女子的生活

女子的生活
あらすじ・内容
ガールズライフを楽しむため、東京に出てきたみきは、アパレルで働きながらお洒落生活を満喫中。マウンティング、セクハラ、モラハラ、毒親……おバカさんもたまにはいるけど、傷ついてなんかいられない。そっちがその気なら、応戦させてもらいます! 大人気『和菓子のアン』シリーズの著者が贈る、最強デトックス小説。

あらすじ・内容をもっと見る
286ページ
2988登録

女子的生活はこんな本です

女子的生活を読んだ人はこんな本も読んでいます


女子的生活の感想・レビュー(1478)

お母さんが図書館で借りてきた本です。坂木さんだし、読んでみよーって思って。よくわかんないし、別に感動的でもないけれど、それでも、みきと後藤はいい友達なんだなっていうことはよーくわかった。まぁ、みきは頑張っているのかなと思いました。とにかく、私にはよくわからない本でした。
★15 - コメント(0) - 3月22日

なんか面白かった。後藤くんは、すごくかわいくて、ちょっと賢くて、息子がこんな感じになったら、上出来だなぁと思いました。
★3 - コメント(0) - 3月22日

坂木司、初読み。まあ面白かったけど、オッサンにはちょっとハードル高い本でした。
★11 - コメント(0) - 3月22日

トランスジェンダーが主軸。主人公のみきを含めてガッツのある女性が多くて、こればかりは相性の問題だろうけど私にはついていけないなと思ったり。でもなりたい自分のために努力を怠らないみきの姿勢は素直にすごいと思いました。みきのことを見下しているキャラも多い中で後藤はみきのことを性別にあまりとらわれずに一人の人間として尊敬していて良い奴だなと。「みきは、どこに出しても恥ずかしくない、俺の大切な友達だ!」にはスカッとした、よく言った!個人的にはみきと後藤と二人でまったりと暮らし続けていくのもアリだと思うんですが。
★9 - コメント(0) - 3月22日

こういう女子のバチバチ火花が散る感じは苦手だな。女子っぽい会話(なのか?)にもあまりついて行けなかった。でも、心がどう、体がどう、どっちが好きとか、ホント人それぞれなんだなぁと思った。なかなか自分を出せなかった昔や、未来への不安を感じながらも、自分に正直に今を生きてる、楽しんでるって感じのミキは強いな。ところで素朴な疑問、女子力とはなんぞや?
★33 - コメント(0) - 3月22日

なんか変な本読んじゃった感じ。
★13 - コメント(0) - 3月21日

なるほどと思う部分はあったけど、やはり年代的なものか、理解しきれません。否定することは全くありませんけど。
★13 - コメント(0) - 3月21日

坂木作品で既出の「心は乙女男子」をさらに突っ込んでみた・・・みたいな? 『女子』の生態を同性でも異性でもない視点から見てみたという点はユニークなのかもしれないけど、なにかが「ぬるぬる」と逃げていく感じがする読書感でした。
★13 - コメント(0) - 3月21日

主人公の立場はわかったけど、ここに登場するガールズライフはよくわからないなぁ。戦う人ばかりではないよ。「テンプレ」とか連発されて、意味はわからんことないけど、スラング???(ってほどじゃないけど)には、ついていけてないなぁ。
★12 - コメント(0) - 3月21日

読まれているお気に入りの方が多かったので手に取りましたが、全く内容を知らずに読み始めたので、読み始めて早々あっこういう話なのね、といい意味で裏切られた感。表紙のみきが可愛くて、かなり女子力高め。私も一応現役女子(もう”女性”か…)なのですか、好みも思考もどちらかというと単純男子代表の後藤寄りかも。最後まで読みやすいけれど、みきの考え方がたまに、特にラストのほうは良くわからなかったので、いつの間にか読み終わってしまった感じ。あっそれも私の女子力が低いだけかもですね。
★49 - コメント(0) - 3月20日

図書館
★1 - コメント(0) - 3月20日

「本当に苦労したのは、幹生だろう」
★7 - コメント(0) - 3月20日

女子なんだけど女子じゃない、そんな視点から見た女子あるある。腹の探り合い、本音と建て前、でもそれなりに楽しく生きていて・・・でも当然いろんなものを抱えてもタフに生きている女子たち。そんな女子から見た男子あるあるも笑えます。
★14 - コメント(0) - 3月19日

みきから発する「男単純説」はリアルでウケる。「常識や道徳を蹴り飛ばして没頭する才能が女子力」ってところいいと思う。自分も女子力高めたい。
★13 - コメント(0) - 3月19日

力強さを感じました。これが普通だから、その通り生きてなければならないって考えるのは疲れます。もっと自由にいろいろな視点から物事を捉えられる人間になりたいです。
★17 - コメント(0) - 3月19日

素直に主人公が格好いいと思える本でした。東京での生活っておしゃれで憧れるところもあるけど、戦わなきゃいけないところもたくさんなんだな…。いろんなタイプの女子が出てきたけど、みんな個性的で面白かったです。表紙や装丁もかわいい。
★41 - コメント(0) - 3月18日

トランスジェンダーのみき。後藤がどんどんイケメンになっていったなぁ。クセのあるような女の子たちも、こんな子いるいる!って感じで楽しく読めました。ロマンシエとかにちょっと似てたかな。
★27 - コメント(0) - 3月17日

作中で何度も言われているように男はみんな単純な生き物、異論はありません。そうするとみきの場合はどうなのか、考え方生き方不断の努力これらで勝ち得た複雑さなのか。それだけしないと男は女と肩を並べ得ないのか。
★18 - コメント(0) - 3月17日

何かのアンソロジーで初めの話だけ読んでいた。トランスジェンダーのみきは、心が女の子で好きなのも女の子(体は男)。目一杯お洒落して、マウンティングもして、複雑を愛して、今をガンガン楽しみながら闘う。両親も職場の仲間も良い人だし、後藤もなかなか学習能力が高くて良い。私はここに出てくるどの女子よりも闘ってないなぁ。。。
★22 - コメント(0) - 3月16日

LGBTでも一括りできなく、タイプが多岐に別れてて、理解するのが難しい。女の子になりたいけど、女の子がすきな主人公の話。そして、後藤みたいな人物なかなか居ないのでは。
★14 - コメント(0) - 3月16日

トランスジェンダーについてまたひとつ考えられた本。 私は今あんスタというゲームにハマってまして、中でも鳴上嵐というキャラクターが恋愛対象的には一番ツボなんですが、要はオネエキャラ。女の気持ちをわかってくれる上で力強さを併せ持つって最強だと思うのね。で、恋愛対象が女だったら最高だなって思ってるんだけど、多分その都合の良い思考がみきみたいな人をイラつかせるんだろうな。 好奇心じゃないつもりなんだけど好奇心なのかな、でも好きなんです、こういう力強い人。全力な人。 読んでて元気をもらえる本でした。
★20 - コメント(0) - 3月14日

トランスジェンダーのみき。心は女の子でも好きになるのも女の子、オカマと思われるのが嫌い。素敵だなみきちゃん、でもそれ以上にカミングアウトしたときの両親が素晴らしい。こんな愛情こもった対応ができるなんて素敵だな。そして理解ある会社、上司、同僚や友人に恵まれていることもあるのだろうが、常に前向きで頑張っているみきちゃんを応援したくなる。早く故郷に気を使わず素のままで帰れるといいね。
★64 - コメント(0) - 3月14日

『トランジェンダー』心と体の葛藤があるのは、私には理解出来ない位苦しい事なんだと思う。けれど"みきちゃん"はそれを乗り越え、私なんかより凄く女子力がある!(私が女子ではない年齢というのは置いといて(^_^;)みきの強くたくましく前を向いて生きている姿がかっこいい!少し頼りなさそうな後藤との二人の生活や距離感が好き(*^_^*)読み終えて元気を貰えた1冊です(*^_^*)
★43 - コメント(0) - 3月12日

東京のアパレルで働くトランスジェンダーのミキ。心は女で体は男で好きになるのは女で。。。それだけで生きるのは大変そうだけど、たくましく楽しんで生きるミキはかっこいい。さくさく読めました。
★22 - コメント(0) - 3月12日

身体は男だけれども心は女性、でも恋愛の対象は女性という大変に複雑なトランスジェンダーのミキの話し。女の敵は女…と言っても好きなのは女の子なのでミキの敵は男、というか偏見でぶつけられる視線や言葉。売られた喧嘩は買う気概も頭の良さもあるミキだけど、どこか引け目があるのが切ないです。でも理解してくれた両親、職場の仲間、そして生活をシェアすることでミキの本質をわかっていった後藤。たくさんの宝物を持ってるから幸せ者でもありますね☆
★82 - コメント(0) - 3月12日

いやもう一気読み。面白かった。トランスジェンダーの、体は男で心は女、恋愛対象は女という主人公ミキ。マイノリティーの中でも細分化されてて、そこにも差別があるらしいね。マイノリティーがマイノリティーをたたく。未来は怖い、けど今を生きる。ミキかっこいいよ。職場の同僚に恵まれ、友人にも恵まれ、対人運がいい!それはミキが引き寄せたもの。至るところに共感ポイントがあって、時には頷き時にはおののきながら読了。でもね、ミキ。女子の方が選択肢多いってのには疑問だな。まぁ、男女問わず切り開けるかどうかだね。
★31 - コメント(1) - 3月12日

みきは頑張っているし、後藤も良い奴だ。でもおばちゃんの私にはわからない言葉や思考があって、いまいち入り込めませんでした。世の中いろいろな人がいるんだね。できるだけ見た目や肩書で偏見を持たないような大人でいたいよ。
★28 - コメント(0) - 3月11日

軽いタッチのなかに様々なことが詰まっていたような気がします。男女の考え方の違い、都会と田舎、仕事、家族…人それぞれ立場もバックグラウンドも異なるけれど、それを悲観することなく努力し、ただ前を向くみきの姿にかっこいいなと思いました。しっかり自分の軸を持ちつつ変わっていけるのはすごいなと。
★45 - コメント(0) - 3月11日

★★☆主人公についてはタイトルでもしかしてそういう話かな?と思っていたとおり。なんというか、面白いんだけど、話に入り込めなくて、遠くから眺めてる感じのまま読み終わってしまった。
★16 - コメント(0) - 3月10日

和菓子のアンが好きで読んでみました。 私が歳を取った・・・ってことなのかなぁ、今風な女の子(?)のテンションとノリがちょっと付いていけなかった・・・。もう少し読めば両親とか出てきて面白い展開になるんだろうけど、たどり着くまでに飽きました。予約して楽しみにしていた分、残念。
★21 - コメント(0) - 3月10日

★7 坂木司が描いたトランスジェンダーの話。男性生まれで女子になりたい主人公みきの視点から、女子的な生活とはどのようなものかが描かれている。性の対象が女性であることなどはなんとも新鮮で、さらにその落とし方なども興味深かった。筋が通っていて潔い(諦めている?)みきの生き方と、転がり込んできた後藤の裏表のない実直さに強い好感を持った。何にせよ、兄はくそったれだったが両親が理解者になりうる存在であることはとても素敵なことだ。てか、女子は合コンのときにここまで考えているものなのか...恐ろしい、笑
★33 - コメント(0) - 3月9日

読み始めてすぐにおおっ!となる。全国の単純だけど憎めないところがある男子諸君に告ぐ、女子的生活。もう主人公の視点にはまりました、女子力高っ。出てくるチョイ痛女子がみんなみんな最高にキュートで可愛く見える。敵対女子がみんな可愛くて、このあたたかさはこの主人公でしか出せないと思った。ブドウのフルコース、食べたことないけどめちゃめちゃ美味しそうでした!
★44 - コメント(0) - 3月9日

感心しつつ楽しく読めました。主人公のみきを軸に、様々な視点で人との接し方を学べた気がします。周りには似たような方は居ませんが僕が気付いていないだけかもしれませんね。
★51 - コメント(0) - 3月8日

図書館:女子って大変なんだなぁ^^; 戦っているんだね、色々なものと。とりあえず無自覚に他人を傷つけないように言葉を選ぼうと思いました
★54 - コメント(0) - 3月8日

女子よりも女子。女子には選択肢が多いっていうみきの言葉は、みきが持ってないからこそ言えることなのかと。後藤、すごくいい人〜!最後の話が一番好き。この先もずっと下らない冗談言いながら2人で楽しく生活してほしい。
★23 - コメント(0) - 3月8日

笑った。面白くて、声に出して笑った箇所、多数。言いたいけど言えないことを、みきやかおりが言ってくれたような気がして、スカッとした。想像していた内容とは違ったけれど、これはこれで楽しめた。よく分からない世界だけど、こういう世界もあるのね…。。“女子”でいるのって大変だなぁ。
★28 - コメント(0) - 3月8日

主人公も、周りの癖のある女の子達も可愛い1冊。自分を否定しないで、前を向く難しさを知っているからこそ、ミキちゃんも後藤も格好良いし、可愛いなぁ。マナミちゃん、意外と好きだなぁ。ご飯食べさせてほしい!12
★6 - コメント(0) - 3月8日

Ryo
いやぁ、かーなーり面白かった!笑った。活字でまともに声出して笑ったのははじめてかも?みきは本当に女子的(←ここポイント)で、芯が通ってて潔い生き方で、本当に気持ちが好い。みきのツッコミとかおりの分析が、かなり的を得ててテンポ良すぎ!特に、タワマンの高収入合コンら辺。医者男に仕事を「部活みたいで楽しそうだな」と言われたみきの心の中でのツッコミとか、マナミに「なんか干すの好きそうだし」とか(笑)心のどこかちょっと思ってしまう事をバッサリ切ってくれて、ほんとスッキリ!女友達にも男友達にも会いたくなった。
★33 - コメント(0) - 3月7日

うわ~ん゜゜(´O`)°゜もわっとしかイメージできないアパレル単語がいっぱいある(--;)しかし最後まで頑張って読んだよ(^^;)そして様々なタイプの女子がいるけれど、基本的にみんな日々闘っていると理解する(;・ω・)あと後藤は良い男だ(^-^)
★30 - コメント(0) - 3月6日

この作家さんのお話としては、さくっと読めませんでした。途中で飽きてしまって。
★11 - コメント(0) - 3月6日

女子的生活の 評価:100 感想・レビュー:747
ログイン新規登録(無料)