詩経―中国の古代歌謡 (中公文庫BIBLIO)

詩経―中国の古代歌謡の感想・レビュー(9)

万葉集との類似的な解釈をされているところもあるが、今のところそれが、推測の域にとどまっているところが気になる(氏族社会の崩壊、と言うことが、習俗の類似に100%つながるのか?)。著者の漢字の読込みの深さから、かなりの説得力を持つものと思いたいが、恐らく、実証は困難であろう。それをするには新たな史料の発見を待つしかないのかも知れない。春秋の時代でさえ、解釈の誤りが起こっているようなので、時の流れの残酷さを感じざるを得ない。(既に同著者による詩経雅頌を読み始めているので、感想が混ざってるかも知れません)
- コメント(0) - 2016年6月29日

2015年5月20日:霜夜
内容はともかくやっぱり白川静って読みにくい。自分と感覚が合わないのかも
★2 - コメント(0) - 2013年4月19日

2012年10月28日:panzer
詩経ってやつは五経の一つってことで何だか小難しくて無味乾燥なイメージだったのだが、そうか、詩って元々音楽なんだ。古代の歌謡からその時代を生きた人の感情が甦る。恋愛の歌とか、生活が苦しくて生きていけないとか、切実な生の表現なんだなぁ。時代によって表現方法が変わっても、人間の感情というものはいつの時代も変わらない。芸術の真価は普遍性にある。そんなことを再認識させる白川静の慧眼はやはりすごい。
- コメント(0) - 2012年10月8日

説話や儒教のフィルターによって歪められてしまった「詩経」を、素朴な古代歌謡として見つめ直し、古代中国の祭礼、庶民の暮らし、貴族社会なんかを解説しつつ、万葉集と比較しつつ解釈するという本だった。さすが白川先生というべきか、日本語訳が美しく、読みやすかった。漢文の素養がないので読むのに時間がかかってしまったが、もう一度じっくり読みたくなる良書だった
★1 - コメント(0) - 2011年6月23日

2009年8月8日:college

今読んでいるみんな最新5件(2)

12/03:low-k
03/22:home alone

積読中のみんな最新5件(1)

07/05:賽子

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

02/26:ysj
09/02:_sakadon_
08/21:ひろ
詩経―中国の古代歌謡の 評価:89 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)