絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集

絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集
あらすじ・内容
童謡「ぞうさん」の詩人は、画家でもあった!

「宇宙を描いているつもりです」――50歳代に集中して描いた抽象画の中から100歳の目で自選した35点の作品と、99歳から日々描き続けた千点を超える絵画より選んだ170点を収録する《小さな画集》。折々に語った抽象画への熱き想いもあわせて、不思議で、哲学的で……、それは詩ではない、もうひとつの「まどさんの宇宙」。

あらすじ・内容をもっと見る
191ページ
43登録

絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集を読んだ人はこんな本も読んでいます


絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集の感想・レビュー(32)

川崎市民ミュージアムの新所蔵品の中に、百歳の画帳のものがあり、29日まで公開中。実質三回見に行きましたが、一枚一枚にこもったパワーの強さに圧倒されてこれくらい時間をかけないと受け入れるのはむずかしい。とにかくパワフルでお茶目でかわいらしくて不思議でセンスよくて、でもちょっと毒もあって素敵すぎました。アルツのハイマちゃん。本でまた見れるとは思っていなかったので感激です。手が震えるから定規使うって100歳の貪欲さがいい。抽象画を描き始めたら50年代の頃の作品やインタビュー解説もありで読みごたえあり。
★1 - コメント(0) - 2015年11月16日

こんなにすてきな本に出会えるなんて。。。また、たからものが増えました。まどさんの宇宙。すてきです。
★19 - コメント(0) - 2015年4月5日

まど・みちおさんは、画家でもあったと初めて知った。それも抽象画!90代で描いていた絵の数々が、ポップでおもしろい。一方で50代の頃の絵は、少し暗いものが多く、そのことが意外だった。まどさんの多面性を知ることができる一冊。
★4 - コメント(0) - 2015年1月23日

すごい絵ですね。なんか、不思議な絵ばかりです。
★1 - コメント(0) - 2014年8月27日

「宇宙を描くっちゅうことは 目の前のアリを見とるということと同じなんですね。その一匹のアリの生活の中に 形の中に 色の中に 大きなすべてが含まれとる。」なんと熊谷守一さんと共通する視点だ!作品の添え書きに「ふふふ」とか「へへへ」とか「うへー」とよく書かれている。ハートも大好きらしい。まどさん、大好き!
★1 - コメント(0) - 2014年6月4日

描くときはもう夢中です。 きりがないからこそ、 描くんだと思いますね。
★13 - コメント(0) - 2014年3月9日

先日104歳で亡くなられたまどみちおさんの100歳の時の画集。51歳から描き始めたんですね。抽象画だけど作品について語られているので共感できた。ハートが大好き♡だなんて可愛いな♪♪ご冥福をお祈りします。
★1 - コメント(0) - 2014年3月2日

まどみちおさんって、もう100歳超えてたんだ!以前からずっと描いているという抽象画は、比較的暗目のものが多く別の一面を見た気がします。最近描かれた絵のほうが明るい色使いが多いのも興味深いです。
★6 - コメント(0) - 2013年6月5日

詩とはイメージが違うのですが、絵も好きです。
★1 - コメント(0) - 2012年8月31日

《私‐図書館》まどさんの絵が、抽象画とは、意外でした。
★3 - コメント(0) - 2011年11月13日

失礼ながら…ご健在の方だとは思わなかった(^_^;) 楽しい絵です♪
★5 - コメント(1) - 2011年8月26日

100歳になっても衰えない想像力と感性。そして正直に。そこには他者は存在しない気がした。純粋でした。
★1 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

02/01:seyco

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

02/19:レイ
09/15:mntmt
03/29:kon
12/03:みみ
絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集の 評価:81 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)