快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内 (中公新書)

快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内 (中公新書)
240ページ
100登録

快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内はこんな本です

快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内を読んだ人はこんな本も読んでいます


快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内はこんな本です

快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内の感想・レビュー(45)

前半は筆者の幼少時代から中学生くらいまでの、読書の思い出話のような感じで、微笑ましかったりクスクス笑えたりで軽く読めたが、後半はやや赴きが変わって、筆者が取り上げた文学作品をひとつひとつ、時間の流れだったり当時の社会状況からだったり、俯瞰的な立場から眺める考察が続いて、面白かった。終盤は筆者の晩年の著作に繋がっていく内容だった。
★8 - コメント(0) - 2016年11月30日

自身の読書遍歴を振り返りながらわりと若い人向けな感じで書いた読書エッセイ。何というか中高生でエロい話が読みたくて〜というエピソードのこってり感が凄かったw フォークナー、周辺と神話という流れは津島の八十年代以降の作品の流れと完全にシンクロしていて、作家の理知的な一面を垣間見せてくれる。
- コメント(0) - 2016年10月2日

なんとなく手にして読んだけど、この本とても良かった。ああ、これ読んで見たいな、何て本も多かった
★1 - コメント(0) - 2015年7月28日

★★★★ 個人的な欲望と社会が求める規範との間には乖離があり、人それぞれがこの世の中に対してはある種の生き辛さを感じている。人はその生き辛さに耐えられなくなると犯罪を犯すか、心の病に罹ると「ものぐさ精神分析」にはあった。ここに文学の意義がある、と著者は語る。「文学とは、人間が人間であることに希望を失わずに生きるために必要な、現実の世界に付き添い続けるもう一つの世界なのだ」
★6 - コメント(0) - 2015年6月28日

勤務所在地の区の図書館の利用者カードが期限切れになりそうだったので、久しぶりに訪れて何気なく借りた本ですが、当たりでした。読書案内ではなく、著者の生育史と本との関わりがテーマで、世代は全然違うのに、共感できる部分が多かったです。
★2 - コメント(0) - 2015年2月18日

sae
【図書館本】テーマは「時間」であり、「快楽」。巻末にも書かれているように「読書案内」ではないが、今までと違った視点でいわずと知られた名作や新たな本との出会いがあって面白かった。 追記:父親が小説家であった、と本文中にあったのを何とはなしに読んでいたけれど、その父親が太宰治であったと知ってびっくりした。と同時に新たな興味が湧いてきたので再読を重ねたい。
★5 - コメント(0) - 2014年8月2日

過去を振り返ることは、未来を見据えることでもあるのだと思う。著者はこれを書いたことで、晩年の準備をし始めたのではない。還暦という言葉があるように、原点に戻ることでこれからの道標をはっきりと見つめたかったのだ。言葉を尽くして過去を振り返り、言葉にしない未来の決意を胸に刻んだのである。言葉から自由になる。自由が言葉から生まれる。それが物語だ。巷には本が、物語があふれている。選ぶ自由。選ぶ快楽。それが私を作る。
★5 - コメント(0) - 2010年7月22日

本の海は広いなあ、ということを感じた一冊。いわゆる読書案内というよりも、まっすぐで強い津島さんの物語と人間の普遍性についての言葉がどれも印象的だった。女性でなくとも、人間というものはある意味みな「生きる」ということの奴隷なのだなと思った。
★4 - コメント(0) - 2009年12月2日

津島さんの読書遍歴と、本に対する想いを知ることができる一冊。個人的には、文学を通しての同性愛や、同性愛作家に関する考察(キリスト教の厳しい禁欲性をふまえて)がとても興味深かった。
★1 - コメント(0) - 2009年11月13日

あとがきで仰っているように「読書案内」では無かったです。でも津島さんの辿ってきた読書の道のりとともにそれらの文学の魅力も書かれているので、ブックガイドとして参考にすることもできるとは思います。今はまだ興味の少ない分野が多かったので後半やや流し読み。要再読。
★1 - コメント(0) - 2009年6月23日

☆☆☆☆★4/隣図
- コメント(0) - 2008年8月15日

2004.5.26
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(7)

06/16:sansirou
06/03:K_183
01/27:半殻肝

積読中のみんな最新5件(9)

11/10:けんご氏
06/16:sansirou
04/20:謙信公

読みたいと思ったみんな最新5件(39)

10/07:都わすれ
09/05:夕鬱
09/03:marybomb
08/25:niam
快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内の 評価:53 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)