中庭の出来事 (新潮文庫)

中庭の出来事 (新潮文庫)
あらすじ・内容
恩田マジック全開! 芝居とミステリが見事に融合した著者の新境地。山本周五郎賞受賞作。

瀟洒なホテルの中庭で、気鋭の脚本家が謎の死を遂げた。容疑は、パーティ会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かる。警察は女優三人に脚本家の変死をめぐる一人芝居『告白』を演じさせようとする――という設定の戯曲『中庭の出来事』を執筆中の劇作家がいて……。虚と実、内と外がめまぐるしく反転する眩惑の迷宮。芝居とミステリが見事に融合した山本周五郎賞受賞作。

あらすじ・内容をもっと見る
522ページ
2941登録

中庭の出来事を読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
4150登録

中庭の出来事の感想・レビュー(2252)

何者かにいざなわれる様に酩酊感に浮かされて読み進めるが、実態の分からない洞窟を手探りで歩むような感覚。手に触れた物はデ・ジャブの様に記憶を反芻させ、富士の樹海を彷徨うが如く同じ道をグルグルと周るような錯覚に苛立ちを覚える。見る者と見られる者の混沌が幻惑を誘い、重層的で実験的な構成でありながら皮相的に感じるのは、骨格が無く前時代風の懐古主義で形成される三文芝居の印象だからだろうか。読後に去来するのは虚無。駄作とは言わないが秀作とは感じない。しかし僕個人の感想は別にして、山本周五郎賞の栄誉に輝いたのは事実だ。
★32 - コメント(0) - 1月18日

この本は難しい… 虚構(芝居)と現実が入り混じり、話の流れを追うのに精一杯。読み疲れした。
★2 - コメント(0) - 1月13日

あらすじを見ても混乱するし、いざ読んでみるとやっぱり本筋なのか作中劇なのかが混乱する。これは再読してもよくわからないだろうな・・・。
★123 - コメント(0) - 1月4日

もういっそ愛しくなるほど意味がわからなかった。虚と実が入り交じって、ほんとにわけがわからない。でも、読みごたえのある本。それぞれの登場人物も虚に飲まれてるなって思った。誰しも日常的に演者となり観客ともなる。なのに、非日常的な舞台を見たがる意味がわかった気がする。また再読したい、次はメモをとろう。
★6 - コメント(0) - 1月1日

どこからどこまでが現実で、劇中劇との境はどこなのか?くるくると目まぐるしく変わっていき混乱してしまうが、それを楽しめる展開。演じている役者の優雅な振る舞いもいい。難しいけれど、そこに却って先を急ぎたくなるような魅力があった。
★45 - コメント(0) - 2016年12月25日

再読。よくわからないというのが感想。初読の時も同じ感想で、再読だから理解できるかと思ったが、やはりよくわからなかった。恩田作品では好みでない作品。
★3 - コメント(0) - 2016年12月23日

観る者が観られる者へ、小説内の外側(現実)の話が次々と内側(劇中劇)、中庭の話になっていくという、とても複雑な構造の一冊。再読すればまた違う印象なのだろうけど、再読する気に早々ならないだろうな。笑 一瞬、え!?これチョコレートコスモスとなんか繋がりがあるの!?としばらくワクワクできたのに、結局名前が一緒なだけ(多分)だったことにがっかり(>_<)演劇を題材にした話は大好きだし、細かいエピソード(役作りとか女優になった経緯とか)は光るものがあったのに、本当に構造が複雑すぎて…一読でお腹いっぱい(´・_・`)
★35 - コメント(3) - 2016年12月22日

久しぶりの恩田陸氏のミステリー長編。ホテルの中庭で脚本家が毒死した。これが殺人であれば容疑者は3人の女優。彼女達に劇を演じさせながら犯人を突き止めようとする話かと思いきや、ビル街の中庭で突然死した若い女性の話や、山奥にある霧の劇場を目指す2人の男性の話が入り乱れてくると、今の話が劇中劇の話か、劇の話なのか、小説中での現実なのかわからなくなってくる。確かに霧の中にある劇場で演じられているような幻想的な話でした。
★9 - コメント(0) - 2016年11月29日

急に選択肢を手渡されると、けっこう焦る。
★1 - コメント(0) - 2016年11月23日

劇中劇中劇?現実の出来事と劇の構造が複雑にからみあって、訳が分からなくなって来るが、この難解さはキライではない。『虚無への供物』をふと思い出した。
- コメント(0) - 2016年11月8日

10年ぶりのウォンダは相変わらず見事な幻想世界。解説に言う通り、劇中劇を超える「劇中劇中劇」。何それぇ?音だけ聞くと「貧窮問答歌」みたいだ。俺にとってウォンダは好きか嫌いかではない、とにかくスゴい!のだ。近いのはフェリーニの「8 1/2」だろうか。ただし、映像ではなく文筆でここまでフラクタルしてる所に凄みがある。よくわかんねえ?そりゃそうだ、読んだ俺がよくわかってねえんだもん。まぁ、わかりやすく言うならペンパイナッポーアッポーペンパイナッポーオッパイペンパイナッポーペンな世界観。全然わかりやすくない。
★27 - コメント(0) - 2016年11月7日

著者のマジックにかかって、最初は話がどう展開しているのか分からなかった。恩田陸さんはとても凝った本を書くなと驚かされる。私たちは皆、観客になったり、役者になったりしている。生きるということは、演劇の世界のようだ。私もどこかの「中庭」で、私という役を演じているのかもしれない。
★7 - コメント(0) - 2016年10月7日

なんと感想を述べたらよいのかわからない。と言うのが率直な感想。 本筋というものが存在しない作品で、作中、幾重にも連なる芝居を読ませられる。 非常に忍耐のいる本で、大した頁数でもないのに、読了まで一週間を要した。
★6 - コメント(0) - 2016年10月3日

☆☆
★4 - コメント(0) - 2016年10月3日

しまった!!また苦手の演劇ものだった!?と読書開始直後に思ったのだけど、とても内容がミステリで面白く読めた。どこまでが現実でどこからが虚構(劇中劇)? いや、全部虚構だよ、現実はないよ小説なんだから(^^;と自分にボケツッコミ。 そういえばこの作者の物語に出てくる登場人物はみんな、見られているということを意識している役者のように思えて仕方ない。妙に優雅でカッコよく退廃的な香りまで漂わせているような気がする。
★35 - コメント(0) - 2016年9月15日

まさに迷宮、内側と外側の現在地が掴めない。内側で他人に指定された自分を演じ、外側で他人から見られたい自分を演じる。人生は舞台、演じてない自分について考えた。相変わらず答えが見えない恩田先生ワールド、今回も楽しく読めました!巴好き!
★5 - コメント(0) - 2016年9月15日

頭ごちゃごちゃになってしまった!Σ( ̄□ ̄;)劇中劇の中の、そのまた劇??結局、どの殺人も現実には起こってなくて、全て脚本、という事だったのか…う~ん私には難解過ぎたかな(^_^;)
★6 - コメント(0) - 2016年8月21日

いつものワクワク感がなく、残念。。
★3 - コメント(0) - 2016年8月14日

劇中劇をはさみながら物語が進みますが、終盤ですっきり解決するのかと思いきや全部の劇が絡まりあって大変なことに…。一読しただけではしっかり理解できませんでした…。解説にあったように色分けしてもう一回読もう。女優たちの語りが魅力たっぷりで、ぐいぐい読めました。理解はしきれてないけど先に進みたくなるのは恩田さんの実力のおかげなのかな。
★5 - コメント(0) - 2016年8月3日

面白かったです。。
★3 - コメント(0) - 2016年8月2日

恩田陸さん2冊目。現実と舞台を融合したミステリの入れ子構造なので、複雑・・・ どれが現実なのか判別できず、100ページ位までは混乱したが、段々とその世界 に惹き込まれた。キャラクター設定が上手く、特に魅力に感じたのは探偵役?でも ある巴の存在。更に女優たちの台詞が、特殊なプロとしての感性に裏打ちされて いると思えて感心した。「誰もが自分を演じている?」と考えさせられる部分もり、 単なるエンタメ小説だけではなく、小劇場で上演される文学&哲学チックな芝居を 観ている気分にもなる。作者の力量を見せつけられた。
★33 - コメント(0) - 2016年8月1日

作家の頭の中に、劇中の作家と女優…その女優たちが演じる劇中の劇…大元となる作家ですら劇中の人物なの?とひたすら続く入れ子構造。同時に繰り広げられるのは恩田さんお得意の不思議ネタ。この渦が何故か心地よくて浸ってしまった。観客ですら被写体になり得る。視線をどこに置くかで万華鏡のように世界って変わるのね、という本だと理解してみる。恩田さんって劇作家に向いてるかも。
★4 - コメント(0) - 2016年7月9日

複雑な仕掛けに翻弄される。人は目に見えるものしか判断の材料としないことを痛感。女優の生い立ちまでも芝居に反映させようとする演出家の気持ちは理解し難い。他人の人生を知りたいとは思わない。
★4 - コメント(0) - 2016年7月6日

うーむ、複雑すぎてよくわからん。下地となるストーリーは単純明快そうではあるが、いろいろ重なりすぎてて。。。いずれ整理しながら再読が必要。
★9 - コメント(0) - 2016年6月29日

再読。恩田陸作品では屈指の難しさだろう。単純な入れ子構造でないのは夢野久作『ドグラ・マグラ』に通じるものがある。作中作と作品の境界を正確に判断出来るのは作者だが、読者はそれを自由に決めても構わないと思う。
★13 - コメント(0) - 2016年5月17日

人は誰しもその場その場で仮面を被り演技している。これは何も演劇に限らず日常生活でも見られることだが、本書では忠実に行われる。執筆に勤しむ劇作家が友人に作品の批評を求めるという大枠のなかで劇中劇が真相を暴きながら進む。最後に更なる劇中劇を仄めかし終わる。虚々実々入り交じり、入れ子構造が無限に続くかのような恐れを抱かせる。
★18 - コメント(0) - 2016年5月14日

再読。
★1 - コメント(0) - 2016年5月9日

劇中劇?単純にそれだけなら、いいのだが...どうも話にずっぽりと引き込まれなかった。随分と読み終えるのに時間がかかってしまった。推理というネタと単純な劇中劇であれば、結構好きな設定だが、劇と現実を妙にこねくり回して、そこに面白さを求めたのか? 逆にごちゃごちゃして落ち着かなかった。また、他の小説等の引用も多々あり、知っている人はいいかもしれないが、知らない、私にとっては、意味のないページであった。それだけに、私からするともったいない一冊という位置づけになってしまった。純粋な推理小説であったなら...
★100 - コメント(0) - 2016年5月8日

本の内容を全く理解できなかった。読書中は退屈な時間でした。何が言いたい本だったのか、調べてみますが、、
★7 - コメント(0) - 2016年5月8日

最後の科白「観客はいつだって役者よりも忙しい」。けれどその観客は役者でもある。 僕たちの周りの人たちも役者であり、また観客であるのか。ということは物語の語り手であり聞き手であり登場人物である。実際僕もそうなのだろう。
★7 - コメント(0) - 2016年4月27日

文庫にて再読。劇中劇が幾重にも織り込まれた構成だけど、単純な入れ子構造ではなく、意図的にずらされているような気がする。ルービックキューブのように縦横にひねって回して「どうぞ」と渡されたような作品。ストーリーよりも、この特殊な構成と、思わず付箋を貼りたくなるセリフの数々を楽しむのが吉。
★9 - コメント(0) - 2016年4月20日

恩田さん3冊目。この本は時間がかかりました。▼解説にあるように、色分けしてみた方が良かったようです。▼あるいは、流すように読むとよかったか。▼なんだか、疲れましたね。16020
★6 - コメント(0) - 2016年3月22日

作中で起きた事件を元にした劇中劇、あるいはその逆なのか。心理描写も劇中劇の脚本なのか、登場人物の本心なのか。作品の中のどの視点から見ているのか掴めずに最後まで読みました。難しかったです。死んだ人間でも芝居の役として生き返るし、ある意味舞台はこの世ではない場所かもしれません。現実の人間も自分の役を求められ演じているのは舞台の上にいることと同じなのかもしれませんね。特にミステリーなどを読む時は事件の顛末とかトリックの答え合わせを求めてしまいがちですが、ふとそれはナンセンスなことではないかとも思いました。
★8 - コメント(0) - 2016年3月21日

★自分の本★解説を書かれた方も試しているように、この小説を読む時は、きちんとメモを取りながらの方が良いかもしれません。劇と、劇中劇と、その他の話との間を行きつ戻りつするので、頭が混乱します。ましてや、図書館の予約本の合間合間に読んだりすると。時間が空いてしまって、何が何やら。ということで、次回再読の際にはメモを取りながらにします。中盤を過ぎてから、徐々に読むペースが上がりました。次は一気読みを目指します。恩田さん流のモヤモヤ感は少な目かな 笑
★69 - コメント(0) - 2016年3月21日

面白い 少々面倒くさい
★2 - コメント(0) - 2016年3月1日

ただただ複雑でした。私が今読んでいるのは、現実の方か?劇中芝居か?考えることに必死で、頭が混乱していました(><)再読したらもう少し理解できそうかな?個人的にはこんな雰囲気のある中庭に行ってみたいです。
★6 - コメント(0) - 2016年2月20日

...
物語を読んでいるというよりも、数式を眺めているようだった。Q.E.D. には至らず、ストーリーは終わる。ごちゃごちゃしていても不条理劇だから、といえばなんでもいいのかしらね。
★6 - コメント(0) - 2016年2月19日

簡潔にいえば「中庭を舞台にした物語」。殺人事件を扱ったサスペンスであり、芝居をテーマにした舞台劇でもあり。。。舞台劇の中で演じられる舞台劇が出てきたりして、いくつもの入れ子になった構造が難しくてなかなか読み進められなかった。自分が今(読んで)いるのはどの世界なんだっけ?あの人はこの人でいいんだっけ?とメモまで書き始めたりして。何年か後に読み返したらすんなり頭に入ってきたりするのかなぁ(そうなる自信はないけど)。正直に言うと、文章は面白かったけど、構造は苦手だった。もっと分かりやすい小説が読みたくなった。笑
★9 - コメント(0) - 2016年2月14日

現実、劇、劇中劇、劇中劇のなかの劇中劇…そして最後は読者の「現実」にまでたどり着くという、中庭が沢山ある入れ子構造の物語でした。ちまちま読むよりも、集中して読んだほうがいい作品かな。私はちまちまと、メモもとらずによんでたので、最後はおおおおおお!とカタルシスを感じたけど、ちゃんとメモとって把握していくともっとカタルシス感じるのかなと思いました。まさに娯楽小説でした!ちゃんと読者を楽しませ、ぐいぐい読ませて、最後はおおおおお!となる、とても素晴らしい小説だとおもいまふ。恩田陸さん、おもしろいなー
★8 - コメント(0) - 2016年2月11日

入れ子構造になっていて複雑な展開だ。奥が深いというのか、複雑にすることで奇を衒ったのか。最後まで展開が気になりつつも、難しかった。それでも、こんな作品を書き上げるのはすごい。実際に舞台になったら、観客は話についてこれるのだろうか。
★14 - コメント(0) - 2016年2月4日

中庭の出来事の 評価:84 感想・レビュー:579
ログイン新規登録(無料)