追跡者たち(上) 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

追跡者たち(上) 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕の感想・レビュー(25)

流血のサファリの9ケ月後の話。夫と息子に精神的虐待を受け家出し、政府関連のジャーナリストとなったミラ。彼女を助けるかなんかでレマーが出てくるのかと思いきや、違う話で登場。レマーが出てくると俄然面白い。最後レマーとミラの話がリンクし下巻へ。
- コメント(0) - 2016年9月14日

前半はだいぶモタモタ。クロサイの密輸あたりからやっと物語が動き出してきたわ。まだ上巻だかでは話が見えない。まぁとりあえず下巻に行く。
★31 - コメント(0) - 2016年3月22日

2016年1月24日:半殻肝
同じ作者の『デビルズ・ピーク』が大変面白かったので、期待感満点で手に取りました。
★1 - コメント(0) - 2015年5月3日

tom
「流血のサファリ」の続編のような本。上巻は、とりあえず面白いかも。で、下巻に突入したわけですけど、ここで挫折してしまった。場面転換が激しすぎて、そのたびに登場人物も全部変わってしまう。私の痴呆頭では、この場面転換について行けない。物語はタラタラと進行する。読みながら、うたた寝を繰り返し。こんな本、ダラダラ読んでいたら時間の無駄と、下巻を読み通すことを諦めました。挫折本です。上巻を読み終えて、下巻で挫折するなんて、ほんとうに久しぶりのことでした。南アフリカの雰囲気を教えてくれる本なのですけどね。
★11 - コメント(0) - 2015年2月2日

2015年1月14日:GOTI
2014年4月12日:Panzer Leader
感想は下巻に
★2 - コメント(0) - 2014年4月3日

2014年1月6日:ヒサヒサ
アパルトヘイト廃止後の南アフリカの社会問題を、題材に詰め込むだけ詰め込んだ感じ
★2 - コメント(0) - 2013年11月29日

2013年9月18日:Emew
2013年9月9日:achaman
2013年9月8日:草太
2013年8月11日:桜草
粗筋からして面白そうだと食い付く。今のところ一番食いついた主婦の諜報活動?は殆ど出てこない。でも話はかな〜り面白い!読みやすいし、例のブツの隠し場所なんてビックラこいた。ただ…アフリカ近辺の知識がないせいか、利害関係、対立構造がイマイチこんがらがって大変。独特の名前も色々呼び方があって結構混乱するかな。これから主婦本願となるのか、予兆を感じつつ下巻へ…
★5 - コメント(0) - 2013年8月2日

2013年7月18日:Uncle Whitestone
2013年7月11日:ヨコヤマ
昨年「流血のサファリ」を読んでから、なかなかいいなぁと思っていた作家だったので、また出会えたのはうれしい限り。大きく分けて二つの物語が語られ、それぞれに面白いが、どんな風に収束するのか、についても興味が尽きない。
★4 - コメント(0) - 2013年7月2日

2013年6月30日:みゃーるす
2013年6月29日:三門 優祐
2013年6月28日:まーうー
2013年6月23日:ばば りこ
--/--:kunihiko

今読んでいるみんな最新5件(10)

03/22:ケージー
03/17:goro
01/07:GOTI
12/27:ヒサヒサ

積読中のみんな最新5件(6)

06/12:ライデン
12/17:GOTI
04/07:winder
07/02:にゃー

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

11/11:言音
10/11:あかり
10/11:fff
04/11:Sato
12/14:GOTI
追跡者たち(上) 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕の 評価:64 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)