莫言神髄

莫言神髄
188ページ
15登録

莫言神髄の感想・レビュー(6)

2014年9月18日:jiki
莫言(ばくげん、モオイェン)の著書と勘違いして図書館で借りたが、莫言自身のものは講演録を収めた後半で(ノーベル賞受賞スピーチを含む)、前半は莫言の訳者である吉田富夫氏による莫言の世界の紹介。貧しい出自の莫言にとって、自由を感じられる唯一の方法は物語だった。才能に恵まれた息子の語りに束の間の慰撫を感じながらも、文化大革命前後の中国の状況のなかで、その才能が家族に災厄をもたすことを危惧した母親は「黙っていることはできないのかい」と戒めた。ペンネーム「言う莫れ」(言うなかれ)の所以である。味わい深い本でした。
★2 - コメント(0) - 2014年4月5日

2014年2月21日:半殻肝
前半に翻訳者吉田富夫さんの莫言論、後半にノーベル文学賞受賞講演を含む講演収録。そんなに難しい本でもない。これから莫言さんを読もうと思って、入門書のつもりで読みました。ヘルタ•ミュラーに何と言われても、村上春樹さんを押し退けて、受賞されたと言われている訳ですから。ねえ。
- コメント(0) - 2013年10月31日

2013年10月8日:ゆたさん・∪・ω・∪
3人の日本人作家が言及されていて、それぞれのされ方から中国の純文学界で日本がどう読まれているかの一端がみえる。
★1 - コメント(0) - 2013年9月25日

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(1)

10/21:まきぞ

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

01/27:AN
10/19:pippi
10/18:まきぞ

人気の本

莫言神髄の 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)