新・冒険スパイ小説ハンドブック (ハヤカワ文庫NV)

新・冒険スパイ小説ハンドブック (ハヤカワ文庫NV)
505ページ
131登録

新・冒険スパイ小説ハンドブックの感想・レビュー(55)

同時期に出た各ジャンルのハンドブックと比較すると他社作品に触れている割合が格段に高くてジャンルの総括が一番できている印象。レビュー内容はなぜそこを大絶賛しているのかよく判らないポイントが多くて落胆する中、特異な作家としてロバート・リテルが気になったんだけれども、ほとんどがカタログから消えていてさらに落胆。
★1 - コメント(0) - 1月11日

このジャンルはあまり詳しくなくて、未読の名作が幾つもあることを知った。近所の書店に行ったが案の定、ほとんど置いてない。「架空の」とされた全集をリアルに出版してくれると嬉しいのだけど。
★3 - コメント(0) - 2016年8月27日

読んでみたいと思った作品は、コリイ・ドクトロワの「リトル・ブラザー」、チャールズ・マッキャリーの「暗号名レ・トゥーを追え」、イアン・フレミングの「007/ドクター・ノオ」、ジョン・ル・カレの「寒い国から帰ってきたスパイ」「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」、グレアム・グリーンの「ヒューマン・ファクター」「ハバナの男」の七作品。
★3 - コメント(0) - 2016年7月24日

徹夜本の数々。まだ読んだことのない本や、繰り返し読んだ本も。掲載本もさっそく読んだら、飛んでもなく面白本でした。「深夜プラスワン」「鷲は舞い降りた」また読まなくっちゃ!
★3 - コメント(0) - 2016年4月16日

永久保存版的内容。まずは「貝殻一平」(吉川英治著)が読みたい。
★32 - コメント(0) - 2016年3月2日

☆☆☆
- コメント(0) - 2016年2月11日

ほぼ読んだことがないのに驚きです。読んだことあるのもミステリ寄りだったりSF寄りだったり古典よりだったり一般小説よりだったりと直球物は読んでいないことに気づきました。ノーマークだったこのジャンルをこの本とともに切り開きたいと思います。
★14 - コメント(2) - 2016年2月8日

面白そうな本がたくさん載っており、これからは少しこの本に載っている冒険小説を読みたいと思います。
- コメント(0) - 2016年1月31日

だいぶ前に、内藤陳さんのお薦めに従ってわくわくしながら冒険小説を読んでいたことを思い出して楽しく拝読しました。これを機にまた読み始めようと。お薦め致します。
★5 - コメント(0) - 2016年1月27日

半年ほど前の「月村了衛の冒険小説愛」というハヤカワのフェアのラインナップを見て以来、本ジャンルが気になっていた。そこで本書の刊行は実にタイムリー。この種のハンドブックも好物で、これから何に手をつけようかと、早速amazonで物色を始めたところ、なんとまあ絶版が多いことか。本書の藤井大洋氏のエッセイに「物語の寿命が今より長かった時代に…」という一文がある。かつてほど本ジャンルの作品が注目されなくなった理由の一つだろう。しかし、本書で紹介された名作群は今でも楽しめるはずだ。さあ買い集めなきゃ。
★6 - コメント(2) - 2016年1月25日

子供のころに読んだことがあるけど価値もわからずどこかに行ってしまった本も多数あり。そういう本に限って絶版になっていたりするので残念。早速読んでいないくて容易に手に入る本から仕入れてきました。題名は知っているけど購入する気にならなかったものも多数あるのでしばらくは楽しめそう。早川は上手い商売だな。また古本屋さんのお世話になるしかないか
★5 - コメント(0) - 2016年1月20日

旧「冒険スパイ小説ハンドブック」は、確か、翻訳本のみを取り上げていたと思ったが、新「冒険スパイ小説ハンドブック」には、ちゃんと日本人の作家の作品も取り上げられています。最近は少なくなってしまった冒険小説だけど、やっぱり私の読書の原点です。
★7 - コメント(0) - 2016年1月18日

冒頭の座談会が全く不要。本書で紹介する作品を5人の書評家が選出していく際の過程なのだが、いい大人が、きゃっきゃとはしゃぎながら結構軽いノリなので、読んでるこちらは逆に醒めてしまった。また、その他のコーナーとして、内外の名作傑作の作品紹介、日本人作家が読者の立場で書いたエッセイ、書評家による作家論の部があるが、内容が相互に被ったりしていて、イマイチな編集と感じる。結論、本書を読むなら作品紹介の部だけで充分。
★6 - コメント(0) - 2016年1月17日

冒険というクライシスやアクションを通じ人々は何を勝ち得ようとしたり、あるいは守り抜いてこようとしたのか?前半部は冒険小説の選り抜き紹介でしたが、後半部の冒険小説についてのエッセイもなかなか興味深いです。
★4 - コメント(0) - 2016年1月16日

まま良いんですよ…凄く期待してて実際がっついて読んだし。ミステリマガジンの特集からてっきりサブだと思ってた全集企画、これメイン・コンテンツなんですね^^;。だとすると、各巻3作で20巻+別巻2+推薦作35…て、あまりにもこなれてなくね?構成は既刊のSF、ミステリHBのほうが断然お上手。次郎さんダダこねてグリーニーに1巻よこせとか言ってるしw。”いま読んで面白い”って謳ってる割には前回ハンドブック同様ど定番の古典作品が殆ど。「新」じゃなくて多少作品の出し入れして[改訂版]で良かったのでは…楽しかったけどね。
★28 - コメント(2) - 2016年1月12日

このジャンルに関してはほとんど読まずに来たので大歓迎のガイドブック。タイトルだけは知っていた本、存在を知らずにいた本、とにかく面白そうなものが勢揃い。識者(北上次郎・霜月蒼・関口苑生・古山裕樹・吉野仁の各氏)による「架空の冒険・スパイ小説全集全二十巻をつくる」企画では、収録作及び推薦作全百冊を選び紹介・解説。更にエッセイ・作家論(これが良かった!)・映画論を付してなかなかのボリューム。触れられる作品それぞれへの執筆者の思い入れや愛が感じられる文章が総じて心地よい。さあ、どれから手に取ろうかな♪
★47 - コメント(0) - 2016年1月12日

読んだことのない作者のものも多く、ぜひ読んでみたいと思わされる作品が多いが、Amazonで検索してみると絶版ものがかなり含まれていた。作品紹介のページに絶版かどうか書いてあるとさらに良かったと思う。
★9 - コメント(0) - 2016年1月12日

書店でパラパラめくってたときは割と面白そうと思ったので購入してみましたが、いざ読んでみるとなんか残念仕様でした。とりあえず冒険小説と言われている作品を載せとけっぽい雰囲気。書店で見てたときは邦作も入ってたので興味湧いたのですが、ぶっちゃけ中途半端。これなら、海外ものに絞った方がよかったです。
★7 - コメント(0) - 2016年1月11日

「架空の冒険・スパイ小説全集」をチェックしたら37冊既読。作品解説は、各執筆者に愛や思い入れがあってよろしい。国産作家を取り上げてるのも旧ハンドブックとの違いですな。ただし!現在、気概を持って冒険小説を書いている樋口明雄の名が出てこないのはどういうことだ。収録の作家陣のエッセイは良かったが、作家論は読んだことがあるものが多く少し残念。月村了衛の「鷲は舞い降りた」推しが熱い!思わず読み返したくなったぜ。なのに別項で志水辰夫が、臭くて読めなかったと書いてるのに笑ってしまった。これを機会にいろいろ読んでみよう。
★95 - コメント(0) - 2016年1月11日

歴史や変遷などに言及するわけでもなく「架空の冒険・スパイ小説全集全二十巻をつくる」ということで北上次郎氏の軽~いノリとゴリ押しで決まった、ラインナップに解説が付く。ラインナップには平然と入手困難な本も並ぶ雑なツクリという印象を受けた。比べるということをしたくないけど、「読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100」や1992年刊行の「冒険・スパイ小説ハンドブック」のほうが読者のことを考えて作られていると感じた。期待が大きかったのだろうか、せっかくの企画なのに、とても残念。
★65 - コメント(2) - 2016年1月10日

未だに正月疲れを引きずっておりまして…なかなか読書できません~(泣)。 それなのに、こんな本を買ってしまって、自分で自分の首を絞めているかな(笑)。 でも、買って良かった!! 国内外の傑作を選ぶ座談会やエッセイ、作家論まで充実した内容で大満足!!! 紹介されている100作品中、既読は25作品。 う~ん…まだまだ「読まずに死ねるか!」作品が多くあるのね~。 バテている場合ではないわ(笑) ☆
★34 - コメント(0) - 2016年1月10日

今となっては細かい部分を忘れてしまっている作品も多いけれども、「そうだそうだ、こんな話だったよなあ」と懐かしかったり、当時のいろんなことも併せてあれやこれやと引きずられるように思いだして妙に面映ゆくなってしまったり。作家論では、田原さんとはっちゃんの解析が流石。志水さんのライアル論も、ライアルを語りながら志水作品を自己分析しているような面もあり、それがとても興味深かった。 総じて、非常に優れたガイドブックだと思います、はい。
★5 - コメント(0) - 2016年1月10日

コレはいいデス。昨年出たミステリハンドブックは値段の割には読み応えはなかったけど、これはコストパフォーマンスに優れて、何度でも読み返してバイブルになりそうです。
★28 - コメント(0) - 2016年1月9日

今読んでいるみんな最新5件(10)

09/20:猿渡基治
02/26:xanth
02/17:knm296
02/12:Moritake
02/04:rara

積読中のみんな最新5件(24)

11/18:pangea74
09/05:masako
04/23:つちのこ
02/13:furu shin

読みたいと思ったみんな最新5件(42)

03/08:keey
10/11:440
10/02:よしどん
新・冒険スパイ小説ハンドブックの 評価:87 感想・レビュー:24
ログイン新規登録(無料)