地球帝国秘密諜報員―ドミニック・フランドリー (ハヤカワ文庫SF)

地球帝国秘密諜報員―ドミニック・フランドリーの感想・レビュー(26)

久しぶりのポールアンダーソン。いい感じのクラシックスペースオペラですが、タイトルはいかがなものか。主人公、秘密諜報員のわりには派手すぎ。活躍の5割くらいはチャイヴズのおかげだと思います。いや、主人公クールでカッコいいんですけど。
- コメント(0) - 2016年10月25日

おもしろいけど、軽い。主人公フランドリーあってこその存在感だけど従僕チャイヴズの方がかっこいい気もする。毎回違った美人が登場してフランドリーに惚れるのがまさに007みたいな感じ。しかしフランドリーってなんか鼻につく感じで魅力を感じないのだが。1話目で初見の未開人だったスコーサ人が4話目では地球軍にいるのがちょっとうれしい。
★1 - コメント(0) - 2014年6月23日

フランドリーって何歳なんだろう? 続編は出版されているのかな?
★1 - コメント(0) - 2013年5月19日

誰もが書いているように宇宙を舞台にしたSF版007。シリーズものなので、ぼくがポール・アンダースンに求めている唖然とするようなアイディアと展開の凄さはない。ただし、ポール・アンダースンお得意の〔負け戦とわかっていても、少なくとも負けをできるだけ先に延ばそうと重荷を引き受け、苦闘する主人公〕はあって、それは気持ちいい。
- コメント(0) - 2011年9月28日

N
素敵なSF。
- コメント(0) - 2011年7月1日

うーん。この古臭さはどこから来るんだろう。ヴォクトの非Aとかと同じ匂いがする。批判じゃなくて、自分が何を持って同一性を感じているのかが不思議。
- コメント(0) - 2010年4月24日

まさに宇宙の007。でも007より前に発表されたらしい。ドミニック・フランドリーの話はシリーズでたくさん出てるらしいけど日本語訳されたのはこれ1冊だけ。シリーズの他の作品も日本語訳で出て欲しいな。
★1 - コメント(0) - 2009年6月30日

Ta
スペオペ007かーと思いつつ短編さくさく読んで、ラストの長編で大満足。この順番で読めて良かった。そして訳者あとがきで「スペオペ007」の真実を知る・・・ニヤリ。
- コメント(0) - 2008年9月19日

ポール アンダースン、こんなのも書いてたんだ。007的御都合主義スペース・オペラなんだけど、そこはポール・アンダースン、ひとひねり加えてくれる
- コメント(0) - 2006年2月24日

う~ん。お約束で、ご都合主義な展開なんだけど、あれ? あれあれあれ!? 面白いぞ! スヘオペは基本的に敬遠気味だったんだけど、もしかして、俺、スペオペ好きなのか!?
★1 - コメント(0) - 2006年2月3日

★★★
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(3)

04/15:たかみ

積読中のみんな最新5件(7)

02/19:
05/28:ぺこ
02/26:FaianchCha
01/05:たかみ
06/24:ハジ

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

03/25:
01/17:みしま
地球帝国秘密諜報員―ドミニック・フランドリーの 評価:85 感想・レビュー:11
ログイン新規登録(無料)