ジジの贈りもの

ジジの贈りものの感想・レビュー(6)

ほんわかしていて、過激で、リアルで、考えさせられて・・・それらが、ジジの部屋で、美味しい食事とともの提供されている。著者にとって、ジジは叔母であるが、自分の懐かしい家族や一族が凝縮された存在なんだろうナァと思えた。社会情勢を愚痴ったり、違和感を感じるのは、どこの国も一緒何だぁとも思えた。著者の悲しみはストレートには語られていないが、友人等の話から、思い描くことができる。図書館で見つけて軽い気持ちで借りたが、なかなか収穫あった。それと、美味しいものは、やっぱりイイよねぇ。甥っ子をもてなすジジが素敵だ
★2 - コメント(0) - 2015年10月30日

YK
表紙から受ける印象以上にパンクな内容。結構なハードコアパンク。【今、あの連中はこの国の若者をコソボに送っているのよ!あたしはその場所さえ知らないっていうのに!】
- コメント(0) - 2014年9月14日

2014年2月26日:半殻肝
2013年6月28日:半殻肝
2011年12月24日:Shiii
--/--:selma-na

ジェラルドセレンテの関連本

ジジの贈りものを読んだ人はこんな本も読んでいます


ジジの贈りものの 評価:67 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)