弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.2の感想・レビュー(273)

生徒会長選挙。正面突破、正当法で突破してこようとする葵に対して得票数を奪うために色々と策を練ったにも関わらず負けてしまったのは残念だった…葵強し…そして2巻はみみみ回?いつも明るくげんきなみみみの過去や今の本当の気持ち。自分でも努力しているはずなのに届かない…完璧な友人…元気がなくなっていくみみみを見ているのは辛かった…
★3 - コメント(0) - 3月10日

面白かった。1巻の時より文章に軽快さが増してて読んでて楽しかった。少しレベルアップした友崎くんが生徒会選挙で打倒・日南に奮闘したり、いつも明るいみみみの苦悩が明かされたりと読み応えがあって良かったです。みみみ本当に優しくて良い子でちょっと泣きそうになった。友崎くんが無理に頑張らないでたまちゃんに頼ったのも良かったと思う。みみみを引き留めようと自分で行動したのには成長を感じた。菊池さんは今回も可憐だったけど、描写がファンタジーなのちょっと笑う。地味に中村にプレゼント渡すシーンが好きです。次は菊池さん表紙か。
★14 - コメント(0) - 3月7日

生徒会選挙を通じてのみみみ巻かと想いきや順調に菊池さんと仲良くなる友崎くん爆ぜて
★1 - コメント(0) - 3月2日

面白かった
- コメント(0) - 2月28日

菊池さんのヒロインっぷりが癒される。今回は友崎くん頑張るおでかけと、生徒会長選挙でみみみ立候補からの敵は日南な2巻。日南が敵にまわると、本当怖いなぁ。本人が努力してるのはわかるけれど、それを素直に凄いとだけ認めて自分と比較せず隣にいれるかって聞かれると難しいよなぁ。周りが勝手に比較もするだろうしね。日南はリアルにいたら、女子の親友は作れないと思う。完璧すぎるのも大変だなぁ。それでも隣にいようと頑張った結果、折れてしまったみみみは凄く良い子でしたね。ちゃんと立ち直れて良かった。あとは菊池さん可愛いので進展を
★21 - コメント(0) - 2月28日

面白かった妥当師匠な展開もみみみの葛藤と友情も良かったと思う作中でも触れられてたけどやっぱり「1位じゃなくてもいい」って言うセリフを1位のやつが言うのは気になった
★1 - コメント(0) - 2月27日

みみみ回なんだけど菊池さんが究極の癒し。図書室のシーンだけ描写が幻想的になってて笑う。
★4 - コメント(0) - 2月25日

[A]
- コメント(0) - 2月25日

【購入】
- コメント(0) - 2月23日

なにか大きな問題が起こった時、一人の力ではなく周りの人の力を借りて解決に取り組む姿勢が良かったな。一般的なハーレムラノベあたりなら主人公が主軸となって動いて、その結果ヒロインが恋に落ちるっていう展開が多いけど、このラノベはヒロインの親友が問題の解決に活躍し、主人公はその橋渡しの役割を果たしている。出てくる登場人物が魅力的だな。日南さんだけちょっと異次元な感じもするけどね。
★5 - コメント(0) - 2月23日

それなりに面白かったとは思うけどいくらなんでも日南の設定盛りすぎじゃないですかね。どっちもやったことないから全く想像がつかないけれど生徒会長やりながら部活って続けられるものなんですかね。勉強、部活、ゲーム+αのLvMAXでいつ寝てるの?
★2 - コメント(0) - 2月21日

とても面白かった。無理めのハードルのようでいて、その実確かに友崎が覚悟を決めれば乗り越えられそうな課題を日南から与えられ、試行錯誤の末に解決するという、とても王道なストーリー展開だし、本当にやな奴はあまり出てこないし、素晴らしい。あとみんな可愛い。ただみみみとたまちゃんの絡みはあざとすぎかな……。とにかく次巻も楽しみ
★3 - コメント(0) - 2月20日

人との接し方に重きを置いた2巻でした。能動的になって、最初は打算的だった行動が最後は友として、他人の為に動けるようになったのは美しい成果だった。既にぼっちだった頃の友崎はいないのだなぁ。そもそも彼は目標の為に努力出来る人間で、それを実生活に反映したらなんか良い感じになってるという、とても健康的な物語だよねこれ。にしても女性陣の魅力が凄い。みみみは高スペックなのに健気という卑怯なキャラ。好き。
★11 - コメント(0) - 2月20日

再読。菊池さんの幻想世界が心地良い。 中盤から後半あたりにかけてある日南と菊池さんのイラストがあるシーンが、とにかくめちゃカワイイ。再読でも可愛いのである。 そしてこの本、なぜか読み返すのを躊躇ってた。理由がわからなかったけど、読み返してみてやっとわかった。少し辛いお話だったのね。
★7 - コメント(0) - 2月14日

shu
生徒会長選挙での日南さんとみみみの一騎打ち。その後の陸上に打ち込む姿。日南さんからの課題はあれど、みみみの複雑な気持ちを知り、自ら動き助けようとする友崎くんはイイ奴です。出番が少ないけど菊池さんと一緒にいる場面は、その空気そのものが可愛い。
★6 - コメント(0) - 2月12日

弱キャラが挑む人生攻略論の第2弾。今回はみみみの生徒会選挙◆1巻でも思ったことなんだけど、オイラ日南みたいなキャラ嫌いなんだな。だからノッテ来ないんだ。でも、その日南と対立することになって大分盛り上がったかな。主人公の成長も窺えたし、みみみもいい奴だったしね。今後に期待が広がりました。あとは友崎がリア充化したらただの日常になるだろうからそれがどうなるか。
★10 - コメント(0) - 2月11日

みみみ回。自分の過去と向き合い、乗り越えていく。ポッピンQが好きな人にはオススメできる。菊池さんの場面になった途端に言葉がファンタジーになり語彙が豊かになるのが笑ってしまう。そして著者あとがきは相変わらずイラストへの「こだわり」しか語っていないw
★1 - コメント(0) - 2月11日

みみみ回。エルフちゃんは引き伸ばすね。
★23 - コメント(0) - 2月5日

うん、良かった。何で積んでたんだ……。生徒会選挙、そこからのみみみが抱える想い、それを見つめるたまちゃんの気持ちもすごく真っすぐでほっこりできました。生徒会選挙の演説は素直に面白かったですね。日南すごいなあ。あとは図書室での流れる時間のゆったりさが癒し……。次巻の表紙はその菊池さんということで、楽しみにしたいです。
★16 - コメント(0) - 1月30日

2番も充分凄いとはいえ、確かに一位取りたい気持ちも分かります。誰も悪くないけど葛藤が起きて、1人じゃ解決できなくて、守ってることで守られている相手に救われたり。表紙のみみみの動機も悩みも分かったけれど、日南葵の動機は謎のままですね。 生徒会長選挙で、どうにかしようと頑張る、腹の探り合いも面白かったです。 あと、あとがき。「公式が病気」タグつけたいというか、いもさえの冒頭の狂った作中作に至ってしまわないか、著者さんのポテンシャルが心配です。 ラノベのあとがきは、謝辞だけより、遊びがある方が楽しいですね。
★6 - コメント(0) - 1月30日

二巻にして既に脱弱キャラ感がある。他人の問題に踏み込める奴を弱キャラとは言えないでしょう。今回は明るく元気なみみみさんがメイン。誰も悪くなくても誰かが凹んだり悩んだりするし、その辺上手くやってかないといけないんだけどそう簡単にはいかないよね。キャラが本当にいい子ばかりですごく読みやすい。菊池さんの扱いが異界の妖精で笑う。あと中村くんがツンデレに見えて仕方ない……
★2 - コメント(0) - 1月23日

面白かった!生徒会選挙が始まり、パーフェクトヒロインこと日南はもちろん立候補。対抗はいないと思われる中、なんと立候補したのは同じ陸上部で友人でもあるみみみ。さて当然推薦人で文也を鍛えると思われたが…。まあ結果は現状ではどうしようもないとして、みみみ関連良かった。たまちゃんも良い役回りだったし。文也は策はともかく脇の甘さは読んでる途中でも感じたぞ。それでも意地見せたのはGJ。選挙の前のプレゼントの話も面白かった。そして図書室では菊池さんがどんどんファンタジーのヒロイン化してるぞw3巻のアプローチが楽しみ。
★38 - コメント(0) - 1月22日

生徒会選挙が終盤まで引っ張らず、サラッと決着がついたのでこの後どうするのかと思ったら。そのあとのみみみの日南へのこだわりとかの掘り下げが主人公が頑張ってるのともうまく絡められてとても良かった。 そして所々入る図書室のシーンが癒し。次巻はどうやらそちらがメインになりそうなので期待。   
★3 - コメント(0) - 1月21日

とても良かった!友崎くんが何気にすごい。少し失敗してもまたすぐ試すチャレンジ精神も素敵だし結構ポジティブだよね。みみみはバカな子と思っててごめん…。高スペックで驚いちゃった。彼女の抱える物には胸が詰まったし解決法なんて見えなかったけど、たまちゃんのストレートな言葉に感動した。あの状況で「一緒に帰ろう」と声かけた友崎くんもやっぱ凄いと思うんだ。日南も半端なく努力してるから、これで友達と拗れなくてよかった。誰も悪くないってのは辛かったもん。
★7 - コメント(0) - 1月20日

みみみちゃんに可能性を感じた。
★1 - コメント(0) - 1月18日

面白かった!生徒会選挙を通して日南の強キャラっぷりを痛感する第二巻。個人的には選挙の勝敗よりも、そのなかで語られていく「二番手」の物語に深く共感できるものがあり、前巻よりも読み応えを感じた。みみみの天真爛漫なキャラを崩すことなく、努力と挫折と嫉妬をドロドロしすぎることなく描ききっているのが素晴らしい。ラストの、誰にも気づかれない二番手の呪いから解放する瞬間にもとても感動した。良い青春小説だった。次巻も期待。
★18 - コメント(0) - 1月11日

レベルが上がっていくのは楽しいよね、ということで2巻。今回も面白かった。友崎くんのメインヒロインが誰なのかが見えてこないのが玉に瑕か。いや、フツーに考えたらラスボスがそうなんでしょうけど、ねえ? もっとあからさまな描写が欲しいというか、ああ、でもそれだと蛇足になるか……。
★7 - コメント(0) - 1月6日

今回もなんと言ってもキャラが魅力的。特に、初登場の水沢さん。かなーり好み。そして、キャラがただかわいいだけじゃないからまた魅力が倍増していくんだなー。あとがきが何というかあれだけど、この作者さん好き。大好き。弱キャラとかいいながら、友崎くんなにげにめちゃくちゃなじめてて普通に強キャラだと思う。ほんとの弱キャラはこんな心強い師匠いない。し、しゃべってたらたぶんなんかにらまれそう…。
★4 - コメント(0) - 1月4日

努力するしないの中盤のボスキャラの言葉が浮いていたので終盤かかってくるだろうなと思ったらそういう方向性かなるほど、という読みをしてしまったがリーダビリティが凄い。あとボスも凄い。
★3 - コメント(0) - 1月4日

初期パラメータの低い人が人生というゲームを楽しむには努力を惜しんではいけない。努力を惜しんでいるならば、このゲームに対して文句を言うのはお門違いである。日向葵が身の回りにいたならば、僕も邪魔だと思ってしまう。それがただの妬みだと知りながらも
★2 - コメント(0) - 1月3日

脱オタハウツー本そのに。日南とみみみの生徒会長選挙。「みみみという強キャラを操作し、ブレーンとして戦う」という構図は、確かにゲーマーらしいところではあるかも。正攻法では絶対に勝てない日南から投票数を奪うための策も十分機能していたように思います。能天気に振る舞っているみみみにもそれなりの苦労があって、真剣に向き合っている姿はポイントが高い。今のところ、菊池さんとみみみの二強だな!
★5 - コメント(0) - 2016年12月24日

なんだかんだで主人公の周囲がいい人多くて 救われてるよなあ。これも日南さんのおかげなのだろうか。主人公を応援したくなり、読み手側が救われた気分にもなる作品です。
★3 - コメント(0) - 2016年12月22日

0o0
前巻ほどではない。非リアだが格ゲー日本一の主人公が、学園内でトップクラスのリア充女子にビシバシ鍛えられ、リアルというゲームを攻略すべく奮闘する一巻。その内容は、リア充になるHow to的な小ネタも散りばめつつ、ストーリーもラストに向け駆け上がる感じでとてもよかった。が、二巻は、どちらかというとサブヒロイン巻。メッセージ的には、努力では超えられない壁ってあるよね的な現実。でも、そこに折り合いつけつつ、自分だけの立ち位置、居場所、みつけてこーぜ的な感じ。筋としてはアリだけど、湿度高めすぎたかな。。。
★3 - コメント(0) - 2016年12月20日

主人公が自分から行動しているパートはよかったけど、ヒロインに言われて行動しているパートはちょっといまいち。もうちょっとヒロイン勢を魅力的に描いて、主人公とラブコメ展開になってくれると嬉しい。
★1 - コメント(0) - 2016年12月9日

色々とんがっていた一巻より落ち着いた内容になってますが師匠キャラを倒そうと友崎君が頑張り出す後半は楽しめました。勝てない相手に、それでも戦い続けるのは凄い事だなと思ったり。それはそうと話の脇でやっていましたが菊池さんが天使すぎるので友崎君は彼女と付き合えばいいなと思ったりも。
★22 - コメント(0) - 2016年11月27日

パッと見キャッチーな感じでも内容はしっかりとしていて好感が持てる。心理描写も丁寧。今回はみみみがメイン。今後はこんな風にサブキャラを順次掘り下げて行くのか。元気な愛されキャラが内心に大きな悩みを抱えている、ってのはありきたりだが掘り下げや他のキャラとの関係性がきちんとしているから共感できる。日南が早くもボスキャラ化する展開に笑った。ここにきて友崎と日南の「一番」に対する意識の違いが浮き出てきた。日南がなぜこんなにも努力をするのか、明かされる日が楽しみ。次回はそろそろ菊池さん回が来てほしい。
★4 - コメント(0) - 2016年11月18日

なんだこれ普通に面白いじゃねぇか、感動しました。挿絵のクオリティがもっとあがれば神。あと図書館の妖精との場面になると地の文がすごく変化するの面白い。(細かいところは気にしたら負け。)
★11 - コメント(0) - 2016年11月16日

高みを目指す彼女、彼女を目指す彼女。元気なおバカさん、みみみ編。最大のライバルとして立ち上がる日南との距離感に悩むみみみに言葉を差し伸べるたまちゃん。友崎くんの存在が問われる辺りは弱キャラ所以。次回は妖精こと菊池さん回でしょうか。楽しみですね。
★7 - コメント(0) - 2016年11月15日

すごく面白かった。みみみが可愛い。空気読んで明るく振る舞う子がすごく好き。次巻が楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年11月9日

半ばまでハウツー本
★2 - コメント(0) - 2016年11月5日

弱キャラ友崎くん Lv.2の 評価:68 感想・レビュー:101
ログイン新規登録(無料)