弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.3の感想・レビュー(203)

作者のポジションがリア充グループのどのキャラクターにあたるのか、それともLv.1の友崎くん波なみの非リア充なのかが興味がある。
★6 - コメント(0) - 3月18日

わかったきっと日南は美少女JKに転生した前世はゲーマーだった無職のおっさんだな。ほんとうに菊池さんが天使過ぎて今日も生きるのが楽しい。日南には本当にやりたいことは無いのだろう
★4 - コメント(0) - 3月17日

たしか、面白かったはず。
- コメント(0) - 3月17日

面白かった。友崎が慣れない人間関係に胃を痛くしながらも楽しそうで良かったです。菊池さんは本当に天使だなあ。日南はいろいろと重たそうな過去があるのかな……?次巻も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 3月11日

すごく面白かった。リア充達とBBQに行ったり、菊池さんと映画や花火大会に行ったりと夏休みも奮闘する友崎くん。前半のリア充合宿が特に面白かった。3回いじるという課題を通して中村との気まずい雰囲気が少し解れたり、くだらない話題(笑)で盛り上がったりと友崎くんが楽しそうで良かった。水沢は今後何かやらないか少し不安…。後半は日南との関係がどうなってしまうのかドキドキでした。苦悩しながら自分の答えを見つけて日南に告げた友崎くん格好良かったです。菊池さんが大天使すぎる…友崎くんと結ばれて欲しい。あとがき笑った。
★10 - コメント(0) - 3月8日

キャラの雰囲気とかは好きだけどなんていうかつまらなくはないと思うけれども・・・面倒くさいというかわけがわからないというか、これも本物がどうたらこうたらとか言い出しちゃうの?
★2 - コメント(0) - 3月5日

面白い!!!今までも面白かったが、この巻はサブキャラとの絡みが増えたりキャラの本音が見えてきたりして別格の面白さ。とりわけ花火大会からラストまでの流れは青春ものらしい良さとこの作品ならではの良さがうまく調和してる感じで最高。ラストを筆頭に挿絵の使い方もいい感じだった。次以降も楽しみすぎる!
★2 - コメント(0) - 3月4日

面白かった
- コメント(0) - 3月4日

雨降って地なんとやら……?? 菊池ちゃんいい子すぎるんだけど正ヒロインが強い
★1 - コメント(0) - 3月2日

次回から本番てことですか。日南がメンヘラぽくて心配。[A]
- コメント(0) - 2月26日

映画館デートしたり、クラスメイトとキャンプしたり、女子と花火大会行ったりと、驚異のリア充イベントゴリ押し巻。こわい。これまでの「人生をゲームに見立てて攻略する」というスタンスに一石を投じる最初の山場だった。実はこの巻で一番印象が変わったのが日南。近しい存在のはずの水沢を軽くあしらい、友崎の反抗には冷徹に対応する。それまでの超人的で感情移入しにくい立ち位置から、更に一線を越えて見えそうな対応であるにも拘らず、なんでかここで初めて彼女の人間味を感じた。いずれ語られるであろう彼女の過去に興味津々です。
★8 - コメント(0) - 2月21日

シリーズ3巻。今回は舞台が夏ということもあり、色々と外でのイベントがメイン。リア充の道ってなかなか険しいんだなぁなんて思いながら。今回は友崎君が大きな一歩を踏み出した感じになっていて一区切りついた雰囲気。次からの展開も楽しみ。
★14 - コメント(0) - 2月16日

デート演習、初っ端からドキドキ徐々に盛り上がっていく。 攻めてくる日南。これは友崎をライバルと認めはじめたということ? 菊池さんとの関係進展とのこともあるから、真意はよくわからないけど、女子から攻められる展開は好物です。 途中の口付け未遂の件はなんだかよくわからず消化不良気味。 合宿を終える辺りから不安な未来がひろがりはじめる。 このまま行くと日南にとって哀しい未来しか待ってないはずなのに。 ただ、今のままで日南に立ち向かっても到底攻略出来なさそうなことくらいは想像がつく。
★17 - コメント(1) - 2月16日

新しいステージへ進んだ?友崎くんがどんどんリア充に近づいていく。でも、私もどうせならスキルだけで完璧になるんじゃなくて、その立場を使えないとちっとも楽しくないと思う。がんばれーって感じだな。
★9 - コメント(0) - 2月15日

物語を彩るのは主人公の葛藤
★2 - コメント(0) - 2月14日

面白かった.終盤思ってもない展開になったけど,友崎くんにはこのまま頑張って欲しい.そして,菊池さんはやっぱり天使だった.
★9 - コメント(0) - 2月13日

読んだ。めっちゃ面白かった。リア充との合宿がイベント満載で読んでて楽しかった。終盤の師匠との決別もその後の展開も良かった。次巻がすごく楽しみ。
★6 - コメント(0) - 2月13日

友崎はやはり誠実なのだなあ。日南について水沢が気づいた点(日南の仮面)について友崎も同じことをちゃんと感じ取っていたのだから友崎は水沢並みの洞察力がついているんではないか/強キャラたちの仮面が剥がれ「腹を割って話そう」という展開が進んでいるが、いまだに腹の底が見えない日南。日南はなぜそこまで一位に拘るのか。まだ仮面が剥がれない。菊池さんは是非幸せになってほしい。菊池さんとの場面はこの作品で唯一こころが穏やかになる/水着、花火浴衣デート、そんな青春を送りたいだけの人生だった。
★7 - コメント(0) - 2月11日

リア充はちんこの大きさも話のネタにできるんですね。
★22 - コメント(0) - 2月11日

主人公の成長が見れた巻。面白かったんだけど、次の巻の方が面白くなりそう。
★8 - コメント(0) - 2月11日

roa
表紙を飾ってるはずの菊池さんの出番は実は意外と少ないけど完全に天使でした。明らかにメインヒロインでしょこれ…。ということで菊池さん回と見せかけて何気に出番が多かった水沢回のような印象もある第三巻。中村よりも重要キャラっぽい。今後も出番増えそうだなこいつ。内容的には友崎が『人生』以外の土俵で日南に立ち向かうにはアタファミしかねえ!と開き直ってある意味対等な関係が築けた割と重要なお話だったかなと思います。正直、菊池さんとのエピソードもっと読みたいので友崎はもっと菊池さんと仲良くなるべきだと思いましたまる
★9 - コメント(0) - 2月8日

淡々とポスト俺ガイルの道を歩んでいく友崎くん。
★2 - コメント(0) - 2月5日

盛り上がってきた。今回は友崎の成長も内容も「Lv.3」どころじゃない。日南の操作キャラと化している現状から一歩進んで今後が楽しみだ。一巻からメインキャラ固定で話を進めていくのも好感が持てる。どこか無機質だった水沢もだいぶ人間味が出ていた。ここで日南と対比する演出は上手。友崎と日南がいずれ「対等」になったらどうなるのか。バイト先の新キャラは話に絡むのか? 今気付いたが日南と菊池さん、二人の性質はまるで正反対なんだな。これはもう実質Wヒロイン。どちらとくっついても不思議じゃない。みみみは……分からん。
★9 - コメント(1) - 2月3日

菊地さんに課題で告白しないでくれて本当に良かった。
★7 - コメント(0) - 1月31日

面白かった!!!!!会心の出来!!!!!序盤のデートやバイト面接関連などでの水沢との絡み、中盤の中村と優鈴をくっつけようぜ合宿だけでも充分面白かったのに、終盤の展開が神懸かってた!日南の指導のもと、努力をしてスキルを磨き、成長を実感していた友也。ところがある人物の行動からある疑念を抱いた友也は、菊池さんへの告白を課題としていた花火大会のデートで…。ここからの展開が凄かった!そして菊池さんとの喫茶店でのやり取りが最高潮。ラノベで鳥肌が立ったのはあのアルデラ7巻以来だよ!これは素晴らしいシリーズになりそうだ!
★39 - コメント(1) - 1月29日

sew
菊池さん可愛すぎかよ! / 一方的なだけの関係ではなく、一歩対等に近づいたのはよいと思います!/ みみみの活躍が無かったのは残念だけどしゃーなし。花火ちゃんが全く出番無かったのはもったいない。/ 最終的にはみみみを振って日南も選ばずに菊池さんの元へ戻る最後がみたい。十巻くらいで。
★13 - コメント(2) - 1月29日

人生という人生ゲームをプレイし、力戦奮闘しながら成長していく友崎くんはとてもよく、心に響きました。また、水沢の『頭がよくて頭がいい』、『バカでバカ』、『頭がいいけどバカ』という言葉が印象に残りました。次回も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 1月29日

「本当にやりたいこと」。リア充を目指すオタクの成長物語もついに3巻ですね。試行錯誤し、イベントを重ね、辿り着いた花火大会。一つの答えを得た弱キャラ友崎はパーフェクトヒロイン日南葵に反旗を翻す……。この気持ちの通ったリアルな空気感がたまりません。続巻の一報もうれしい限りです。
★13 - コメント(0) - 1月29日

今回も凄く良かった!守破離の破かな。1巻で人生は面白い、と言っていた日南とはまたイメージが変わってきたような。でももし人生というゲームで日南が本気で対戦できる相手を欲してるとしたら、本気にならない水沢じゃ話にならないよね…。 友崎くんの成長が目覚ましいけど、課題への待ったや聞き耳を白状したり、菊地さんにすべて打ち明けたりと彼らしい良さがそのままでいいね。改めて成長する喜びが書かれていたのも良かった。次はどんな手を見せてくれるのか楽しみ!
★13 - コメント(0) - 1月28日

表紙の菊池さんは天使である。いやマジ天使だわ。思わず読んでいて拳を振り下ろしてしまったわ。物語は夏休みに突入する。イベント沢山に師匠からの課題を突きつけられるも上手くこなしてLV3っぽくなっているのだが。本当葵さんの有能な駒に成り下がっているようで違和感があった前半。しかし違和感を感じさせてくれる菊池さんの存在は大きかった。そして最後のスパート。いや本当、最終巻でもいいよ、って感じでまとまっていた。しかし葵さんは何者なのだろう、内情が話されると強キャラが崩れるので正体を明かすのは最終巻か外伝なのかな。
★8 - コメント(0) - 1月28日

夏休み回。今回も面白かった!ラストの友崎が迎えたヒヤヒヤする展開も読み応えがよかったのだけど、個人的には合宿回での「いじる・いじらない」に関するパワーゲームへの友崎の所感にハッとしてすごく頷いていた。それはさておき今回のMVPは菊池さんだったなぁ。天使すぎる。ラブコメ方向では彼女をメインヒロインにしてくれてもいいなとか思ったり
★21 - コメント(0) - 1月27日

最終巻のような展開だった……。でもまだ続くようでよかった。 今回は友崎が改めて「人生」というゲームでの成長について考える話だったのかなと。 本当にしたいことなんて存在するわけがないと言う日南の考え方もわかるけど、個人的には友崎くんの考え方を信じたいかなと。なのでこれからの展開に期待したいところ。 閑話休題。 ところで今回は個人的にあるある感があった。あの後半の弱キャラ的な友崎くんの考え方、すごくよくわかる。ただ友崎くんはなんか乗り越えちゃったみたいだけど。
★10 - コメント(0) - 1月27日

これ結果的に前巻の落ち込みが功を奏したのかも。 前半は相変わらずうーんって感じが続くんだけど、菊池さんがその展開に楔を打ち込んでくれた感じ。というか登場人物の中で一番達観してて大人なのが菊池さんってオチで(笑) いよいよ反旗?を翻す展開になるのかな、そう有って欲しいところなんだけども。でもあのキャンプ上の深夜の会話あれすら演技じゃないかと、化けの皮を主人公がどう剥がすのか今後も期待です。案外これ数巻で決着付きそうな雰囲気、ガガガらしくメリハリがきいた感じでよろしく。
★8 - コメント(0) - 1月27日

菊池さんが女神すぎて生きるのがつらい。 友崎君は10年後に菊池さんにした事を思い返して七転八倒してほしい。彼のLvが上がれば上がるほど、彼女がどのくらい女神なのかがわかっていくはず。 今後は合理主義な葵へのカウンターとしてふんわりと立ち回っていってくれると嬉しいな。方法論としてのマナーも、感情論としてのモラルも、どちらも大事な事だと思います。 しかし葵の鎧は堅い。堅いからこそ脱げない。彼女の中でもいろんな何かが渦巻いているのだと思う。夜のトイレでは少しだけ鎧の隙間が見えたね。友崎、がんばれ。
★8 - コメント(0) - 1月26日

最初、ホントにゲームのように進む菊地さん攻略が人のこと弄ぶようでマジで吐き気がして、こんな読めなくなるとはおもわなかった。生理的に受け付けないってあるのね。それはひとまずおいといて、キャンプ何あれ?!日南はどこまで本気だったんだろうか。こういう問いかけだったらキャラ的に『どこまでも』って来そうだけど。唐突なターンでビックリ。怖がりで腰抜けたのは笑った。今後の関係が気になるなぁ。ぶっちゃけ自分の相手をカースト上位にして付き合う感じが半端ないけど。ぶっちゃけそれでもみみみを応援したい(笑)あのデレ最高!
★21 - コメント(0) - 1月25日

巻を重ねるごとに『人生』というゲームでスキルアップを図っていく友崎ですが、今巻もリア充グループとお泊まり会や菊地さんとデートなど実にリア充っぽいことをしてましたね。加えて最後の展開でこの作品の一区切りを与えたと言ったところでしょうか。あとフライさん、最後の友崎のイラストカッコよすぎでは?正直このイラストを見て、彼は男としても成長しているのかなと思っていました。昨年のこのラノでは見事新作3位に輝きましたが、まだまだ話の展開も広がりそうで、面白くなりそうな当作品に今年もしっかり注目していきたいですね!
★9 - コメント(0) - 1月25日

菊池さん回の3巻です。デートにバイト、合宿とイベントが盛り沢山でした。/日南さんの言う通り、人生の攻略として様々なことにチャレンジしていた友崎くんが疑問を覚える話です。1巻からあった中村と泉の話をすすめつつ、水沢の考えを掘り下げる流れは上手いです。その中で友崎が違和感を覚え日南に対してある意味挑戦を叩きつけるという展開も2巻を踏襲していて良かったです。アタファミ以外でも友崎くんが友崎くんとして盤面に立つという方向性が定まりましたね。菊池さん回なのに恋愛面で不遇でしたね。頑張ってほしいです。/次巻も楽しみ。
★9 - コメント(0) - 1月24日

三巻にしてすでに物語全体の方向性が確かなものになったような。一巻からずっと気にかかってた点に切り込んでくれたので満足。純に相手を想ったり、自分の在り方に悩んだりする様が本当に眩しい。菊池さんがすごく良いから付き合うことがなさそうなのが残念でならないけど、お友達として仲良くできる相手ってのも大切だよね。水沢も一歩踏み込んで良いキャラになりそうだ。竹井くんは最後までこんな感じなんだろうな……彼はこのままでいてほしいな
★10 - コメント(0) - 1月24日

★★★★★一皮剥けた感じ。1巻は脱オタハウツー物の色調が強かったのが、2巻でラブコメらしさと独自性を主張しはじめ、この3巻で「自分にとって本当に大切な価値を探す」という青春物の王道を行く展開となりました。単に可愛くて面白いラブコメから脱皮して、面白くて心に届くラノベになった気がします。作品が成長しても芯がぶれていないのも高評価です。つまり「友崎くんがゲーマーである」ということです。日南の指示と課題をこなして人生をリア充として生きるためにひたすら努力する生き方に疑問を感じ、(続く)
★14 - コメント(1) - 1月24日

もうどこが弱キャラなんだと言いたくなるくらい友崎がリア充してました。菊池さんの件は、友崎が本当に菊池さんのこと好きなんだろうか?という思いがあったので、こういう展開になったのはいいと思います。しかし菊池さんと友崎は、課題の件を抜きにしてもお似合いの関係になれそうなので、これからの進展があるといいですね。人生の攻略法とはいえ人とのつながりを課題から考えることに疑問を覚えた友崎は、少し迷いを抱くことに。割と素直に日南の指導を受けてきた友崎だけに、こういう形で対立するのは予想外で面白かったです。
★32 - コメント(0) - 1月24日

弱キャラ友崎くん Lv.3の 評価:60 感想・レビュー:81
ログイン新規登録(無料)