアイドルってキャラが立つのでは?巫女になったとたん、ひゃっほーと一発決めたみたいなテンションのレムリアさんは、適当な機会に良いオトコを捕まえて引退しそうな気もしますが、今後のフォローもあるといいな。ところで、パレオ姿のまほろさんイラストがないとはどういうことでしょう?
★18 - コメント(0) - 2016年7月31日

ハイファンタジー宝田も豚骨ラーメンの魔力には勝てなかったよな第3巻。相変わらずのノリの軽さと敵の小物さが話を読みやすくしているな。妙にプライドだけ高くなりすぎた天童まほろがポンコツ可愛かった。最後に生徒会の存在が明かされたが、異世界修学旅行はどうなるのやら。そして沢木の影がより一層薄くなっているが大丈夫なのだろうかw
★21 - コメント(0) - 2016年7月30日

面白かった。いい意味でラノベ的な小物キャラばかり出てくるので頭を抱えてしまう展開でしたが、こういうばかばかしいことを真面目に考えるのが一番難しいので、その意味でよく描けているし、よく練られているなと思いました。思った以上にプリシラがしっかりしていて、物語の中心にいることで軸がぶれず安心感があるのもいいですね。最後に大きな伏線が張られたことで、これが物語の終わりにつながるのか、はたまた新たな展開につながっていくのかはわかりませんが、だいぶ話がこなれてきた印象なのでこのままの調子で進んでもらいたいですね。
★13 - コメント(0) - 2016年7月28日

★★★★★やはり面白い。今回はラーメンで信者を募り異世界の神になると宣う、プライドが肥大したクラスメイトと、昭和のバラエティのような企画で人気を競うという内容。前々から思っていたが、このクラスは濃すぎる。今回の新キャラである、元天才子供マジシャンの天童まほろも、肥大したプライドのせいで空回りする姿が何とも愛しい。小者キャラも加入し、さらに影が薄くなった沢木の明日はどっちだ。あと、豚骨ラーメンにホイホイ釣られちゃう、ハイファンタジー宝田も、年相応の可愛い面が見れて、大満足。その場面の挿絵も素晴らしい。
★25 - コメント(1) - 2016年7月28日

相変わらず秀逸な出来。笑いと風刺のバランスが絶妙で、異世界ものにありがちな冗長なバトルもなく、純粋に物語そのものを楽しむことができる。神託都市の巫女の選挙とか、昭和臭ぱないバラエティ風味をかもしつつも、高みにつくことの痛みとか、そういう部分への言及がある辺り、この作者らしいと感じました。お気に入りキャラの和泉が大活躍(?)だったのも個人的にはポイント高かったですね。口絵の見開きもごちそうさまです笑 全員で元の世界に帰るという明確な着地点が設定されている物語ですが、できるだけ長く続いてほしい作品ですね。
★15 - コメント(1) - 2016年7月26日

異世界を王女プリシラと共に修学旅行するシリーズ第3巻。豚骨ラーメンを信仰する邪教麺神教と神託都市の巫女の座を争いすったもんだする話。毎度毎度敵が小者ばっかりで笑う。相変わらずメタネタもキッレキレで本当に面白い。ハイファンタジー宝田さんは出番少ないのに毎回おいしいとこ持ってくし、キャラがぶれてた和泉も水着相撲で謎の活躍を見せてましたし、回を追うごとに主人公のキャラ付けが霞むってどうなの…。なんか敵っぽいの出てきたけどこの作品はコメディ全振りなので、どんな頭のおかしいキャラが新登場するか楽しみ。
★22 - コメント(0) - 2016年7月26日

今回は前巻と違って新キャラたちの掘り下げもほとんどなく、最初から最後までコメディとして楽しめる一冊。どうやら敵対するのであろうキャラクターの名前が出てきたり、きっちりとシリーズになってきたのでわざとあっさりとした取捨選択をしているように感じる。いや内容はこってり……というか豚骨ラーメンだけど(笑) しかし小物キャラが増えたのは本当に笑った。
★8 - コメント(0) - 2016年7月25日

異世界で修学旅行しながら仲間を集めちゃう物語の第3弾。訪れた神託都市で、豚骨ラーメンとの運命の出会いを果たす話。今回も個性豊かなクラスメイトが登場しましたね。手品少女は新しいけど、小物キャラがまたもや増えるとか予想外すぎるわ(笑)プリシラと沢木の容赦ない掛け合いにもますます磨きがかかってきており、どのページも読んでて楽しい。宝田もちゃんと出番があって一安心ですわ。ここに来てラスボス的なクラスメイトが登場した訳ですが、こいつもきっとアクの強いキャラなんだろうな。次巻も楽しみです。
★41 - コメント(0) - 2016年7月22日

神託都市で邪教の陰謀に立ち向かう今巻。―――邪教は豚骨ラーメンと共に。邪教、とかいいつつやっぱりそれはクラスメートの仕業だったり。そんな感じに邪教に立ち向かったり神託の巫女を決める選挙に関わったりする中、今巻ではさらっと大切なことが明かされる。もう一つの級友を集める生徒会長達はこの先どんな影響を及ぼすのか。そしてこの先、帰還を望まぬ級友が現れた時、彼らはどうするのか。徐々にクラスメートが揃いつつある中、沢木達はこの先どこへ向かうのか。まだまだ旅路はゆるゆる、だけど次の行く先は・・・。 次巻も楽しみである。
★18 - コメント(0) - 2016年7月21日

このクラス小者も多いな。神託都市に蔓延る邪教相手に沢木達が立ち上がる。何だかんだで沢木は潤滑油の役割はきちんと果たしてるよな。持ってる人にとっては何も持たない平凡なことも一つの憧れなのかもしれない。 あと沢木とプリシラの軽口の言い合いが好き。容赦ないけど的を射てるのが仲良いなと。 終盤は今までのクラスメイトが集合して敵対する集団に立ち向かう展開に。なんかクライマックスのボス戦みたいになってきたけどどうなるのか?
★15 - コメント(0) - 2016年7月20日

今読んでいるみんな最新5件(4)

11/16:アスベス
08/19:RedSnizer2
07/31:ツバサ
07/22:RVII

積読中のみんな最新5件(7)

03/25:FUMA566
02/28:カムル
10/05:miya635

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

12/30:forest_eight
12/02:suicdio
10/22:VAVA
10/10:鞍馬
異世界修学旅行 3巻の 評価:100 感想・レビュー:34
ログイン新規登録(無料)