キモイマン (ガガガ文庫)

キモイマンの感想・レビュー(26)

いじめられっこミーツ幼女。ねだられて変身しちゃうのもどうかと思うけど、これはこれで考えるものがある。ガガガ文庫らしい敗北人生からちょっとだけリベンジする感じ。ちょろちょろ特撮ネタだしてくるのもずるかったです。
- コメント(0) - 2月25日

いろいろと生々しいなぁ・・・
★2 - コメント(0) - 2月13日

良くも悪くもキモ男で,キモイマンだった.いい話なのかこれ(困惑.どうせならもっと終盤に聖を使っても良かったのではないかと......
★5 - コメント(0) - 2月13日

これは凄い! ラノベ的なハッピーエンドを求める人には向かないかもしれないが、絵空事にはならない程度の現実的なわずかばかりの救いがクズみたいな人生を歩んでいる人間にもきちんとやってくる瞬間を描く。ここ数年読んだラノベでは文句なく最高傑作! このレビュー、作品を思い返しながら泣きながら書いてます。
★1 - コメント(0) - 2月9日

読後感最悪でした。主人公が自身を助けてくれた人を見捨てるのも、ヒロインーーではないか、小宮さんが最後主人公ではなく、鈴木を庇うのも理解できるし、分かる。でもね、胸糞だよ。リアリティーは欲しくてもリアルはいらないんだよ。というか普通に寝取りぽくて嫌だ。純粋に読んでて気持ち悪くなった。本当に。最初はすげー面白かったのに、どうしてこうなった。今まで読んできた中で初めてです、こういう感情は。僕は王道でもテンプレでもいいから小宮さんとくっ付いて欲しかったし、そうするべきだったはず。
- コメント(0) - 2月8日

いじめられっこが等身大のヒーローに変身するがそこでもキモイマンと名付けられるお話主人公基本裸にされるいじめが多いキモイマンとして悪と戦うんですな等身大なのでカタルシスをあまり得られなく 世の中の不条理を思い知らされます最後に小さな救済があってよなった聖ちゃんはかわいいですよみやすい…★✕3.5
★4 - コメント(0) - 2月1日

いじめられっ子がヒーローになるってんで、ラノベ版KICK ASS的なものを期待して読んだのだが、かの作品の嫌にリアルな部分だけを抽出して日本に置き換えてスケールダウンしたような物語だった。陰湿なイジメや、主人公の復讐心が妙に生々しくて読んでて辛かったです。最後は前向きに締まったけど、こういう話ならヒーロー活動を通して主人公がちゃんと救われてくれないと空しい。そして最後は坂下さんじゃなく、聖と希望を見出すべきだったのでは?聖が途中退場になってしまったのは本当に勿体無いと思う。
★8 - コメント(0) - 1月31日

★★☆☆☆ そんなもんだよ。世の中ままらなくできてるのさ。それでもつつがなく回ってくのもまた世の中で、そんな世の中に生きる誰しもが腹にいちもつ抱えて、そのいちもつをさらけ出さないようにうまーく世渡りしてる連中がこの世には大勢いるってのもまた事実。――なんてな思いを抱かされて作品を読み終えた。そもそも前作『初恋芸人』(女の武器(ずるさ)を遺憾なく駆使するヒロイン)に触れてこの『キモイマン』の購入を決意したくらいだし、中沢健にラブコメ、ひいてはハッピーエンドを求めてない自分からしてこのメリーバッドは概ね満足。
★8 - コメント(1) - 1月30日

現実で起こってもおかしくないギリギリのラインを攻めてくるのはガガガらしい。リアルでヒーローするならこんな感じになるのかもと思わせられる。とりあえずみんなクズ。主人公もかなりのクズだった。途中からヒーロー活動が、自己承認欲求を満たすことを目的になってるのがなんとも。いじめられっ子が初めて味わう勝利は、自分も相手も惨めっていうのも生々しかったな。そこからの救済はまあよかった。
★5 - コメント(0) - 1月27日

今後どうなっていくのか気になる。 最後に聖が出て欲しかったかも。
★1 - コメント(0) - 1月27日

何ともガガガ文庫らしい作品。いじめられっ子がある少女との出会いをきっかけに、一歩だけ前に踏み出す物語。いじめをテーマにした作品はラノベでも結構あるが、いじめられっ子の反撃によるカタルシスがメインになることが多く、そういう意味ではやや物足りなさもあるし、タイトルどおりかなり主人公がキモイ。それでもたった一人でもいいので、誰かが見ていてくれるのならば、人は前を向いて歩いていくことができる。色々ひん曲がっているが、素晴らしい人生賛歌だった。ただ、この作者、美人にかなり屈折したコンプレックスを持っているのかな?
★2 - コメント(0) - 1月22日

かなり胸糞悪い話だった。ウジウジしてる主人公にもイライラさせられっぱなしだった。でも面白かった。これはガガガじゃないと出せんね。 主人公、最後救われてるけど、個人的にそこはいらんと思った。 もうあそこまで行ったらとことんどん底までぶち落として欲しかったw
★2 - コメント(0) - 1月22日

(4)
フィクション的な甘みのない青春作品。結末には前向きさもあり気に入りました。
★1 - コメント(0) - 1月21日

異世界モノが流行る昨今で、こんなエグいタイトルと内容で本を出したことにまず感服。すごい。内容だけど、どこまでもエグい現実。登場人物ほぼみんなクズ。主人公もまあまあクズ。でもすごいワクワクさせられたし、読後感もすごくいい。普通のヒーロー物とは違うけど、こんなヒーローもあっていいよね?って思わせる内容でした。すごく面白かったです!
★2 - コメント(0) - 1月20日

★★★☆☆ キモ男と呼ばれ、虐められている少年が正義の味方に仕立て上げられる青春リアルヒーローストーリー。これはなかなか胃に来る。いじめられっこが変身して一発逆転な痛快展開ではないし、爽快感もないし、コメディでもない。等身大?のいじめられっこが正義感の強い無謀な小学生に付き合わされ、等身なままヒーローを演じさせられる姿を愚直に描いている。そこには自分勝手な思いもあるし、挫折もある。それでも、過激な経験を通して小さな成長を遂げた彼の姿に安堵と共に予想されるこれからの苦難に負けないでというエールを贈りたい。
★8 - コメント(0) - 1月19日

今読んでいるみんな最新5件(3)

02/01:カナリヤ

積読中のみんな最新5件(12)

02/18:[カで]

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

02/18:ゴツタン
02/01:おるにと
キモイマンの 評価:100 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)