華麗なる一族〈2〉 (山崎豊子全集)

華麗なる一族〈2〉 (山崎豊子全集)
あらすじ・内容
1957年に『暖簾』でデビュー、以来50年にわたって執筆された、壮大にして感動的な人間ドラマを集大成する待望の全集!

阪神銀行頭取・万俵大介は政治家・官僚・財界と閨閥でつながり、小が大を呑む銀行合併を実現すべく着々と準備を進める。一方、鉄鋼マンの長男・鉄平は高炉建設に情熱をかたむけるが……。

あらすじ・内容をもっと見る
627ページ
19登録

華麗なる一族〈2〉を読んだ人はこんな本も読んでいます

教団X
9461登録

華麗なる一族〈2〉の感想・レビュー(17)

2016年7月24日:Austin
ドラマや映画全然見ていないので、とても興味深く読んだ。我慢しきれず、最終章先に読んでしまった。 この作品が発表された当時、まだ銀行たくさんあったはず。 合併の裏側にはこういうことがあったのかと、想像するだけでもぞくぞくする。 物の値段以外、今読んでも何の違和感もないパーフェクトと思います。
★6 - コメント(0) - 2016年6月20日

2015年5月14日:Teruyo Iwasa
2015年2月13日:アーネンエルベ
2014年5月2日:ICHAO
2013年8月10日:Edd
2013年6月18日:rb26kaz
ところどころ難しくて理解できなかったけど、読み応えのある本。とても昭和に書かれたものだとは思えない。ドラマでラストは知っていたけどやはり衝撃的だった。
- コメント(0) - 2013年2月1日

2012年6月22日:TG
2012年1月22日:ふら〜
2011年12月23日:アスカ
--/--:mikako
--/--:M.SAI
--/--:のあ
--/--:さゆり
--/--:mirei

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

06/18:ぶん
11/09:くまこ
華麗なる一族〈2〉の 評価:24 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)