ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-4))

ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫を読んだ人はこんな本も読んでいます


ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫の感想・レビュー(43)

図書館で普通のミステリー小説かと思って適当に選んできたら、まさかのゾンビ物。読まずに返そうかと思ったけれど、読み始めたら止まらない。展開も早くて、登場人物もそれぞれ個性があって面白かった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月17日

最近流行りのゾンビものだけど、虫嫌いの人にはおすすめできない小説。
★1 - コメント(0) - 2016年12月12日

帯に「クーンツも顔負け」とあったが、まさにクーンツかキングかといった小説。ゴキブリがたくさん出てくる。ゴキブリ苦手な人にはより一層怖い本だろう。
★17 - コメント(0) - 2016年8月30日

「変貌」物で思っていたのが、彼らは記憶がないのか、それとも感情が変わったのかということ。例えば吸血鬼に血を吸われて吸血鬼になったとする。で、友人や家族と会う。記憶がないなら別に何も感じずて襲いかかるだろうが、記憶があるなら? 普通は被害者の視点でしか描かれないから、変貌した人の内面はわからないので、すごくそれが知りたかった。途中で変貌した人の視点で書いてあって、自分の変貌していく心理を冷静に分析している小説、なんていうものがあったらと思っていたら、これ。のちに小野不由美「屍鬼」なんかでも出てきたけれど。
★2 - コメント(0) - 2014年1月5日

ゾンビ物+オカルト系のスプラッタホラーのはずがかなりスピーディーで読みごたえがある 
- コメント(0) - 2013年8月10日

再読。前回読んだ時は、作者が女性と知らず、今回改めて読んで、女性の持つ繊細さが微塵も感じられない、いい意味で強すぎる作品だと改めて思った。ビッグ・Tとウィルコックスが好きだわ~。このまま続編を楽しもうと思う。
- コメント(0) - 2013年4月8日

アメリカ。メキシコに程近い砂漠の中にある街。ゴキブリの異常発生。少女の死体。何者かに食われたような凄惨な。田舎町に未曾有の事件。ゾンビゾンビそしてゾンビ。意外に素早い。主人公は少年二人+インディアンの血を引く地元警察官+ベトナム帰りの老人+FBIの捜査官等。ゾンビゾンビの超B級ホラーかと思いきや意外にも魅力的な登場人物と、序盤から出し惜しみ無しのハイペースな展開にハラハラしながら少しずつ読み進めた。Sキングの作品かと勘違いするほどの読み応え、ってのは褒め言葉になるだろうか。御節の如く新年から腹一杯でした。
★1 - コメント(0) - 2012年1月6日

かなりぶっ飛んでる。出てくる人物が結構魅力的。こういう本好きだなぁ。
- コメント(0) - 2011年12月21日

中盤からのはじけっぷりがいい。こんな楽しいスプラッタ初めて
- コメント(0) - 2011年5月21日

スティーヴン・キングマニアが書いたリチャード・バックマン名義のゾンビ小説といったところか。嫌いじゃない。
- コメント(0) - 2011年4月9日

2009年11月17日読了
- コメント(0) - 2009年11月17日

ゴキブリがゴキブリが来るよ
★1 - コメント(0) - 2007年8月27日

☆☆☆
- コメント(0) - 2000年1月6日

1999年10月25日
- コメント(0) - --/--


- コメント(0) - --/--

1998年5月31日
- コメント(0) - --/--

TENEBRES SUR JACKSONVILLE
- コメント(0) - --/--

19980430 ”今は1994年よ、ニンニクだってフリーズドライのものしかないのよ。”
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/31:歩月るな
05/12:かもこ

積読中のみんな最新5件(6)

03/06:正位置
06/13:ハジ
03/30:まーたろ

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

08/13:プー
03/24:K・J
09/07:さといも
08/15:リップ
08/22:kick
ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫の 評価:84 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)