日本SF全集・総解説

日本SF全集・総解説
309ページ
76登録

日本SF全集・総解説はこんな本です

SF

日本SF全集・総解説の感想・レビュー(45)

「架空」の日本SF全集の総解説、という体裁をとった日本SFブックガイド。労作という言葉がこれほどふさわしい本もないだろう。星新一から大原まり子まで、四十三作家を選び出し、著作を読み尽くした上で全集に収めるべき作品をコメント付きで選出していく。選ばれている小説は、新品では手に入らない場合も多く、普通に書店に寄って棚を見ているだけでは出会えない可能性が高いことを思えば、本書のような「地図」の有用性は際立つといえる。この本をたよりに大きめの図書館を活用すれば日本SFの歴史を辿る道が拓けるのだから。恐るべき本。
★18 - コメント(1) - 1月4日

これは良書。最近SFを読み出した自分にとっては、かなり参考になるSFガイド案内の本だ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月19日

総解説はあるのに肝心のSF大全自体が存在しないなんて…殺生な!しかしこれは素晴らしいSFブックガイドだ。SF作家にしてポルノ女優な鈴木いづみさんなんて本書で初めて知りましたよ。収録作のラインナップも素敵で、筒井康隆『堕地獄仏法』と横田順彌『火星人類の逆襲』があるのが嬉しい。タイトルから内容が全く想像出来ない梶尾真治『怒りのザーメン』と高千穂遥『変態の方程式』が気になりまくりで読みたいけど、全集は存在しないしこんな古いSFどうすれば読めるんだ…殺生な!
★5 - コメント(0) - 2016年3月7日

架空の全集の解説本という形式のブックガイド。単純にブックガイドとしても面白いのと同時に、日本SFの歴史のおさらいも出来る内容で、とにかく読みたい本が増えて増えて危険な一冊でした。読みたい本を探している人におすすめ。姉妹企画のアンソロジー「日本SF全集」の続刊も楽しみにしております。
★16 - コメント(0) - 2015年9月17日

【図】SFの入り口は『日本SF短編50』『日本SFベスト集成』『NOVA』など最近刊行のものが多いので、第三世代には知らない人もちらほら。読みたい本が増えた。星新一のセレクトには軒並み同意だけど、小松左京はちょっと違った。『霧が晴れた時』の収録作が好きなんだけど、ホラー色が強いから除外されたのかな?
★2 - コメント(0) - 2015年4月29日

パラパラめくって、拾い読みするのが凄く楽しい。SF出戻りなんでとても参考になる一冊です。第1期の作家たちはもうリアルタイムでしたから、感涙ですね。気になったのは、ジャンルSF作家以外の作品が分からないところ。安部公房とか都筑道夫とか、別巻あつかいでも載せて欲しかった。
★16 - コメント(0) - 2013年12月30日

さらりと通し読みして43人中22人しか読んでいないのは悔しいような勿体ないような残念な気持ち…。星新一と小松左京だけは全部読んでいるだけ。最近、SF作品を読むゆったりとした気持ちになれないのが本当に残念なり。
★6 - コメント(0) - 2013年5月9日

架空の全集『日本SF全集』(1作家1巻=文庫3冊分で全44巻)の巻末解説を集めたという体裁の一冊。SF第一世代から80年代デビュー作家までこれだけの書誌情報を網羅してるのは感嘆の一言。しかし作家によってリストの精度に偏りがあるのが不満。たとえば光瀬龍のジュブナイルSFは全て挙げられているわけではなく、代表作を数作だけ挙げているだけだったり。豊田有恒の歴史SFが完全なリスト化されていないのにはショックだ。でもまあここまでの内容が一冊にまとまっているのは壮観。読みたい本が増えすぎて困ってしまう。
★21 - コメント(0) - 2012年12月5日

「こんなに未読の傑作があるんだ」とうれしい気持ちになりました。
★1 - コメント(0) - 2012年8月15日

奇書と実用書のあいだに。この本自体がSFだと思う。実は著者を存じ上げているが、「書物」「SF」「ミステリー」というとんでもなく広い分野の他にも、まだいろんなジャンルの広野を隠し持っていること知って仰天している。
★2 - コメント(0) - 2011年11月3日

再読。ところどころつまみ読みするつもりで読み返し始めたら、全部読んでしまった。読まなければいけないものがありすぎて困る。読めないものがありすぎて困る。
★2 - コメント(0) - 2011年10月9日

第1期が一番面白かった。というか、そのあたりの面子のすごさは半端ないです
★10 - コメント(0) - 2010年10月1日

まさしく労作。なによりもブックガイド的な部分が楽しい。読んでいない作品もたくさんありますが、「傑作」と書かれると「どんなんかなあ、読みたいな」という気にさせられます。残念なのは、巻末に全集収録作のリストや出版社が掲載されてますが、一部の作家を除いてほとんどが手に入らないことかな。309ページ
★9 - コメント(2) - 2010年9月2日

たかだか数年前に読んだ筈の作品をろくに覚えていないことが多数。うーん…。
- コメント(0) - 2010年4月21日

大変ためになりました。
★3 - コメント(0) - 2010年4月19日

架空の「日本SF全集」の解説、という発想が楽しいし、ガイドブックとしても秀逸。
★3 - コメント(0) - 2010年4月4日

案外読んでるはずだが忘れているのな。
- コメント(0) - 2008年5月25日

次は『世界SF全集・総解説』をお願いします。
★3 - コメント(0) - 2008年3月31日

素晴らしい日本SFのガイドブック。架空の全集というコンセプトが貫かれているところも面白い。
★1 - コメント(0) - 2007年12月13日

最大の欠点は、こんな日本SF全集が実在しないこと。あー、読んでみたい
★3 - コメント(0) - 2007年11月23日

★★
- コメント(0) - 2007年11月20日

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/23:羊男

積読中のみんな最新5件(4)

02/05:たもん
08/06:YTY
12/01:里馬
12/20:drunkershigh

読みたいと思ったみんな最新5件(25)

05/14:FFF
03/07:宇宙猫
日本SF全集・総解説の 評価:93 感想・レビュー:21
ログイン新規登録(無料)