エリア51 4 (BUNCH COMICS)

エリア51 4 (BUNCH COMICS)
あらすじ・内容
囚人を脱獄させたマッコイだが、その正体は神をも震撼させる「敵」であった。この事態を重く見た「エリア51」の神々は「十神会議」を招集するが――!?

刑務所の囚人に接見を求められたマッコイ。その囚人は、マッコイの婚約者を死へと追い込んだ「あいつ」を知っているという。情報提供を交換条件に脱獄させたマッコイだが、その囚人の正体はいくつもの神を壊滅させた恐るべき「敵」であった。この事態を重く見た「エリア51」の神々は「十神会議」を招集。対策を講じるが――!? スタイリッシュ・ハードボイルド・アクション第4巻!

あらすじ・内容をもっと見る
186ページ
225登録

エリア51 4巻はこんな本です

エリア51 4巻の感想・レビュー(206)

一気読み。
- コメント(0) - 1月28日

蛇神の救出方法は思いもよらなかった。きれいに決まり過ぎてて文句なしの展開だった。キシローがいないのは、やはり寂しいものがある。
- コメント(0) - 2016年8月1日

『「最初の蛇」が何をやってこようが問題ないわ 奴がどんなに絶望を引き出したとしても それが私の怒りを上回ることは絶対ないし 目的を遂げるまで死ぬつもりはないわ(p87-88)』
- コメント(0) - 2016年6月14日

姐さんの過去とエリア51の真の姿。でもこの巻の白眉は明かされる物語の真相じゃなくて荒野の7人の小人と美少女戦士萌えンザイムA10。月に代わってお仕置きよ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月1日

神々に怪物にお伽話の住人まで。あらゆる超常生物が闊歩する街『エリア51』。マッコイの絶望を超えた怒りの弾丸は狡猾な『最初の蛇』の呪言をも破壊するーー。マッコイの過去が明かされてきましたね。エリア51版『本当は血生臭いお伽話』も楽しかったです。早く続刊購入しよう…。
★1 - コメント(0) - 2016年4月12日

王子様がバカ王子じゃなかった!そうか新しい助手かー。
- コメント(0) - 2015年9月1日

人魚姫って、いつも幸薄いわな…。
- コメント(0) - 2015年5月3日

王子カッコイイな。
★2 - コメント(0) - 2014年10月9日

お客様より拝借。
★2 - コメント(0) - 2014年9月27日

久しぶりに続きを読んだけど登場する神々や妖怪のチョイスやら活かし方やらがそう来るのかあ〜ってぴりりと効いてるし、セリフ回しや絵がかぁ〜っこいい!久々過ぎてキシローがなんで居ないのか思い出せないけど・・・( ̄◇ ̄;)/“蛇”が出てきてマッコイの過去も。物語の重要なシーンが出てきた巻でしょうか。十神会議もめちゃめちゃ渋いんですが中国神話の主神が斉天大聖なのがちょっと笑えましたw
★3 - コメント(0) - 2014年9月14日

再読。
- コメント(0) - 2014年9月2日

まさか「蛇神」が出てくるなんて…十神の面々も渋い…ってかキャラデザがみんな良すぎる。特にオーディンがいい。さらに今回の中編が「白雪姫」を中心に色々なおとぎ話の登場人物たちが繰り広げるんだけど…この話が好きすぎる。王子もフェデリカも大切な人のために頑張るんだけど…切ない、幕引きだった。最後に…「王子」が仲間になったww
★17 - コメント(0) - 2014年7月5日

前半は、3巻から続く伏線いっぱいのエピソード。いつだったか、「腕っ節だけではのし上がれないのがエリア51」みたいな一文がキャラ紹介でありましたが、今回のラスボス風味の敵役、まさしく腕っ節以外でやたらと怖いキャラでした。と同時に、その脇で繰り広げられる、力押し全開のバトルも面白い。後半は誰もが知ってる昔話を自由にアレンジした名中編。この設定をこう使うか!?こう組み合わせるか!?みたいなネタが、惜しげもなく盛り込まれてました。苦さが混じった締めの見事さも、いかにもこのシリーズらしいですなぁ…。
★9 - コメント(0) - 2014年4月19日

後半はまさかの白雪姫ネタ。おとぎ話をこういう殺人事件にしたてるとは。7人のこびとの顔や名前など、細かいネタも楽しい。主人公の過去を少しずつ出しながら、このごった煮設定ならではのエピソードも入れてきて、油断ならないなー。
★7 - コメント(0) - 2014年4月6日

いい奴だな、王子。荒野の七人はすぐ分かったけど、あの格好、ワイルド7か。始め何故ライダースなのかと思った。
★3 - コメント(0) - 2014年3月18日

漫画。『最初の蛇』(マッコイの過去)編、本当にマッコイはハードボイルドの権化みたいなキャラだな、と。苦境に立たされて心が折れかけても苦笑いをやめない姿が本当にグッとくる。変わっておとぎ話編は相変わらず作者の独自解釈が冴えまくった佳エピソード。
★4 - コメント(0) - 2014年1月30日

今回も面白い。マッコイのすげえ重要な真実が明らかに。『荒野の七人』の顔をして『ワイルド7』の制服を着た七人の小人って7尽くめの小ネタとかどう見てもあの美少女戦士のメイドたちな小ネタも楽しい。十神会議の設定も面白い。新しい助手も加わって物語はどうなっていくんだろうか。
★3 - コメント(0) - 2014年1月29日

そうそうたる面々の十神会議の登場とマッコイの過去が少し明らかに。蛇と草薙の剣の関係が面白かった。新しい助手できたけど河童はもうでないのかな?
★2 - コメント(0) - 2014年1月12日

十神がカコイイね! マッコイの事情がちょっと見えた巻。後半のお伽噺も良かった。が、人魚姫が切ない…。「萌えンザイムA10」が、どう見てもセラムン…
★2 - コメント(0) - 2013年12月14日

再読。とりあえず10人出しとけって感じの十神会議は出てくるだけでワクワクする。七人の小人は顔も名前そのまんまなので笑う。
★2 - コメント(0) - 2013年11月19日

草薙剣とその鞘、最初の蛇の話が物語としては重要なんだろうけど、個人的には白雪姫抗争の方が良かった。玉手箱や人魚姫をからめてきたりして、手の込んだ話になってて面白かった。この話があったので星五つ。
★4 - コメント(0) - 2013年5月28日

マッコイの表情がやたらとエロいのは何なのか。マッコイの過去興味深い。童話話も切なくて良かったけど、クラーケンの話が一番好きかも…笑
★2 - コメント(0) - 2013年5月23日

旅先でのテンションとUMAや神らのごった煮世界観とうたい文句に惹かれて、1~4巻を一気に購入したけれど……ライトダークヒーローであって、ピカレスクじゃ無いじゃないか。コミック担当編集の手のひらの上で転がされた消費者となってしまった……
★2 - コメント(0) - 2013年2月17日

十神会議とか。格好良い。
★2 - コメント(0) - 2013年2月5日

おとぎ話の回がすごく好き。新しい助手に期待。
★2 - コメント(0) - 2013年1月30日

★★★:ブ、ブリンナー。。。、魔界水滸伝か?!
★2 - コメント(0) - 2013年1月15日

十神会議。グリム童話殺人事件。激烈におもしろい。
★5 - コメント(0) - 2012年12月31日

十神会議で盛り上がった後に、白雪姫。この落差がこのマンガの面白さでもあるんだろうなぁ
★14 - コメント(0) - 2012年10月21日

面白い。マッコイの過去が関わる本筋は言うまでもなく、童話の話を読み終わった後は、あまりの出来に感心してしまった。
★4 - コメント(0) - 2012年10月14日

『十神会議』のメンバー豪華ですね。七人の小人の元ネタやおまけの『萌えンザイムA10』とか怖ーい顔の三匹の子豚達も久先生らしくて笑えました。かと思うと過去を背負うマッコイがブレない格好良さでどんどん魅力的になり実はやる人だった王子が新しい探偵助手になったりこれからがさらに楽しみになりました。サイン本買えてめちゃめちゃ嬉しかったです♪
★6 - コメント(0) - 2012年9月17日

十神会議に蛇神、姫と小人と王子様。濃過ぎるほどに濃厚な本編もそうだけれど、どう見てもセーラー服美少女戦士な萌ンザイムA10とかオマケまで特濃でした。
★8 - コメント(0) - 2012年9月16日

おもしれえなぁ。そして相変わらずこの作画。おもしろい才能だよなぁ。
★7 - コメント(0) - 2012年9月16日

マッコイの過去が少し明らかになり、十神も出てきてこれからの展開が楽しみ!
★6 - コメント(0) - 2012年9月16日

感情の描写がものすごかった巻。読んでいてゾクゾクしました。後半の、複数の童話の登場人物を組み合わせた物語も、おもしろかったです。あと、メイド喫茶の件は度肝を抜かれました。
★6 - コメント(0) - 2012年9月15日

最後のオマケ漫画がますます濃くて素晴らしい。
★3 - コメント(0) - 2012年9月15日

相変わらず想像の斜め上を行く久ワールド全開でした。これまで小出しにしてきたマッコイ姐さんの過去がまた少し紐解かれたけど、姐さんの追っている「あいつ」って相当超越した存在のような…。でもって、新しい探偵助手はどう突っ込んだらいいやら…w
★7 - コメント(0) - 2012年9月14日

NAO
十神会議の顔ぶれが畏れ多すぎる。敵に回したら生きられる気が微塵もしない。徐々に明かされるマッコイの過去、現れる仇への繋がり「最初の蛇」。仇もやはり蛇神の一種なのだろうか。後半は新説白雪姫。色々なおとぎ話を絡め展開する企みと人間模様。そしてまさか王子を助手に雇う展開とは!対照的な二編が収録された巻だけど、本筋の話よりは探偵としての話の方が好きかなという気がした。
★10 - コメント(0) - 2012年9月14日

脱獄の続きから。最初の蛇とマッコイとの対決で「あいつ」を追う理由が明らかに。しかし、こういう辛い展開とは予想できなかった。話はひと段落したものの、まだまだ一波乱二波乱ありそう。今後が楽しみ。後半は新説白雪姫。なかなか面白かった。次の巻から新展開らしいのでゆっくり待つとしましょう。
★11 - コメント(0) - 2012年9月13日

今回も色々良かったけど、王子の一本筋の通ったスケコマシぶりに惚れた
★3 - コメント(0) - 2012年9月13日

エリア51 4巻の 評価:46 感想・レビュー:53
ログイン新規登録(無料)