ちょっとネコぼけ

ちょっとネコぼけ
96ページ
283登録

ちょっとネコぼけはこんな本です

ちょっとネコぼけの感想・レビュー(222)

岩合さんの写す猫ちゃん、本当に最高! 可愛くって、癒される~。
★9 - コメント(0) - 3月5日

猫も可愛いねー
★15 - コメント(0) - 2016年10月20日

ずっと猫を追い続けてきた岩井さんだからでしょうか。にゃんこたちとの距離が近くて、信頼されているのがよくわかります。躍動感あって、自由で気ままで、幸せそうで、時には凛々しくて、いろんな表情の猫たちがとにかく可愛いです。表紙の鼻ちょうちんの子、たまらないです。
★36 - コメント(0) - 2016年10月11日

ただかわいいだけでない猫の表情や動き、その絶妙な一瞬がうまく切り取られている。表紙の鼻風船の猫に懐かしい家のネコを思い出した。岩合さんの言う通り、ネコにとっての幸せとはヒトにとっての幸せに繋がるような気がする。
★3 - コメント(0) - 2016年7月24日

かわいい猫でいっぱいと思いきや、時々ハッとするようなカッコいい写真も交じっていて、さすがです。岩合さんの文章もとても優しい。癒されたくて借りたけどバッチリでした(笑)
★1 - コメント(0) - 2016年6月27日

mai
安定の岩合さんでした(o^-^o)かわいくて何回も読み直してしまいます。
★50 - コメント(0) - 2016年6月13日

世界の可愛いネコ達に癒されました(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)
★3 - コメント(0) - 2016年6月12日

岩合さんの写真、どの作品見ても飽きません。テレビでも言ってたけど岩合さんにかかるとにゃんこたちが皆警戒心を解くので不思議です。子猫も親ネコも可愛かったです。
★58 - コメント(0) - 2016年5月29日

癒されるな~。表紙の花ちょうちんのネコ。なんて幸せそうなんだ。窓のひさしからの大ジャンプ。しなやかでかっこいい!ペリカンの大きなくちばしに身体を挟まれている黒ネコ。ペリカンに怒られているのかな、それとも二人で遊んでいるのかな。どのネコもいい表情をしているよ。
★26 - コメント(2) - 2016年5月4日

★★★★ 何気ないにゃんのしぐさから鼻提灯やくちばしで挟まれている衝撃!?写真まで楽しめる。でも、なんとなく岩合さんの写真ぽくない。ま、TVの”ネコ歩き”はこんな感じかも。
★29 - コメント(0) - 2016年4月24日

時に俊敏に、時に意味ありげに真剣に見つめ、しかしほとんど怠惰に。か・わ・い・い 。
★10 - コメント(0) - 2016年4月13日

可愛い猫の写真が満載!ペリカンに頭を食べられている写真とか、カップルの写真が好き。
★38 - コメント(0) - 2016年2月19日

黒猫が腕枕して相手をぎゅってしている写真と、頭をなめてあげているカップル猫の写真にきゅんってしました(笑)
★8 - コメント(0) - 2016年1月16日

お薦めされた写真集。表紙の写真が1番の胸キュンです
★5 - コメント(0) - 2016年1月16日

生き生きしている猫の姿に ニッコリしてしまう一冊♪写真に添えられている岩合さんのコメントから猫に対する深い愛情を感じられます。どの子も可愛いなぁ。
★68 - コメント(0) - 2016年1月8日

飼いたいなー。
★15 - コメント(0) - 2015年11月3日

キャパの『ちょっとピンぼけ』もまだ未読なのに読んでしまった。刊行が10年前と少し古く、「ネコ歩き」で一躍有名(と言っても元々有名だったが)になる以前の岩合さんのブレなさにもほっとする一冊。岩合さんの撮る猫は、顔にも四肢にも豊かな表情が宿っている。終盤の見開きの写真の撮影地が「網代島 宮城県」とあるのだが、宮城県にそんな離島があっただろうか。田代島と網地島のハイブリッド誤記なのだとは思うが、ともに猫島として有名なだけにとてつもない猫密度の高い島を想像して笑ってしまった。
★8 - コメント(0) - 2015年10月6日

早起きは3回のシャッタ-チャンスに恵まれる←岩合さんならではの名言。朝のネコは活動的、日中は「寝子」なのに、忙しそうで面白い。カメラの前でお腹を見せるのはオスの場合が多い。メスは必ず目的をもって動く、オスはふらつくのが仕事の様子。オスは遠くを、メスは近くを見つめる。ネコは、顔にちゃんと喜怒哀楽を表す。岩合さんと言えど一度嫌われてしまうとお互いの距離は縮まらない。ネコはヒトの言葉がわかるし話しもしてくれる。弱音は吐く前にネコが食べてくれる。めっちゃネコぼけ。
★32 - コメント(2) - 2015年9月26日

やっぱり何度見ても和む〜カフェにて再読了
★34 - コメント(0) - 2015年9月25日

なんといってもタイトルの勝利!イワゴーさんはちょっとどころか、かなりねこボケですが。世界ネコ歩きでは、イワゴーさんご自身が、ネコちゃんに優しく声をかけて、ネコ集会場所に連れて行ってもらう場面も多いですが、多分この写真集もそのようにして撮られたものでしょう。消費者目線どころかネコ目線で写真撮れる人ってこの人ぐらいじゃないでしょうか。
★30 - コメント(0) - 2015年8月21日

ひょっとしたらこの題名はあのキャパの本から取ったのだろうか?それにしても、どうしたらこんなに外で猫と出逢えるのだろうか?勿論、岩合さんには猫の神様がついているせいだと思うけど…。
★7 - コメント(0) - 2015年6月30日

岩合さんの切り取る猫と人の生活との距離感がなんとも心地よい写真集。ありのままに振る舞う猫達の日常を捉えた一枚一枚が愛しい。猫がいるような気がして曲がったら猫がいるなんて、その猫探知能力が私も欲しい!
★24 - コメント(0) - 2015年6月28日

かわいい
★7 - コメント(0) - 2015年6月24日

可愛い…だけじゃない。岩合さんの撮るネコは『動』を感じる。生きている。ただ眺めて、可愛いと思うも良し。コメントに寄り添う写真でもなく、助けられているわけでもない。そう感じる。しかし、表紙の『鼻ちょうちん』がそんな事すら関係なくしてくれる。ネコの器は大きい。やっぱりネコが好きだ。立派なネコぼけになってしまう。
★25 - コメント(3) - 2015年6月19日

猫ってなんてカワイイんでしょう!飼った事ないけど、猫が飼いたいなぁと思いました。良くもまあ、ここまでカワイイ瞬間を切り取る事が出来たなあと感心する事しきりです。写真に添えられている言葉もいいです。★★★★☆
★8 - コメント(0) - 2015年6月19日

可愛いネコを撮るにはオスの後をつけるという岩合さんのネコの写真集。平坦な道ではなくどうしてそんなところをという場所を歩いていたり、束縛を嫌がるわりには窮屈な場所に首を突っ込むネコたちが可愛らしいです。鳥にくわえられちゃってるネコにも妙なおかしさが。隣のメスに会いに来て拒否される一連の写真にしみじみしたり、ハネムーン中の写真は一枚だけなのにラブラブな感じが伝わってきてびっくりしました。ブルドックとお澄まし顔のツーショットは、なんだかいけない気分になりましたね(何
★4 - コメント(0) - 2015年6月7日

ああ、なんて愛くるしい。先ずもって表紙の猫の鼻ちょうちんからしてめちゃめちゃ可愛いじゃないか!笑キリッとして凛々しく二枚目な猫も柱にスリスリして気持ち良さそうにしている猫も、日本の猫も外国のそれこそイタリアだろうがギリシャやスペインだろうがどこの猫たちだろうと本当にまるで自分ちの猫のように思えてくる。この写真集のニャンコたちは、見て思わず笑っちゃうような猫がいたり、くちばしが長くて綺麗な鳥のくちばしに挟まれてる猫までいて素晴らしい瞬間をとらえた写真が満載だ。
★66 - コメント(2) - 2015年5月25日

可愛い
★7 - コメント(0) - 2015年5月9日

写真集☆ 岩合さん特集2冊目。表紙、気持ち良さそうな穏やかな表情だなぁと思っていたら…、なんと“鼻風船”が!この一瞬を切り取れるのが岩合さんなんだなあ。頁数の記載がないので書き留められないのが残念ですが、ベネチアの「隣のオスがメスに会いにきて拒否された」特に最後の一枚が大好き!ミャー、じゃなくて、ぎゃーって聞こえてくるよう。↴
★45 - コメント(4) - 2015年4月2日

通っている動物病院の待合室で何時も手に取って見てしまう大好きな写真集。写真家の岩合さんの愛に満ちた素敵な本。岩合さんの前では猫たちも構える事無く自然な姿をさらけ出す。写真に添えられた文章からも岩合さんの猫に対する並々ならぬ想いが溢れ出ている。それにしても猫というのは何という表現力の豊かな生き物なのだろうか。しなやかでバネのような身体。愛くるしい顔。愛くるしいだけでは無くキリッと男前な顔も魅力的。どちらかと言うと犬派の私だが実は猫も飼いたいと密かに思っている。が思いが叶う事は無いだろう。連れ合いの大反対で。
★29 - コメント(0) - 2015年3月20日

表紙の鼻ちょうちんにやられて…の一冊。世界各地の猫たち。表情、しぐさ…文句なしに可愛い!ネコぼけしまくり。「猫は遊びの天才。母親にとっては子育ても遊びのひとつ。」猫から学ぶことはたくさんあるなぁ。
★35 - コメント(0) - 2015年3月12日

2月22日は猫の日だそうですよ。表紙の猫は、わかりにくいかも知れませんが、鼻提灯なのですね。/「チビは幼い時に屋根から落ちて腰骨を折るという大怪我をした。獣医には見放されてしまったが、チビの生きる力はたくましく、歩き方には少し癖があるけれどメスらしく大きくなった。恋もして4匹の子猫を産んだ」
★41 - コメント(0) - 2015年2月22日

日本のみならず、世界中の猫の日常を写真に収めてる
★4 - コメント(0) - 2015年2月2日

日本やギリシア、トルコ、エジプトの野良猫たちの写真集。岩合さんの旅や猫を愛する気持ちが写真、猫や風景から伝わってくるかのような、だからこそ、その土地のその国の猫たち、風景の表情がとても良く感じてしまいました。そして、マイペースながらもゆるく生きる猫に愛らしさを感じつつも、やっぱり、旅と猫っていいなぁ~とつくづく思い知らされてしまいました。
★24 - コメント(0) - 2015年1月24日

表紙の鼻チョウチン猫!お見事、としか言いようがなく、文句なしにカワイイ。谷中の寝ころがっている仔猫竹富島のスラッとした美猫…岩合氏の言わんとするオス猫論、メス猫論にも、ひとつひとつ頷きながら、楽しみました。
★19 - コメント(0) - 2015年1月11日

ane
真にネコぼけになれる一冊、時々見開く写真集。日本と世界中のネコたち、それぞれにストーリーがあり魅力的だが、愛おしさは何処も共通☆魅惑的な竹富島のネコ、網代島のヒトとの共存ネコに心奪われます。
★17 - コメント(0) - 2014年11月1日

タイトルはキャパのもじり。ほっこりしました。ページ数の記載がない本なので、最初の3分の1あたり、竹富島のネコ。目力の強さに魅了されました。
★9 - コメント(0) - 2014年10月30日

再読。かわいい。特に表紙の写真には、降参です。次は、岩合さんが撮影されている様子を、見てみたいです。どんなふうに、猫たちと会話されてるんだろう。
★37 - コメント(0) - 2014年10月9日

表紙の鼻提灯最高v お気に入りは、ミコノス島の、ペリカンにカプッてされてるクロネコw あと伊豆のチビと子どもたちの見開き写真。
★8 - コメント(0) - 2014年9月9日

ちょっとネコぼけの 評価:100 感想・レビュー:106
ログイン新規登録(無料)