あした吹く風

あした吹く風
253ページ
497登録

あした吹く風はこんな本です

あした吹く風を読んだ人はこんな本も読んでいます


あした吹く風の感想・レビュー(431)

設定は小説の中ではありそうな話。登場人物の心理、父の謎、2人の出会いなどが印象に残った。表現が独特で、引き込まれる。感動する小説でした。
- コメント(0) - 2月3日

読友さんの素敵な感想を読んで読みたくなりました 恋愛物語 初読み作家さんです バッテリ~という超名作さえも未読です(延べ1000万部以上とのことなんですね)「男はなぜに女を所有したがるのだろうか。自分のものだと言い切ることをを愛だと容易く勘違いしてしまうのだろう。なぜ女もまた、所有されることを易々と受け入れて、それを愛だと信じるのだろう。」  「手探りしながら、まさぐりながら、あなたを知っていきたい。あなたを手に入れたい。少しずつ少しずつ、でも確かにおれのものにしていきたい」 ~引用 恋は心豊かになれる
★8 - コメント(1) - 1月7日

途中、コレはミステリーなのか?と一瞬思ったが、やっぱり恋愛モノだった。相手がいくつであろうと、好きになるのに理由も理屈も要らない。その気持ちこそが過去の全てを寛容にさせ、相手を思いやれるのだと感じた。そういう意味では私は未熟過ぎて、寛大さを失っている。最後の最後で、鈴君は大人だなと思った。こんな高校生に好かれたら、自分が34歳でも、絶対に好きになる(笑)
★26 - コメント(4) - 1月6日

こんな恋もあるんだね。
★2 - コメント(0) - 2016年11月25日

なぜか凄く引き込まれる物語だと思う。 主人公美那子が私と同じ年齢だからか... 自分と置き換えて読んでいたりした。 さすがに娘と1つしか違わない17歳の男の子と恋には落ちれないでしょう... と、思いながらも “絶対”とは言い切れない、死ぬ直前まで何が起きるかは分からない、人生どんな予想天外な事も起こりえたりもするものね☆ いろんな過去を乗り越えた美那子と鈴の二人の今後の未来がどうか明るいものであるように。。
★19 - コメント(0) - 2016年10月7日

34歳女性と17歳の男子高校生の恋愛を軸に、元夫との別れ、親友との関係もかかれ、それらを通して人として成長する様に胸を打たれた。そして何より、人を本気に好きになると何歳だろうがこうなるよね、って思わせてくれた。
★1 - コメント(0) - 2016年8月22日

34歳の歯科医師の女性と17歳の男子高生の恋愛物だと思っていたら、物語の核は、旦那を略奪された元妻と略奪した現妻で親友だった2人だった。病室での再会から亡くなるまでの2人がドロドロしてなくて、友達である事の大切さを大事にしてるのが良かった。
- コメント(0) - 2016年8月20日

はじめてのあさのあつこ。ちょっと避けていた作家、同県人である。思いのほか気に入った。
★1 - コメント(0) - 2016年8月9日

エロい本なのかなと最初は思いましたが、意外と深くて面白かったです。 人は人と出会うことで前を向けたり自分の内なる感情がさらけ出されたりするんだなと感じました。 とても切ない。最後はうるっときました。
- コメント(0) - 2016年5月14日

8
- コメント(0) - 2016年4月29日

2009-0331
- コメント(0) - 2016年3月18日

どちらの年にも近くないからか、こんな純愛の経験がないからか、そこまで感情移入出来ず。難しい漢字が多い。でも、後半友達のエピソードのところからグイッと引き込まれた。
- コメント(0) - 2015年9月9日

【図書館本】あさのあつこさんってこういうのも書くんだーって思いました。以前バッテリー、NO.6とかを読んでいたので。内容は34歳バツイチ女性と17歳の少年の純愛。人を愛することで、人間として成熟していく感じがしました。過去の内容から見れば、恋をしてからの二人はあまりにさらりと人を許せるようになっていて、予想外にあっさりよめてしまった感じもします。
- コメント(0) - 2015年8月23日

34歳の美那子と17歳の鈴。お互い惹かれ合う二人には深い傷がある。親子ほどではないけれど、年の離れた姉弟ほどには違う二人が、優しさを取り戻し、立ち直るキッカケを掴んでいく。あまりドロドロせず、意外と爽やかにサラっと読める。
★2 - コメント(0) - 2015年6月11日

あさのあつこって、さわやか青春小説ばかりかと思っていたら、こういう濃い恋愛小説も書くのね。歯科医の美那子は、高校生の鈴に首ったけ。彼の生い立ちも一風変わっている。その彼との恋が深みにはまっていく中、別れた亭主からSOSが。離婚の原因となった現在の妻、それも美那子の親友が危篤だというのだ。美那子は、過去のすべてを許すことができるのか?大人の恋愛と高校生・鈴との恋。様々に揺れ動く美那子の、心の描写がきめ細かく、イッキ読み。
- コメント(0) - 2015年6月10日

ざくざくっと読めた。 34歳バツイチの美那子と、17歳の鈴。 人を愛することで起こる、人の変化。関係の変化。 愛する人を、もっと観察してみたいって思えた。
- コメント(0) - 2015年5月27日

三十路過ぎの女性の願望が詰まった作品。でしょうか。 現実には「あり得ない」と思いつつも、最後まで展開を気にさせるあたり、 あさのさんならではの表現力だと思います。
- コメント(0) - 2015年5月18日

再読。 男子高校生と30代バツイチ女性の恋愛という眉を顰めたくなるような設定だけど、 人が誰かと出会って恋に落ちる、とても素敵な恋愛小説。 自分の意図しない恋に落ちてしまうときは立場や年齢、常識さえも超えてしまうと 素直に納得させてくれる物語。 年の差、設定の突飛さを描くのではなくて2人の主人公の純粋な気持ち、心理描写が綺麗に爽やかに綴ってある。
★1 - コメント(0) - 2015年1月26日

002
意外にあさのさんは、初読み。あさのさんは、青春系の人かと思ってたけど、恋愛もいけるんですね!!17歳と34歳。二人の過去は重いんだけど、さらっと読める。ハッピーエンド。文章が流れるようで、すんなり入ってくる。久しぶりに、純愛読んだかも。私も33歳だけど、高校生はないかなー!向こうがお断り?!(笑)出逢ってしまったら、年齢は関係ないんかなー。
★7 - コメント(0) - 2015年1月6日

久々にあさの作品が読みたいと思い、全く予備情報を持たずに読んだ。苦手ではないが、今読みたい本ではなかった。再読する機会があれば、別の感想を抱けるかな。次も美奈子に感情移入してね。
★3 - コメント(0) - 2014年11月24日

期待外れ
★6 - コメント(0) - 2014年11月14日

17歳の年の差 互いにその差が気になりつつも、どうしようもなくひかれる。 まだ傷口がふさがっていない、お互いの過去が、少しずつ明らかになり・・・ おもいっきりの恋愛小説、あさのさんの引き出しはいくつあるんだと驚かされました。
★2 - コメント(0) - 2014年10月2日

17歳も年下に恋した事はないですが、その人といる時は自分にも相手にも嘘をつかずに向き合って、自然体でいられる関係が素敵だなと思いました。
★3 - コメント(0) - 2014年8月8日

年上の女歯医者と高校生の恋を中心に物語は描かれている。高校生の倍の年上の女性。しかも美那子は、離婚を経験している。美那子は、慎重になっているだろうが魅かれあう二人。二人に明日はどんな風が吹くのかしら??続きが気になるなあ。
★5 - コメント(0) - 2014年6月28日

aki
年上(女)×年下(男)の話にはまり、読んだ作品。話はすごくおもしろかったのですが、なぜこの表紙なのかはいまだに理解できず^^;
★13 - コメント(0) - 2014年6月1日

それぞれ家族関係や友人関係などで傷ついた経験を持つ17歳の男子高校生と34歳の女性歯科医が偶然に出会い、お互いに自分の過去を振り返りつつ、ゆっくりと深く惹かれあっていく様子が、季節の移り変わりを感じさせる美しい風景描写ともに表現されていると思いました。少しずつ明らかになるお互いの過去の出来事や周囲の人々の人柄も印象的でした。
★27 - コメント(0) - 2014年5月19日

「殺しちゃえば」という、鈴のささやきから話が始まるので、最初「サスペンス系?」と思ったら「レンアイ系」でした。鈴と美那子の間には現在進行形で何か大きな事件が持ち上がることはないけれど、二人とも苦しい過去を持っているから、自分を偽ってはいないか?ごまかしではないか?と、確認するようにゆっくりと心の距離を縮めていきます。雑なことばっかりやってないでこういう、丁寧な恋愛をしたいなあ、と思わせる一冊です。鈴:17歳高校生。美那子:34歳歯科医。この設定に抵抗感のある方はスルーすることをお勧めします。
★6 - コメント(0) - 2014年3月19日

34歳の女性歯科医と17歳の男子高校生の恋愛小説。年上の彼女という設定の作品は読んだ事はあるがここまで年齢差が大きいのは珍しい。夫の裏切りと父親の裏切りによって傷ついた二人が出会って恋に堕ちるが少し無理があるような。もしこれが男性歯科医と女子高生の恋愛小説ならありふれた話で面白味も無い。年上の女性に夢中になる可愛くもあり、大人びた年下の男の子という設定の本作は女性の願望が詰まったファンタジーなのかもしれない。
★5 - コメント(0) - 2014年3月18日

しなやかな高校生とバツイチの歯科医師の恋愛話.高校生のまわりも歯科医師のまわりもひと悶着あったりするなか,この二人の恋愛は本気になるのか,それとも遊びで終わるのか.あさのあつこさんってこういう話も書くのかと少し驚いた本.
★3 - コメント(2) - 2014年2月1日

今がよければよい関係で、この二人には将来性をまったく感じなかった。17歳の鈴は得ることの出来なかった母親の愛情を美耶子に求め、彼女は彼女で元夫と親友から受けた傷を若い男の存在で紛らわそうとしている。利害関係が一致している。あと数年後には鈴は自立して終わり、それで良いんじゃないかと思う。
★4 - コメント(0) - 2014年1月22日

34歳と17歳の恋愛か・・・。いやいや、ないでしょう~と思いつつ。あんな大人びた17歳いないよ。どうでもいいけど、鈴を初対面で間違わずに読むなんて、絶対無理じゃない?
★3 - コメント(0) - 2014年1月20日

内容知らず手に取ったが、まさか、こんな展開とは。初めから、あら??って感じで読み切ってしまいました。ま、率直にあんな大人な17歳、私の周りに居ないな~と現実みてしまって没頭できなかった。残念。でも、今の時代、美魔女が多いから(天然美は何人か知らんけど)無きにしも非ずでしょうか。。。。
★5 - コメント(0) - 2013年12月29日

年の差ゆえの苦悩を描いた恋愛小説かと読み始めたけれど、そうではなかった。年齢差にはそれぞれの人物設定以上の意味はない気がした。出会うことでそれぞれが背負っていたものを下ろして前に向き始める過程を描いた小説。何よりも隆平の背負わされたものの大きさには驚愕。ぞっとした。バッテリーの著者がどんな風に恋愛を描くのかと思っていたけれど、バッテリーの表現方法と変わらない印象を受け、なるほどと。あれだって十分恋愛小説っぽかったから。別にいいんだけど、この表紙。図書館で借りにくかったし、家で読みにくかった。
★1 - コメント(0) - 2013年11月27日

高校生男子(17)と歯科女医(34)との恋愛、正直少し引きましたが、サクッと読めました。 鈴くんが大人すぎるような、大人びた高校生だなって、感じた。 二人とも辛い経験からお互い惹かれあっているのでしょうが、恋は盲目とも言いますよね。
★3 - コメント(0) - 2013年9月19日

面白かったです。ラストがさわやかで良かったです。設定とか大人向けっぽくしてますが、何というか、すごくあさのあつこさんらしい内容でした。この作者さんが描かれる人物はすごく真っ直ぐで、人間関係が色んな意味ですごくきれいで、でもふと「あーこういうことあるよなあ」っていう台詞があって好きです。
★2 - コメント(0) - 2013年8月25日

ky
男子高校生と女性歯科医のダブルスコアの年の差恋愛.一般に,男の成長は遅く女は早熟と言われ,本書のような男女関係は稀有,限りなく非現実,いかにも「お話」.著者の連作時代物は人情が描かれ愛読.現代物はそれとは随分様相が違うようで.
★3 - コメント(0) - 2013年8月6日

34歳の女性と17歳の男子高校生の恋愛小説。なんか、最近年上の自立した女性と若い男の子の恋愛話、多くない?ドラマとかでもそんなのばっかり。あ、でも、これは2008年作品でした。ってことは、世の中の女性は昔っからこういうのに憧れてるって事なんでしょうか?世の中の男性は例外なく若い女の子が好きだけど、女性のオヤジ化に伴って女性も若い男の子が好きだって表面化してきたって事?物語として悪いとは思わないし、こういう恋愛もある所にはあるのかなぁ、とは思うものの、私的には、SFよりもありえない、絵空事でした。
★3 - コメント(0) - 2013年8月3日

うーん、いまいちでした。
★4 - コメント(0) - 2013年5月28日

女性向けな作品ですね。オッさんの俺は"ウゲー(*_*)"ってなっちゃいました。17歳の歳の差は普通あり得んでしょ、芸能人でもないのに。とはいうものの、辻仁成氏の作品のような雰囲気を醸し出していました。心ときめく世代ご読む本です。
★37 - コメント(27) - 2013年5月28日

うーん、お互い相手をちょっと美化して見てるんじゃない?と思ってしまう。略奪愛だとか心中とかどろどろしたものを内包しているのに、重さを感じない。やっぱ17歳も差があると、心のどこかでは引いてしまっているのかも。。。
★2 - コメント(0) - 2013年4月18日

あした吹く風の 評価:84 感想・レビュー:143
ログイン新規登録(無料)