時空ドーナツ (ハヤカワ文庫SF)

時空ドーナツはこんな本です

SF

時空ドーナツはこんな本です

SF

時空ドーナツの感想・レビュー(40)

ルーディ・ラッカーの処女作らしい。確かに『時空の支配者』や『セックス・スフィア』で描かれた「別の次元を認識するとはどういうことなのか」ということへの原点になっているところも感じられた。あと、解説の循環スケール理論の説明がとても分かりやすい。
- コメント(0) - 2016年12月27日

ロックなアナキストがドラックキめこみ色即是空と, いかにもなヒッピー文化の匂いが漂うサイバーパンク. と思って読んでたら, 解説によると書かれたのは1950年代とあってあらビックリ. 流石に50年台はまだヒッピー文化はなかったか. 個人的には, の極小から極大へのスケールの循環という本命のアイディアより, 知性は非論理にこそ宿るというアイディアの妙な説得力が心に残った.
- コメント(0) - 2016年11月16日

98年の本体620円の初版。カバーは横山アニメで、邦題と相まって手の出なかった一冊。大森訳が吉と出るか凶と出るか今回トライ。カバーの雰囲気だけではハチャメチャかと思えるが、著者ラッカーは数学者で、少なくとも本書は時折想像しがたい描写の入るエンターテイメントハードとでも言うべき3部構成の作品だ。主人公たちは無限に縮まっていく。その過程はとても面白く、一応の結末が出たと思った処がまだ本書の半ばで驚きあきれる。3部から現状打破のコントラ活動になるが、自分ならその件を応援したいかなぁと疑問にも思う。★★★★☆☆
★6 - コメント(1) - 2016年9月22日

展開がコロコロ変わって、ドウシテコウナッタとなることが多々。古臭い感じはどうしても抜けないけどまあまあ楽しめた。
★1 - コメント(0) - 2013年11月2日

再読。実は最初に読んだラッカー作品がウェアシリーズだった所為か、この処女作は割と真っ当(おい)だなという感想を抱いた時点で、やっぱりラッカーって、とんでもなくぶっ飛んでる作家だなと(笑)理系脳って、文系の私には絶対出来ない思考なんだろうなーと思いつつ、余り細かいことに目くじら立てずに楽しんじゃった者勝ちっていうのが、ラッカー作品の基本的な楽しみ方なんじゃないかと思うわけです。
★3 - コメント(0) - 2013年6月15日

fuckfuck言ってんじゃねー(怒)まあ、作品として良くできていて、面白かったから特別に許す。第5次元とはもののおおきさであるという解釈は面白い。一円玉一枚に2.6×1022個の原子がありその中身にはいったいいくつ並行世界があるのやら…夢が広がります。
★2 - コメント(0) - 2012年5月12日

もし仮に物体を無限に小さくできるとしたら、果たしてその無限の先には何があるのか? という単純な疑問から本書のストーリィは進んでいく。それを見出すためにドーナツの穴の中で無限小を目指して進んでいくと・・・。その理窟は物理学の素養がないせいか、完全に理解出来たとは思えないが、この作品が面白いことは分かった。
★2 - コメント(0) - 2011年4月15日

フランク・ザッパ(と、ストーンズ)からインスパイアされた、三部構成の超空間物理サイバーパンクSF処女長編。時空ドーナツ理論はある意味【万物同サイズの法則】かも。ミクロの世界からマクロの宇宙まで旅する第二部のイメージのめくるめく氾濫や、 巨大なネットワーク知性が大暴走しててんやわんやな第三部終盤の、時空/時間流をジャンプする展開は凄まじい。専門用語の連発に加えて、カオスでぶっ飛んだ内容に面食らわせられつつも、グイグイ読ませる手腕はやっぱり魅力的。フリークアウトする面白さ。
★6 - コメント(0) - 2011年2月10日

めちゃくちゃごきげんな元祖サイバーパンク/ラジカル・ハードコアSF。ドーナツ理論のバカっぷりを楽しみつつも「ぐるっと循環するだけ?」とちょっと物足りなく思っていたら、3部構成の第3部に入ってからのアナーキーっぷりにびっくり、最高。
★1 - コメント(0) - 2010年7月5日

誰もが子供のころに考える無限大と無限小のループというアイデア。問題は境界がどうなっているかだがそれは読んでのおたのしみ。ホワイトライトでゲーデル出なかったのはやはり知り合いを出しづらかったから?
- コメント(0) - 2009年11月26日

サイバーパンクかと思ったら急にスケールが小さく、と思ったら大きくなって最後は分け分からん感じで終わってしまった。 最近重いのが多かったのでこの手のSFもっと読もう。
- コメント(0) - --/--

★★★★ 原文が悪いのかわたしの頭が悪いからかはさだかではありませんが、プロローグの1ページ目(p15)からいきなり、書いてあることの意味がわからなくてつまづいてしまいました。(長官のスピーチのところ)
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(3)

02/10:半殻肝
05/30:hika
07/04:nnnenk

積読中のみんな最新5件(7)

09/18:未然
01/04:ぺこ
01/03:ばやし

読みたいと思ったみんな最新5件(27)

11/24:まーも
11/12:RYO!?
09/23:りー
09/23:がんつん
09/22:空箱零士
時空ドーナツの 評価:65 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)