コラプシウム (ハヤカワ文庫SF)

コラプシウムの感想・レビュー(29)

3月5日:可分迫雨弁
1月5日:tarohana
2014年5月23日:Kara93
2012年7月11日:yaemon1950
2012年7月6日:red-fox
2012年1月15日:半殻肝
The Queendom of Solの一作目。邦題は崩壊子から成る極めて堅固な結晶構造体のことで、主人公ブルーノの発明品。表紙絵はあぶなかったよ・・最近のハヤりなの? 本編は読んでいて、マッカンドルーを連想した。途轍もない質量の物質を途轍もない使い方をするってとこ。ファクスの機能は凄過ぎて、時を経れば国民が王国に従属する必要がなくなるかも。さて、主星の危機にブルーノは・・こういうの、SF魂を揺さぶるから大好きだけど、話に無駄が多いような。ソーヤーとも違うけど、そのサービス精神に★4つ。★★★★☆☆
- コメント(1) - 2011年8月15日

女の子のカバー絵に騙されるな!というただ一点だけで語り継がれてきた一冊。中身も言われるほどハードSFではなく、あとがきに有るように、SFガジェットを魔法に置き換えて読むべき。太陽系を破滅させるような大惨事も天才が一瞬にして解決!すこしはその解決策に至るまでの思考過程を描いたらどうか、とも思うんだけど。
★2 - コメント(0) - 2011年6月30日

 表紙絵にあるのは、ヴィヴィアン・レイモン捜査局長。描写によると、こんな人。 …学校の制服のようなものを着た、少女だった。ベージュのソックス、黒の靴。その目は──左目はVRモノクルになかば隠れているが …10歳か11歳くらいに見える。思春期の入り口といったあたりだが、体型はまだ幼い少女のものだ。だがその物腰や態度や足取りは、年齢にまったく似合っていなかった。… しかしこのキャラは登場人物の中では4番手以下の役どころなんですよね。萌えキャラで売ろうという安直な方針ですか、早川書房さん。情けないよ?(笑)
- コメント(1) - 2010年1月7日

SFの設定がしっかりしていて読み応えがあった
- コメント(0) - 2008年7月4日

2008年5月26日:Z03
2007年7月4日:伊能
2006年8月26日:duran-t
カバーイラストはあれだが、中身はしっかりしたSFだった。ちょっと拾い物をした気分。
★1 - コメント(0) - 2006年8月12日

2006年5月19日:はあびい
2006年5月17日:Atori
2006年4月19日:ALEX
出てくるSFガジェットの説明は全てハードSFで全く理解できず。コラプシウムがどういうものなのか、さっぱりわからん。その反面、ストーリーはラノベっぽいと言うか、昔のスペオペのノリかも。超スーパーエネルギー! みたいな感じ。けっこう面白かったです。ただ、3部構成のうち、2部まではよかったんだけど、どうも3部に入ってから飽きてくる。なんか繰り返しなんだよなぁ。表紙のツインテールは2部に出てくる脇役。ただ、その設定はかなり立っていて、これでおしまいはもったいない。
★2 - コメント(0) - 2006年3月30日

--/--:可分迫雨弁
--/--:a
素粒子論まで踏み込んだ「懐かしの未来」って感じか?
- コメント(0) - --/--

登録漏れ。表紙が話題だが中身は濃い。続編が気になるが翻訳されないか……
- コメント(0) - --/--

--/--:ココナッツ
--/--:てゅん
--/--:けるぴー
--/--:kariya

今読んでいるみんな最新5件(4)

05/03:ひたかん
12/28:半殻肝
06/30:driftglass
12/07:opoip

積読中のみんな最新5件(7)

06/13:おーえす
05/28:ぺこ
12/18:kou

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

01/11:tnrsm193MFU
05/26:Ai
08/03:sataoko
09/07:lotta7
コラプシウムの 評価:62 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)