危ないお仕事! (新潮文庫)

危ないお仕事! (新潮文庫)
290ページ
264登録

危ないお仕事!はこんな本です

危ないお仕事!を読んだ人はこんな本も読んでいます


危ないお仕事!の感想・レビュー(210)

浮気調査、警察マニア、超能力セミナー講師、タイの日本人カモリ屋、フーゾク専門の不動産屋、スレスレ主婦モデル、射精専門の汁男優、ダッチワイフ製造業者、新聞拡張団実体験ルポ、法廷傍聴記、ヘンな容疑者列伝・・・。面白い仕事が沢山あるね!!みんな拘りとプロ意識を持って仕事を遂行している。北尾さん、今回もまた我々に代わって体当たり調査をし、笑いと感動をありがとう。
★19 - コメント(3) - 2016年10月18日

北尾トロさんは、裁判傍聴記でお馴染みのライターさんです。オンライン古書店もされて、そちらの体験記は読んでおりました。この作品は、普段は脚光を浴びないお仕事の体験潜入ルポ。万引きバスター(警備員)、私立探偵、メルマガ・ライター、スレスレ主婦モデル、裏人形師、新聞拡張団等々。どれもプロ意識の塊なのが驚く。中には詐欺まがいのものがありますが、まあそれも含めて役に立っているのだから、立派な仕事なのだろう。新聞拡張団の話がいいですね。大場さんがいいわ。モノを作り売る、裏人形師の逞しさ。いろんな職業があるもんだわ。
★1 - コメント(0) - 2016年6月8日

★★★★☆世の中にはいろんなお仕事があるんですね。(・o・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!
★3 - コメント(0) - 2015年11月4日

表に出ない(出せない?)仕事はオモシロイ。裏人形師、汁男優・・・、すごい仕事です!個人的には、新聞拡張団の話が好きです。「おまえ、取れる顔してるよ」、プロにしか口に出来ないセリフ、しびれます。
★2 - コメント(0) - 2015年9月13日

うむ。面白い。 体当たりだなーこの人は。 消極的なのに行動力は半端ない!
★1 - コメント(0) - 2015年9月7日

思ったより結構面白かった。実情なんか気にもしないし、言い方は悪いが、凄い底辺というかそういう感じの職業だと思ってたのが実は儲けている人がいることに驚いた。新聞の勧誘なんかは過去の経歴は問わない(笑)のに月収100万いくとか予想外だった。汁男優が一発いくらとか、万引きバスターの自己心酔感とか、超能力開発セミナー講師なんて完璧に詐欺じゃんって思うけど、それよりも本当にそこまで人を信じ込ませられるのか少し試してみたくなる。普通の職業つけなくて、どーしよってなったら色々やってみたいところではある。
★1 - コメント(0) - 2015年9月4日

ダッチワイフ職人の商魂に素直に感心させられた。なるほどなあ。職業に貴賎なしなのです。
★2 - コメント(0) - 2015年7月2日

わたしは北尾トロさんの本をきっかけに傍聴へいくようになり、それが哲学の勉強の題材になったりしています。 北尾トロさんの書き方は「どうですか。知らなかったでしょう」だけじゃない。「やってみて、知った。そりゃ、そういうこともあるだろう。なぜならそこに市場があるから」というスタンス。だから、ためになる。 性産業系の案件は読んでいて気持ち悪くなる女性もいるかもしれないけど、わたしは「きれいなものだけ見ていたい」という気持ちに潜む暴力性によく罪悪感を感じるので、こういう本を読むと気持ちが安定します。
★5 - コメント(0) - 2015年6月14日

恐らくここに出てくる仕事をしている人達は自分の周りにはいなさそう。だから 興味深い。 特に下半身がらみのお仕事は知らない世界で面白い。ダッチワイフの職人さんが「細身で小さい方が運送のコストがかからない」と言うのには思わず膝を打った。 お客のニーズに答えて新しいモデルを製作しているというのを読んで、男性の性欲というのはやっかいなもんだ・・と思う。しかし、こういう人形を捨てる時はどうするんでしょうね。
★8 - コメント(0) - 2015年5月18日

新聞拡張団への潜入取材は、著者の体を張ったルポだった。いろいろな業界の、特に裏稼業的なものに興味は湧くが、いままでの自分の職歴も、褒められたものではないなぁと振り返ってみたりもする。危ないお仕事、職業に貴賎なし。
★2 - コメント(0) - 2014年12月30日

ニッチ産業である。
★1 - コメント(0) - 2014年9月30日

危ない仕事であっても、働いてるのは、やっぱり人間なんだと思える。新聞拡張団はホントに勤めてみたのか。向いていると言われてたけど、サラリーマン経験のないトロさんだけに向いていたんだと思うよ。スレスレ主婦モデルの考え方に、怪しげな仕事で生きる手段が凝縮されていると思う。
★29 - コメント(0) - 2014年7月1日

300ページ弱に10+αのエピソードですので、そんなに掘り下げているわけではありませんので、ちょっと物足りないかな。駅売りの夕刊紙などに載っている求人広告の方がずーっと怪しいかも。 ちょっと覗いてみる、という感覚ではよいのかもしれません。 感想: http://thomap.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
- コメント(0) - 2014年3月4日

人間の欲望がなくならない限り、あらゆる仕事は発生する。需要があるからお金儲けもできる。しかし他人に言えないような仕事ばかりよく集めて取材したなあ、と北尾さんの体当たり度合いに感心してしまった。
★22 - コメント(0) - 2013年12月6日

こういう世界を教えてくれる読み物は好き。新聞の勧誘の話はリアルだった。著者の就職して初日の昼休みに辞めるというのにずっこけた。
★1 - コメント(0) - 2013年9月17日

文京区立本駒込図書館で借りました。
- コメント(0) - 2013年9月7日

★★ 「怪しいお仕事!」を読んだのでセットでこちらも。セクシー系のお仕事の話が興味深い。皆さん、プロ意識もってやってます!!
★2 - コメント(0) - 2013年7月18日

新刊で購入することはまずなかっただろうけど、たまたま手に入ったので読んでみました。この作者の裁判傍聴シリーズはひととおり読んだんだった。世の中にはほんと、すき間産業的なお仕事がたくさんあるんですね。興味引いたのは浮気調査屋さんとか、汁俳優(!)さんとか。さらっと読めました。
★28 - コメント(6) - 2013年6月28日

前作「怪しいお仕事」より仕事内容が見え面白い。特に捜査のお仕事が面白かった。著書の作品は私の知らない世界を垣間見ることができるので、違う作品も読破していきたい。
★6 - コメント(0) - 2013年3月21日

似たようなタイトルの前に読んだのよりも面白かった。多分、取り扱っている仕事が前作より身近な存在だからだと思う。ダッチワイフ製造業者はうまく編集すると普通にプロジェクトX並のクオリティの番組ができると思ったw新聞拡張員さんって、その地区で配ってる人とは別の請負集団が存在するんだね。そこから知らなかった。
★3 - コメント(0) - 2013年3月1日

「そんなところまで考えているなんて、こりゃシタタカだわ。」福満さんのマンガつき、中身もパワーアップ、栽培傍聴の番外編も入って前作より面白かった。
★2 - コメント(0) - 2012年11月17日

★★★★☆
- コメント(0) - 2012年11月15日

★1 - コメント(0) - 2012年11月11日

面白い! 世の中にはたくさんの職業があるんですね!
★2 - コメント(0) - 2012年9月8日

●ブックオフ
- コメント(0) - 2012年4月18日

トロさんらしいいかがわしさ大爆発。『新聞拡張団に入ってみた。』が、疑似体験できて特におもしろかった。
★22 - コメント(4) - 2011年11月13日

専門職で職種を変えた経験のない私には世の中こんな仕事あるんだ〜とどれも非常に興味深かった。どれもできないし、やりたくないけど。『ダッチワイフ製造業者』は熱いものを感じた。トロさんの『新聞拡張団』の体験レポおもしろかったー。これからは新聞屋さんの断り方考えようと思った。
★6 - コメント(0) - 2011年9月29日

いろんな仕事があるんだなぁ~超能力開発セミナーとかもっと突っ込んで取材してほしかった気がする・・・
★2 - コメント(0) - 2011年8月12日

サラサラと読めます。取材を元に書いてあるので、面白く読みやすいです。
★4 - コメント(0) - 2011年7月31日

こんな仕事があったなんて!!!!教えてくれてありがとう~トロさん
★5 - コメント(0) - 2011年6月10日

隙間産業などという言葉もあるくらいに、どんなモノにでも仕事はあって、それが隙間であればある程に胡散臭く思えてしまう。今まで気にも留めなかった事にでも、よく考えてみれば仕事があって職人がいる。超能力開発セミナー講師、タイの日本人カモリ屋、ダッチワイフ製造業者、汁男優、新聞拡張団など、その道を極めんとする職人気質のプロ達に体当たり取材&体験取材。危ない仕事というよりも陽を浴びることのないアンダーグラウンドな仕事が多数。いろいろな仕事で興味深く読めた。北尾トロ氏の著書は何も考えずに気軽にサクサク読めていい感じ。
★53 - コメント(10) - 2011年6月4日

北尾さんの本は外れない!
★9 - コメント(0) - 2011年5月5日

普通の一般人が知らないようなお仕事を紹介する。前作『怪しいお仕事』とは違い、違法性もなく、自らのアイディアと行動力で稼ごうとする人が多く、ビジネスチャンスをモノにしようという姿勢は勉強になった。特に著者自らのが新聞拡張団に入ったレポートがなかなか面白い。
★6 - コメント(0) - 2010年11月4日

危ない、というよりは知らなかったこんな仕事あんな仕事、ですね。違法性があるかないかではスレスレなものもありましたが。宗教セミナーは面白いといえば面白いけど、初回で終わってるので中途半端な感じ。新聞の拡張員は自分が勧誘されたときと同じ台詞が出てきたので思わず笑ってしまいました。あれ、新聞やさんだと思ってたのに違ったんですね~。
★4 - コメント(0) - 2010年10月2日

全体的に楽しかったけど少し物足りない感が残る。探偵という職業柄、依頼された仕事とはいえ、人の生活探るために、盗聴とか盗撮って、やられる側はたまったものじゃないし、こんな風に人を馬鹿にしながらやってるのかと思うと不愉快。一番興味があったのは、超能力開発セミナーの話し。実際に行くのは騙されそうで怖いので。笑 でも変な薬品使われて、洗脳されそうになる、みたいに危ない状況が起こることもなく、ちょっと拍子抜けだった。そんなに必死で信者作ろうとするんじゃないんだって分かったのが収穫かな。
★4 - コメント(0) - 2010年9月12日

期待していたほどおもしろい仕事はなかった。
★1 - コメント(0) - 2010年6月6日

汁男優なんて、危ないというより怪しいお仕事ですね。
★3 - コメント(0) - 2010年5月15日

評価:☆☆☆ 危ないとは言うが、どちらかというと「こんな仕事もありますよ」レベルのもの。面白い話もあるが、煽り文句ほどは凄い話があるわけではない。著者のセンスが好きかどうかで評価が大きく分かれると思う。
★4 - コメント(0) - 2010年2月26日

いつも手に取るような本とは違うモノですが面白く読めました。自分も危なくはないものの色んな仕事をしてきましたので…。個人的にはダッチワイフ製造業と汁男優が笑えました。
★5 - コメント(0) - 2010年1月18日

危ないお仕事!の 評価:60 感想・レビュー:51
ログイン新規登録(無料)