年収100万円の豊かな節約生活

年収100万円の豊かな節約生活の感想・レビュー(487)

料理したくなった
- コメント(0) - 3月18日

2回読んだ。
- コメント(0) - 3月9日

http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2012/02/post-5502.html
★1 - コメント(0) - 3月6日

世の中いろんなひとがいるなあ。「何に贅沢を感じるかは、人によって違うのが当たり前。何に心の豊かさを感じるかもそう」…本当にそう。節約できるところはして、自分のこだわる部分には多少お金と時間を費やして、体と心の健康に留意して、なるべく好きなひととだけつながって…そんな著者の生き方に同感。
- コメント(0) - 2月28日

ノリが軽く読みやすい!半分レシピ本的なとこもあるけどエピソードとともに書いてあるから尚更食欲をそそる。同じ男として調理系器具が欲しくなるなぁ
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

「節約」に関する情報収集のために読みました。残念ながら、この本に書かれている多くのことは僕には実践不可能なことでした。1.料理・食材選びに時間が費やせない 2.携帯電話を解約できない(生活必需品のため)といった理由からです。しかし、1.1日に使える金額(目標)を定め、その範囲内に収めるようして、1日の終わりに実際に使った金額を目標と照らし合わせ、差額を記入する。 2.食事を削るのは大事。でも、健康面を重視するのはもっと大事。といった2点は節約をする上で非常に重要だと思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年11月26日

お金は大事で必要。でもそれを得るためにカラダの悲鳴に気がついてあげられないっていうのは耳が痛かった。何が豊かで幸せか。ちょっと考えさせられました。
★4 - コメント(0) - 2016年11月20日

お金がそんなになくても食事が充実していると心豊かに過ごせるんだな、と思う。あと、不労所得は重要。
★1 - コメント(0) - 2016年11月16日

不労所得が年に100万あるとはいえ、将来のことを考えれば不安な額であることには間違いない。しかし、この人が心からプータロー生活を楽しんでいることだけはしっかりと伝わってきた。やはり、心の豊かさは大切だ。ただ、私にはきっとここまでは無理だというのは身にしみて分かった。適度な刺激がないと、それこそ、何のために生きているのかなんやらかんやらで面倒くさいことになりそうだし、そういう意味で、この人は小説家にはたぶんなれないだろうな。
★30 - コメント(0) - 2016年11月13日

節約料理は真似してみたいものがたくさんあった。料理が得意というのは羨ましい。
★2 - コメント(0) - 2016年11月6日

 すごい。ちょっと矛盾しているところもありますが、なんというか、凝り性が一番の強みなんでしょう。
★6 - コメント(0) - 2016年11月5日

SU
憧れる部分も有ります
★2 - コメント(0) - 2016年10月29日

ネットで評価が高かったため読んでみた。著者の、料理にかける熱意と、不動産の不労所得がある点は簡単にマネできないなと思ったが、その他、働かなくてもいいだろうという精神、働かないためにしている生活、ささやかな稼ぎ口(ポイントサイト、アンケートサイト、治験、トライしてみたい)といったことなどで学ぶことが多くあった。社会的には後ろ指をさされてしまいがちな地位であるが、こんなにも充実して幸せ。今の日本でこういった1つの生き方をしている人がいるということがもっと多くの人に広まって欲しい。きっと救われる人がいる。
★2 - コメント(0) - 2016年10月2日

料理に関する部分のみ拾い読み。貧乏生活でなく豊かな節約生活。豊かに過ごすためにこだわるところには投資している。食費をいかに節約しつつ美味しい物を食べるか。豆板醤や甜麺醤も作るとは!食事のレシピがどれも美味しそう。自宅飲み会を料理の研究発表会の場とするとは、発想の転換で人生はいくらでも豊かになりそう。
★12 - コメント(0) - 2016年9月14日

一人だからこそできるものが大半だったと思うけど、食や料理に関しては凄く参考になった。私も料理にこだわってみようと思った。
★2 - コメント(0) - 2016年9月7日

この著者の山崎さん、基本クリエーターですね。笑。
★1 - コメント(0) - 2016年8月23日

節約生活が豊かになっているのは「食へのこだわり」があるからと感じました。食へのこだわりがなかったらこんなに楽しめないわけで、やはり何か好きなことがあるということが楽しく生きるために重要なのだとしみじみしました。また、友人達との交流を楽しめる堂々としたところも著者の大事な部分ですね。
★1 - コメント(0) - 2016年8月16日

毎日楽しそうにすごしている。 奥さんや子どもがいれば、こうも言ってられないかもで、大多数の人に当てはまる事柄ではなかった。 しかし、料理のレシピは事細かに書かれていて、材料もシンプル。いくつか手帳にメモした。
★1 - コメント(0) - 2016年8月16日

年金生活になったら、参考になるかしらと思って読んだけど、無理みたい。手のかかるお料理は読むだけでいっぱいいっぱい。お金があったほうがいいなぁ。株の勉強しましょうか?これも手強そうだし。宝くじあたらないかなぁ!
★3 - コメント(0) - 2016年8月1日

人間もう少しのんびり暮らすべき、と思うのでこのような生活は憧れる。だけどポイント貯めたりスーパーはしごしたりするよりちょっと働きにいったほうがお金になると思う。多少の社会生活あるほうがメリハリあっていいしね。ホームパーティーひらけるキッチンと腕、不労所得が羨ましい。
★3 - コメント(0) - 2016年6月25日

知恵と工夫とで生活を心豊かなものにされているなという印象。先日読んだイケダハヤトさんとの共通点は、節約をゲームとして楽しんでいること、そして友人との交流が活発なこと。★★★☆☆
★40 - コメント(0) - 2016年6月19日

年100万円の家賃収入で暮らす著者の節約料理本。生活について語っているが、その生活がほぼ「安く美味い料理を作って食べる」ことのみで成り立っている。少し僕の求めていた本とは違っていました。
★1 - コメント(0) - 2016年5月31日

節約術の本ですが、筆者の趣味の関係上半分以上が料理関連でした。あと、前提条件に家族なし不労所得ありというのがついているので誰でも真似できるタイプの物ではなく、どちらかというとエッセイ色が強いですね。
★3 - コメント(0) - 2016年4月26日

文京区立根津図書館で借りました。
★4 - コメント(0) - 2016年4月26日

ただ生きていくだけのこと、日々の生活を楽しむことに、社会的な説明が要る場合もあるんだなと別な意味で感傷~~心の空洞をそのままにしてそれを遊びや仕事で埋めようとしているようなもの(209)
★2 - コメント(0) - 2016年4月19日

厳しくも気負わないルールを設定し、お金をかけずに工夫して楽しく暮らす著者に感心した。 料理はとてもマニアック!(笑)やはり知恵は大事だ!記録を貯めて見直すのも重要!
- コメント(0) - 2016年3月29日

rie
著者の人生観や価値観は世間一般から見れば独特で容易には理解できないし実践できないかもしれないが、自称自由人(本文の言葉を用いるなら、天職プータロー)な私からすれば類友感覚ですんなり受け入れられた。 自分が大切だと思うものに対してのみ重きを置いて、好きな事だけして生きる人生。シンプルで何と身軽な生き方だろう。 ただ、人生の伴侶(理解者)に恵まれなかったのは気の毒だと思った。独特な価値観をもつ人間にこそ理解者は必要なのに…
★2 - コメント(0) - 2016年3月18日

食費光熱費抑えても(実際この著者より抑えてる!)家賃かかるから年100万じゃ生活できない、そもそも不労所得(親の遺産の不動産収入)年100万あるなんて夢のような話じゃない?なんて僻まずにはいられなかった。毎日働いて同じぐらいの経済状況な身からしたら羨ましい限り。
★3 - コメント(0) - 2016年2月16日

[B+]
- コメント(0) - 2016年1月22日

「鍵を握るは”選択と集中”」。著者のように豊かな貧乏生活を送るうえのみでなく、人生全般において豊かな人生を送る為のキーワードだと感じた。著者は「食」だが、自分はなんだろう?と真剣に今一度考えてみようと思ういいきっかけになった。
- コメント(0) - 2016年1月16日

東大卒、誰もが知る有名大企業勤務。彼が価値を見いだしたのは学歴や職業ではなく、「何もしないというゆとり」だったことに驚いた。人生において何に重きを置くかは人それぞれの自由であり、それを他人がとやかく言うべきではないのだろう、と考えた。
- コメント(0) - 2015年11月29日

51歳、自称プータローだという著者の「節約」生活エッセイ。優先順位をつけて、削る所を削り、豊かにするべきところを豊かにしている。カレンダーに家計簿をつけるやり方はマネてみたくなった。著者は年概算100万ではあるが不労所得があり、それゆえの自由を手に出来ているからこそ時間をかけて豊かなことができているように見え、不労所得がやはり重要だという感が強まった。
★3 - コメント(0) - 2015年10月31日

こういうライフスタイルは逆に大変そう
★7 - コメント(0) - 2015年10月16日

持ち家じゃないと出来ないだろうな。 老後の暮らしはこんな感じかな、とイメージしつつ読みました。 手間暇をお金で買うのは簡単、そこを自分でやるのを楽しめるかどうかがポイントかもしれない。 アレルギーのひとには無理だけど、小麦粉をパスタにしたりパンにしたりとホームベーカリーが大活躍。
★11 - コメント(0) - 2015年10月2日

収入を増やす志向性より生活技術を高めて、より精神的に豊かに暮らしていく指南書的な趣きを感じた。
★1 - コメント(0) - 2015年9月23日

年収100万円の豊かな節約生活の 評価:100 感想・レビュー:206
ログイン新規登録(無料)