聊斎志異考 - 中国の妖怪談義 (中公文庫)

聊斎志異考 - 中国の妖怪談義の感想・レビュー(21)

読みやすい。時代背景や語句の注釈など親切に分かりやすくつけてくれていて思わず唸ってしまいました。
★1 - コメント(0) - 3月14日

1月21日:satosio
2015年2月22日:nat0001
「聊斎志異講座」みたい。
- コメント(0) - 2014年6月17日

2014年4月14日:ken
清代の中国で書かれた怪異小説集「聊斎志異」全12巻の中から、1巻につき著者お気に入りの1話を取り上げ読み解していく。 「教養」というのは先人の叡智にどれだけ通じているかで測られる部分があるが、それを逐一解説するのは野暮というか、仄めかす・判る人だけ判れば良い的な風もあり、古典文学では故事成語未満の引用・形容の類は不明なまま読み進められる事も多い。 聊斎志異に記された各話も、そうした古書古文に典拠した記述が多々あるようで、それらに関する著者の解説が、数百年前の謎めいたお話の詳細を判りやすく伝えてくれている。
★1 - コメント(0) - 2013年1月2日

2012年6月10日:Ankrmoch
「考」というか、詳しい「訳」。当時の風習や、表現に関連する故事などが途中途中に挟まれていて、深い読み方を教えてくれる。載っているのは十二篇のみだが、とても丁寧な訳がされていています。読むと幽霊屋敷に引っ越したくなる一冊。
★1 - コメント(0) - 2012年5月29日

2012/04/13:聊斎志異より12編の物語を取り上げて、注釈や解説を行ったもの。
★1 - コメント(0) - 2012年4月13日

2011年11月19日:はまどく
2011年10月1日:半殻肝
異類婚姻譚だが、女性が人というパターンがない。そのせいか、通して読むと男性目線の妄想くさい。
★1 - コメント(0) - 2011年8月22日

なんか男の身勝手な願望、妄想話が多い気が。ハイレベルな文章と構成の中身は2ちゃんの非リア充童貞男のエロネタ、的な(笑)
★1 - コメント(0) - 2011年7月13日

サブタイトルは「妖怪談義」だが……違う。幽霊と結婚する。狐と結婚する。鸚鵡と結婚する。花とだって魚とだって結婚するよ! 異種婚姻譚ってこんなに無邪気で良かったんだっけ。もっと見るなのタブーとかあるんじゃなかったっけ。個人的にはOK。ちなみに『聊斎志異考』という題名もちょっと違う。考察というよりは註釈入りといった感じで、『聊斎志異傑作選・陳舜臣注疏』といったところか。訳本は読んでいたが、教わらなければ典故に拠っているとさえわからないことが、これほど多いとは知らなかった。先達はあらまほしきことなり。
★4 - コメント(0) - 2011年7月10日

2009年9月18日:qv-yuh
2005年9月6日:ハルバル
2003年4月23日:にゃわん
--/--:myam666
--/--:小春
--/--:もるもる
--/--:mick

今読んでいるみんな最新5件(2)

10/02:半殻肝

積読中のみんな最新5件(5)

11/16:ちひろ
08/04:サヤコ

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

09/28:ななこむ
04/27:緋子
11/01:ヤタ
09/29:うさを
07/07:404
聊斎志異考 - 中国の妖怪談義の 評価:76 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)