チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題

チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題
272ページ
86登録

チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題を読んだ人はこんな本も読んでいます


チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題の感想・レビュー(36)

論理パズルやメカニカルパズルに数学的考察を加えたもの。巻末にはチューリングの論文「解ける問題と解けない問題」が付いている。帽子パズルや不可能パズルなどが面白い。問題1や問題28の解答には納得し難いところがあるのだけど。
★35 - コメント(0) - 2016年4月27日

ivy
2013年11月29日初版
★1 - コメント(0) - 2016年2月9日

たまにこういうの挑戦してみるけど大半わからん。自分でもみたことあるやつがいくつか。実は解けないパズルってテレビゲームとかででてくるとめっちゃむかつくー
- コメント(0) - 2015年11月14日

さまざまなパズルを題材に,「そもそもこの問題は解けるのだろうか?」というメタな問いを考えていく.チューリングマシンを用いた決定問題が主題.とはいえ詳細に立ち入る形ではなく,あくまでカジュアルに様々なパズルから数学的な世界の片鱗を覗いてみよう,という印象/ ちょうどオライリーのアンダースタンディングコンピュテーション読んでいて,そちらで学んだ決定問題について,パズルの世界から体験できたのが楽しかった
- コメント(0) - 2015年8月16日

たくさん問題が載っていて面白かった。問題は考えさせられるものばかりで難しかったが不可能ということを示すものでは答えを見てそうやって証明すればいいのかと驚いた。
★1 - コメント(0) - 2015年6月22日

難しいが、おもしろい
★1 - コメント(0) - 2015年5月2日

チューリングマシンって絶対どこかで勉強したけど、何だったかな?から始まった一冊です。数学~物理学の分野とか音楽とか、全く出来ないけれども学問として純粋に好きな分野があってこれは丁度その分野でした。パズルについては頓珍漢な答えを序盤から連発してしまったけれど、数学的に美しいというのは一体どういう事か、とか、ゲーム理論的な物の考え方、とか少しは分かった様な気がしました。15パズルとか油算とかは結構理解できたので、自信が持てそうです。最後のイミテーション・ゲームは面白い様な悲しい様な、複雑な気持ちで読みました。
★44 - コメント(0) - 2015年4月25日

この本を読んでわかったことは、あるパズルが解ける問題か解けない問題かという分析ついて、自分自身あまり興味が無いという事実だ。私にとっては自力で解けるパズルか、解答を見てもちんぷんかんぷんな難解パズルのどちらしかない。それから、認証手続き時に時々歪んだ文字を見て、そのとおりに入力せよという指示をよく見かけるが、これを「逆チューリング・テスト」と呼ぶということをこの本で初めて知った。
★10 - コメント(0) - 2014年9月6日

読んでいる間、ずいぶん頭をひねくり回しました。数独やウロスワードパズルでは飽き足らなくなっていたので手に取りましたが、歯が立たない問題もあり、読後も消化不良ぎみです。但し巻末のチューリングの「解ける問題と解けない問題」など、分からないなりに充実感のあるものもあり、再挑戦したい本です。あえて注文すれば、もう少し丁寧な記述と分かり易い言葉づかい(厳密さを要求したからか、門外漢の私には理解しにくいものがありました)があるとベターだったと思います。
★4 - コメント(0) - 2014年6月11日

各種の有名なパズルについて、そのパズルの問題に解答があるのかないのかを判定する方法というのを考察するちょっと変わった一冊。後半はパズル自体は興味深かったものの、普通のパズル紹介になってしまっている気が。もうちょっと一つ一つの考察が深いものを読みたかったな、と思う。
★3 - コメント(0) - 2014年6月10日

面白い。入門書として良い。
- コメント(0) - 2014年6月1日

パズルが解けるのか解けないのか、それを判定する方法は有るのか無いのか。15パズルやルービックキューブなどおなじみのパズルから一般的な話まで、楽しく考えながら読めました。
★1 - コメント(0) - 2014年4月18日

現役の頃なら楽しめたかも。
- コメント(0) - 2014年2月27日

大半はどこかで見かけたパズル(多湖輝「頭の体操」風)でちょっと退屈だったが、「期待値は期待できない」のあたりから俄然面白くなった。答えがない問題の判断法、逆に答えがないという現実から推論して正しい答えを導き出す方法など、ちょっとしたヒントにはなるかも。★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2014年2月23日

★★★★ よくあるパズルを一歩掘り下げた感じでなかなか面白かった。 筆者の考えに賛同できないところも多少あったけれど期待以上の内容だった。
★1 - コメント(0) - 2014年1月17日

難解パズルの解き方、パズルが解ける条件、の見極め方、があるかないか。正しい生き方なんてあるのか、その解法を導きだせるのか。哲学書と同時並行に読むと脳がパンクします。
★1 - コメント(0) - 2014年1月14日

好き。
- コメント(0) - 2013年12月9日

良い本。
★1 - コメント(0) - 2013年12月3日

今読んでいるみんな最新5件(5)

03/26:tototo
11/24:ウエノ
04/08:nakitsu

積読中のみんな最新5件(3)

06/20:森野進
08/26:にゃー
12/08:車輪

読みたいと思ったみんな最新5件(42)

04/28:もち
03/16:うに
チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題の 評価:100 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)