ブラッド・ソング2 戦士の掟 (ハヤカワ文庫FT)

ブラッド・ソング2 戦士の掟はこんな本です

ブラッド・ソング2 戦士の掟はこんな本です

ブラッド・ソング2 戦士の掟の感想・レビュー(36)

1巻が面白く2巻も発売してすぐに買ったのに中々読めず時間が空いた結果、前の話をかなり忘れていた、という失態はありましが、やはり面白い。本来のボリュームでいう中巻ということで次に繋がる一冊かな、という印象。次も早く読みたいです…と思ったのですが、全然刊行の気配なし…これはちょっとまずいかも…。
★12 - コメント(0) - 2016年7月16日

騎士見習いの少年達が成長して、段々血なまぐさい世界に巻き込まれていくのだろうと感じさせる所まで来ています。次は……まだ出ていない?
★4 - コメント(0) - 2016年3月3日

☆7 面白いし、巻が続くほどに魅力が増していくが分かりきっているからこそ、次が読めないのでもやもやする。いっそ完結するまで待ってから読めばよかったかもと思うほどでもあるけど、次が出たらすぐに買うだろう。
★12 - コメント(0) - 2015年9月23日

続刊出てほしい…、シェリーン萌え。王様無敵過ぎ[A+]
★2 - コメント(0) - 2015年8月13日

「血潮が歌う」ヴェーリンはセオルダーにそう言われて、生存本能だと返します。騎士団のブラザーたちの前に立ちはだかる試練の数々。ヴェーリンは剣の才能がどんどん高みに、そして彼に対する称賛も高くなる。剣の試練の時に対峙した相手の家族の庇護を王に直々に願ったため、王の持ち駒とならざるを得なかった苦悩。そして与えられた使命のために味方にも秘密を抱えるヴェーリン。「1」より身も心も大きくなり、また深くなり回りが変わる。そして父の過去も母の過去もわずかではあるけれど知って大人になっていくヴェーリンでした。
★3 - コメント(0) - 2015年6月11日

早く3巻読みたい……。
★2 - コメント(0) - 2015年4月15日

滅亡したとされる第七騎士団の暗躍。邪悪な魔術。様々な人々との出会いと別れ。望まぬ汚れ仕事を背負い込むことになった主人公の姿が切ない。幕間の現在パートでの主人公と語り手との掛け合いが可笑しくてちょっと和む。
★2 - コメント(0) - 2015年4月7日

 さすがに「氷と炎の歌」と比べると、スケールも権謀術数も小振りだけれど、男の子としては、こういうの好きだなぁ。何が起きているのか、まだ全体像は見えないけれど、さらに面白くなってきた。
★8 - コメント(0) - 2015年4月4日

中巻なので盛り上がりにかけるけど、一気に読める面白さ。描写がうまいのか、会話がうまいのか引き込まれる。
★2 - コメント(0) - 2015年3月30日

一巻では子供だった訓練生たちが、たくましい青年に成長し、ヴェーリンは王命により異例の出世をする。無実の人を殺した代償に無実の人を殺す契約を結んじゃうのはなんだかなあ。どんどん袋小路にはまっていきそう。一冊の本を3分冊した中巻なので、伏線や登場人物を忘れてしまっていた。分冊するならせめて一気に出せばいいのにな。とても面白いのにたった300ページにされてしまうなんてもったいない。
★3 - コメント(0) - 2015年3月24日

Ebi
謎の陰謀といい王様といいヴェーリンがとにかく周りに振り回されているように感じる巻。その中で自分の意志を貫いたりしても、結局は手のひらの上だったり。残りの一巻で、一巻冒頭のシーンまで行くのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2015年3月21日

今読んでいるみんな最新5件(3)

02/10:イオ
09/08:miruz444
03/21:よきかな

積読中のみんな最新5件(11)

01/09:ふぃすか
03/03:hirune otoko
11/09:たろいも
05/30:zou

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

02/13:suicdio
10/16:七生子
08/30:白蟻
01/05:ペスカ
05/04:まーも
ブラッド・ソング2 戦士の掟の 評価:61 感想・レビュー:11
ログイン新規登録(無料)