ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
221ページ
751登録

ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズはこんな本です

ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズを読んだ人はこんな本も読んでいます

玉依姫
1902登録

ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズの感想・レビュー(720)

ダグラスくんの災難。
★1 - コメント(0) - 3月20日

転校先の男子校で知り合ったダグラスが短期留学してきた。そしたら誘拐されかけたり、なんだか命を狙われてる? 一網打尽にするべくルウが仕掛けてファロット一族が本領発揮。 ダグラスの故郷ダルチェフの特殊部隊ミラージュとフェニックスがダグラスに襲いかかるが、リィ達にかなうはずもなく。 ダグラスが狙われる理由がいまいちわからなかったけど、ミラージュの作戦が込み入りすぎてて面白かった(笑)
★19 - コメント(0) - 3月6日

シリーズの総評は1巻に。
- コメント(0) - 2016年11月25日

久々に懐かしいキャラクターに再会。それにしても・・・格違いの戦闘!笑える。
★4 - コメント(0) - 2016年11月1日

まさかのダグラスくん再登場。本人も気づかぬ事情によって連発する暗殺騒動を天使たちの力を借りて回避。相変わらずの爽快活劇だけど、ヴァンツァーたちとの茶番劇には笑ってしまったw あとファロット組は同業者に手厳しいなぁ。シェラが怒るポイントにニヤニヤしてしまう。ダグラスくん、生真面目で融通のきかない堅物だったけれど、今回の件で一皮むけた感じだしまた登場してほしいな
★9 - コメント(0) - 2016年10月31日

まさかの再登場。シェラはやはり同業者には辛口でした。
★5 - コメント(0) - 2016年10月27日

【再読】潜入捜査中に知り合ったダグラスくんと再会しちゃいましたの巻!出ました!シェラたんの玄人発言!って言うかあの食料をずっと担いだまま歩き回っていたのよねwww(笑)まあ、今回は湖でのお魚しか現地調達できないのはわかってたもんね。リィのためなら重たい荷物もなんてこっちゃないか(´∇`)しかしレティは今回も殺しができなくてちょっと残念でしたね。怪獣夫婦がらみのトラブルだとはでなドンパチだから、いくらでも心置きなく技が振るえるんだけどねぇ( ̄▽ ̄;)
★13 - コメント(0) - 2016年9月4日

強い 強すぎる。これだけ主人公達が危機に見舞われるのにハラハラするどころかニヤニヤしちゃう。デル戦が1番好きなのは変わらないけど、この本をニヤニヤ読むために18巻も読んだのかもしれない気がしてきました。
★2 - コメント(0) - 2016年7月7日

ダグラスを守ってるんだけど、振り回してる感がぬぐえない(笑)
★12 - コメント(0) - 2016年5月23日

最初、ダグラスって誰だっけと思ってしまった。まさか、今後も登場するキャラクターだったとは。何食わぬ顔でファロットの二人が出てきた時は、こちらも笑いをこらえるのが大変だった。みんな大活躍で、楽しいお話。ここまで同じ世界の日常が続けば飽きそうなものだけど、全然そんな気配がない。
★2 - コメント(0) - 2016年4月15日

偶然再会した潜入先での知人の巻き込まれたトラブルに、天使達が立ち向かう。ダグラス、いろんな意味で同情してしまいます。そらこんな説明で納得しろなんて、無茶でござるよ;
★1 - コメント(0) - 2016年4月10日

ダグラスて誰?!から始まり、情報局の凄腕メンバーがこれかよ、となり、リィとチームファロット(シェラがイヤな顔をするだろうな)ますます「なんでもあり」度が増したな、と。
★3 - コメント(0) - 2016年2月10日

山で相手を待ち受けるのはリィたちにとってどんと来いってなもんだろう。それに他の人を巻き添えにする可能性も少なくなるし。だからミラージュとフェニックスをさそいこんだわけだな。
★2 - コメント(0) - 2015年12月5日

前々巻の「ソフィアの正餐会」で登場したあのダグラスが再登場。どういうわけか次々に命を狙われるという話。海賊夫婦が好きなので全く出なかったこの巻は寂しかったです。天使と海賊夫婦と交互にメインになっているシリーズなので次は海賊メインかな?
★8 - コメント(0) - 2015年9月4日

アレクサ通りの37番地。ジェイソンの店で待ち合わせ。建物の中にも関わらず、見上げるような背の高い木が植えられ、地面には灌木や茂みで覆われている。お茶を注文すると、荒地用の自動機械がハーブティーの淹れられたポットを届けにきた。このシーンだけが好きだ。
★3 - コメント(0) - 2015年8月27日

諜報員ものなんだけど、諜報活動の根拠自体が浅くてイマイチ。よくてまぁまぁかなぁ。
★6 - コメント(0) - 2015年7月30日

再読。ダグラスくん再び。割と色々な人に(三重くらいの皮をかぶった)正体をさらしているよなあ。まあ、彼らが思う「大丈夫な人」だけなのだろう。一般市民の道のりは遠い笑
- コメント(0) - 2015年7月11日

★★★☆☆ チートすぎるキャラと小粒すぎる事件。バランスが悪すぎてつまらない。結末もあんまりだったし(現実にはあるあるかもしれないけど)。この程度の事件なら、いっそ事件なしのほのぼの回の方がいいのにな~。 151101 ※更新したら感想が消えました…。これはメーターでは初めて。たった100文字程度でも、書き直すのはめんどくさいですね。
★1 - コメント(0) - 2015年6月15日

面子を保つために殺してでもって、本末転倒じゃないか? 人をどうこうするのは得意でも獣の相手は荷が重かったか。
- コメント(0) - 2015年5月26日

山でキャンプなんてリィのテリトリーすぎる、と思ったら案の定( *´艸`)レティシアとヴァンツァーもさすがだね。まさかあの晒し工作を手伝わされてるあたりが笑えるけども( *´艸`)
- コメント(0) - 2015年4月9日

HC
今回の教訓:雉も鳴かずば打たれまい。
- コメント(0) - 2015年2月15日

以前登場したダグラスが再登場。短期留学にきたらなぜか命を狙われ、リイたちに守られるはなし。サバイバルキャンプを楽しむリイとシェラがやっぱり似合ってて楽しそうだった。
★3 - コメント(0) - 2015年2月14日

20150128再読 なにやら物騒なお供をつれてソフィアの正餐会でリィに惹かれてたダグラスが短期留学してきた!
★1 - コメント(0) - 2015年1月28日

以前潜入していた学校の学生、ダグラスが狙われるのをリィとシェラで阻止する話。特殊部隊が非常に弱ーい。口止めの動機としても弱すぎるんじゃないの、と思ったけどファロットの活躍が見れたから良いか。。。次に行きますー
★3 - コメント(0) - 2015年1月11日

再読のはずだが記憶にないので普通に面白く読んだ。特集部隊の波状攻撃の割りに引っ張った謎がショボいけど、経過を楽しむ感じ。前作の記憶があるうちに読めて良かった。
★10 - コメント(0) - 2014年12月21日

今回はリィに恋する堅物青年ダグラスを巡る罠。身に覚えのない“何か”を巡り、命を狙われるダグラス。しかし、お坊ちゃまなダグラスはこれでもかと繰り出される罠に毎回見事なくらい嵌ってしまう。学習しろよ。リィがいなけりゃ5回は死んでるね。この人。(笑) おとぼけ天使たちの演技力(!)全開でダグラスに迫る刺客に挑む。ついでに連邦も巻き込みながら…。学園ものでもこちらの作風であれば満足満足。やっぱドタバタ劇の方が好きみたい。
★20 - コメント(0) - 2014年12月10日

まぁまぁだったかな。今回はある人物が刺客に狙われるわけだけど、謎を謎として引き伸ばしすぎた感じはあったなぁ。局所局所ではいつもどおりリィ達の活躍で面白くは読めるのだが。なんか物足りないなぁと思えてしまう
★4 - コメント(0) - 2014年11月12日

キャンプに出発したダグラス一行に、災難を伴った学生グループが近づいて来るたびに『これも蜃気楼なんだろうな』と思いながら読んでいたら、案の定そうでちょっと笑えました。それにしても、このタイミングでリィと再会できたダグラスくんは、ものすごい幸運な青年だと思う。
★1 - コメント(0) - 2014年10月26日

リィに惚れちゃったダグラス君、再登場。何やら国家組織に狙われて・・・リィとシェラの活躍を楽しむための本ってところでしょうか。表紙も綺麗だけれど、あまり面白みがない。読んでから見返しても「なるほどー」ってありません。ソフィアの正餐会とかオンタロスの剣とかは内容と表紙のリンクも面白さの一つでしたけれどね。
- コメント(0) - 2014年9月7日

。ダグラス君好きだわー。一般人なのにリィたちの荒業にパニックにならないとこが特に。ジェームズは騒ぐんだもん。さすが高3(だっけ)?ちょっと大人っぽいけど。面倒ごとに巻き込まれたリィだけど、舞台が山だからか、ちょっと生き生きしてるようにもみえる(笑)シェラも腕のふるいがいがあってワクワクしてみえる。っていうか、シェラの料理食べてみたいなー。美味しそう!香辛料とか。
★2 - コメント(0) - 2014年9月2日

読了。
- コメント(0) - 2014年9月1日

- コメント(0) - 2014年8月27日

図書館本。『ソフィアの聖餐会』で登場したダグラスくんとの偶然の再会。そして何故か国家権力に命を狙われるダグラスくんを金銀黒天使が助けることに…。ダグラスくん、すごく模範的で真面目な反応をするのが気の毒というかなんと言うか…(^_^;)だけどダグラス目線で読むと面白さが倍増!彼も常識では測れない物事や人物がいると知って、だいぶ成長したんじゃないかな(^^)相変わらず同業者に対して辛辣なシエラが好きだ♫
★21 - コメント(0) - 2014年5月27日

読了。前巻のトマス校でリィと一悶着あったダグラスくんがサフノスクに短期留学でやってきた。そのダグラスくんが何故だか不穏なおじさんたちに追い回され拉致されかけたり命を狙われたり…(´д`) 金銀黒の天使たちが走り回ってダグラスくんを助けてダルチェフの特殊部 隊をやっつけて回る。また天使たちに心酔した者が…(^o^)
★8 - コメント(0) - 2014年5月21日

ダグラスと再会。罠なんだろうなーそして簡単に撃退されちゃうんだろうなーと、ある意味わくわくしながら読んだ
★3 - コメント(0) - 2014年5月16日

おーダグラスくん再登場か・・・。君、意外とイケメンだったんだね。少々パターン化してきて読むのが結構しんどくなってきたクラブレ。前巻はちょっと勢いがあっただけに残念。海賊落とし前編期待してたのになぁ。それでもプロ3人組の小芝居は楽しかったかな。さすがファロット一族。
★2 - コメント(0) - 2014年5月11日

再読。 ちょっとした金銀黒新月黒太陽の作戦行動。 前に出てきたダグラスが、見てはいけないものを見てしまい、命を狙われるお話。 シェラの『おともだち』への態度が可愛い。
- コメント(0) - 2014年4月23日

2回目。
- コメント(0) - 2014年2月12日

【図書館】前巻のお坊ちゃん学校「聖トマス」でひと悶着あったダグラスが大学惑星へ短期留学してきた― 下からフォローするって、状況に応じて蘇り組を投入するタイミングを見るってことなのか?w 結局、全員蜃気楼で、金銀天使と蘇り組にサラッとあしらわれる。もうパターン化してきたな(^-^; 今巻は何だろう?ダグラスの名誉挽回巻?
★2 - コメント(0) - 2014年1月22日

ミラージュの罠―クラッシュ・ブレイズの 評価:56 感想・レビュー:117
ログイン新規登録(無料)