虚像の道化師 ガリレオ 7

虚像の道化師 ガリレオ 7
あらすじ・内容
東野圭吾の代表作、「ガリレオシリーズ」の最新短編集。
ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りたと証言し、教祖は相手に指一本触れないものの、自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。教祖の“念”は本物なのか? 湯川は教団に赴きからくりを見破る(「幻惑(まどわ)す」)。突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。そして男が勤める会社では、ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、また幻聴に悩む女子社員もいた。幻聴の正体は――(「心聴(きこえ)る」)。大学時代の友人の結婚式のために、山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。その日は天候が荒れて道が崩れ、麓の町との行き来が出来なくなる。ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、夫婦が殺されていると通報が入る。草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、事件のおかしな点に気づく(「偽装(よそお)う」)。劇団の演出家が殺された。凶器は芝居で使う予定だったナイフ。だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。湯川は、残された凶器の不可解さに着目する(「演技(えんじ)る」)。
読み応え充分の4作を収録。湯川のクールでスマートな推理が光る、ガリレオ短編集第4弾。

あらすじ・内容をもっと見る
280ページ
9382登録

虚像の道化師 ガリレオ 7巻はこんな本です

虚像の道化師 ガリレオ 7巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


虚像の道化師 ガリレオ 7巻の感想・レビュー(7101)

久々の短編を読んだ。ガリレオ自体も久々だが、いつの間にか加賀恭一郎のほうが好きになってたなぁ。一章の惑わすは、テレビで見たのを強烈に覚えてて、なんとなくワクワクしなかった。 ガリレオはやはり長編がいいですね。
★5 - コメント(0) - 3月22日

一話一話完結していて読みやすかった。
★5 - コメント(0) - 3月10日

短編集4編立て。ガリレオシリーズは長編の容疑者Xが名作とよく言われるが、自分はどれも名作だと思う。短編では80ページ前後の中でトリック、動機、人間模様などが詰め込まれて描写も解りやすい。また全8作品ある中で順番通りに読まなくても問題なく楽しめるのもいい。
★21 - コメント(0) - 3月6日

1日で一気読みしました(^^)とはいっても短編なので1話読んで違うことして。という感じです。どの話も面白かったですが、シリーズが増えるにつれ物理色が薄くなってきた感が‥特に2話目と3話目が好きでした!
★9 - コメント(0) - 3月5日

久しぶりのガリレオシリーズ。安定の面白さ。短編はさらりと読めていいですが、じっくりと読ませる長編を期待する気持ちもありますね。
★57 - コメント(0) - 3月3日

トリックと言うよりSFみたいな機械が出てくるな~(笑)最後の演技るは短編ミステリーとしては好きかな。ちょっと読みごたえに欠けた作品。
★8 - コメント(0) - 2月19日

★3 シリーズも7までくると飽きがくるのか。ちょっと今までの作品より食傷気味。
★14 - コメント(0) - 2月14日

J-★3〜
- コメント(0) - 2月11日

ガリレオ先生の短編集。これまで何度かの長編を経て、なんだか人間らしさを増したような気がする先生。それぞれの結末で魅せます。
★5 - コメント(0) - 2月5日

ガリレオシリーズの短編集。どれもなかなかのトリックでした。個人的には「心聴る」「偽装う」がよかった。「偽装う」はラストが警察とは違った解決で優しさを感じました。
★19 - コメント(0) - 1月25日

4つの短編。どれも面白かった。でも、長編の方がいいなあ〜。
★5 - コメント(0) - 1月22日

済み
- コメント(0) - 1月14日

 湯川博士の短編7話。どれも読みやすいが、登場人物の様々な人間模様がしっかり書かれていてさすがの東野さん。個人的には「透視す」の継母の思いが切なく、ぐっと来て好き。
★12 - コメント(0) - 1月9日

本書における『幻惑す』と『心聴る』は、心霊的な力が働いているかのように見せかける巧妙なトリックが仕組まれ、これまでのガリレオシリーズには無かった新たな仕掛けとなっていました。また、『偽装う』と『演技る』は、殺人を犯していない第三者が手を加えるという想定外の手法がとられており、これまた、これまでのガリレオシリーズには無い仕掛けで興味深い部分でした。本シリーズは物理学的なトリックを考えるだけでも大変な筈ですが、そこに、新たな仕掛けも加えられていくというプラスアルファもあり、より楽しませてくれます。
★23 - コメント(8) - 1月7日

ガリレオ❼ ◯/⑴プラシーボ効果⑵コンプレックス⑶誰のため?⑷花火
★31 - コメント(0) - 2016年12月28日

シリーズの中ではおもしろさが一番下な気がする…単に個人の好みだけど。やっぱり長編が好きだなぁ。でも、湯川先生のキャラは魅力が増してていいね♪
★8 - コメント(0) - 2016年12月6日

久々のガリレオ読書。ケチケチ読者のため新刊で読まなかったのが災いして、福山雅治ガリレオドラマでネタバレの心境。テレビドラマと比較しつつ読んでしまうのはしょうがないとしても、テレビドラマの脚色が面白かった点、原作短編が美しく感じる点、様々でした。
★12 - コメント(0) - 2016年12月6日

眩惑す・心聴る・偽装う・演技るの4編。湯川さんの冴えた頭脳でこの作も読ませます。個人的には「眩惑す」と「心聴る」が好きでした。でも、やっぱり長編で読みたいなぁ。
★141 - コメント(0) - 2016年12月1日

★★★★☆
★4 - コメント(0) - 2016年11月29日

ガリレオシリーズは簡潔である。そのため想像力を膨らませられる。 今回の4編の中でも、個人的に「心聴る」「演技る」が好きだ。 ミステリーだけでもなく、人間心理にせまるシリーズ、また続きを読みたいと思う。
★10 - コメント(0) - 2016年11月28日

合理的物理的に事象を解析し、真実に辿り着く湯川が小気味いい。ささいなことでも、曖昧にせず、妥協することなく、突き進む、クールなんだけれど、繊細な心を持ち合わせる彼がいい。
★15 - コメント(0) - 2016年11月24日

再読。ドラマのイメージが残っているせいか内海刑事の出番が少ないなと感じてしまいました。原作はやっぱり草薙・湯川のコンビがメインなんだなと再確認。第三章と第四章は短編ながらもどんでん返し的な展開もあり、再読でも「そう来るか」という感じでした。湯川の人情味が垣間見えるシーンもありますが、だた単に美女に弱いだけかも?(笑)
★19 - コメント(0) - 2016年11月21日

再読。ということに途中で気づく。とはいえ、あまり覚えて無かったのでまた楽しめた。こういう時は、記憶力のなさを嘆くより、何度も楽しめてラッキー!と思ったほうが得だよね。
★10 - コメント(0) - 2016年11月12日

ガリレオ湯川の短編集。著者の電気工学の知識を駆使したトリックがおもしろい。普段は東野圭吾氏の作品はいつも一気読みしてしまい、睡眠不足になるは、せっかく手に入れたのに早々に楽しみが終わってしまってもったいないやら、なのだが、これは短編集なのでいい意味で読むのを止めることができる。特に好きだったのは「偽装う(よそおう)」でした。
★8 - コメント(0) - 2016年11月12日

ドラマで見た情景が自然と頭に浮かんできた。原作を忠実にドラマ化していたんだなと感心した。
★5 - コメント(0) - 2016年11月3日

「草薙は素人の僕の意見を尊重する。女性の、しかも後輩刑事の声にも耳を傾ける」という湯川の台詞に驚きました。「後輩」よりも「女性」が先に出てきました。北原が相手だったからかもしれないけれど。昭和にはよく見られたが、2012年刊行なのに。 湯川先生がそんな言い方することもあるのかとびっくりしました。
★4 - コメント(0) - 2016年10月22日

短編集なので、サクサク読めた。個人的に、短編の湯川さんの方が好きかも。端的に現れる気がして、今作でもカッコ良かった!!『演技る』が面白かった。芸の肥やしとは言うけれど、どこまで追い求めるか…。一線を超えちゃった役者の狂気にゾッとした。
★11 - コメント(0) - 2016年10月15日

短編4つ。ドラマの俳優さんを脳内で当てはめて物語を進めていけるので読むのがとても楽!すぐに読み終わった。
★5 - コメント(0) - 2016年10月3日

★★★☆☆
★3 - コメント(0) - 2016年10月2日

今更なので、一話目の「幻惑す」はドラマで見た記憶がある。一話一話の内容は正直印象があまりなかったけど、全編に亘ったテーマは「相手を制する人間の欲深さ」なのではと感じた。宗教の力で、装置を利用することで、犯罪を偽装することで、相手に思い通りにする欲が如実に現れているなと思った。また最終話「演技る」を読んでて、何となくデジャヴを感じた。歌野晶午がこんなトリックを使った小説を書きそうだな…と。
★9 - コメント(0) - 2016年10月1日

東野圭吾ガリレオシリーズ。プラズマ波や電磁波を得意とする物理学者・湯川氏の推理が面白い。それに加え、湯川氏の人間味ある行動に時折ハッとさせられる。『演技る』中で見られる女優魂、実際にそんな人いるのか!?そして花火と月の位置関係を解明するのシーンはお見事。短編で一気読みの作品。
★18 - コメント(0) - 2016年9月10日

ガリレオは短編よりも長編がいいね
★2 - コメント(0) - 2016年9月4日

クールだけど人情も解して融通を効かせる湯川氏が良かった。
★7 - コメント(0) - 2016年8月21日

『幻惑す』『心聴く』 『偽装う』『演技る』の4話収録。1番印象に残ったのは『演技る』登場人物の神原敦子は現代の大河ドラマ主演級の名俳優、大女優とは比にならないストイックさと狂気を兼ね備えている。そのストイックさ故に…その狂気さ故に… こんな結末になってしまった。 なかなか時間のない人は『演技る』だけでも読んでもらえたら幸いです!
★6 - コメント(0) - 2016年8月20日

安定、安心の一冊。
★5 - コメント(0) - 2016年8月18日

全部ドラマで見てたけど、どれも少しずつ違う印象を受けました。やっぱり草薙さんとのやりとりのが好きだから、原作のがいいな。 最後の「演技る」は、そういえばそうだった!って最後に思い出しました。忘れてたからまた楽しめてよかったです。
★6 - コメント(0) - 2016年8月3日

〔再読〕★★★☆ 正に安定の東野圭吾作品。これを読んだら、映像畑の方が飛び付くだろうなと確信する一冊。シリーズも既に7冊目でありながら、このクォリティ。ひたすら感服するしかないケーゴの、これが実力ですね。あぁたまらん、大好きなのです。しかし、最近の作品は、どれも期待外れ。路線変更しつつあるのは分かっているけど、昔からのフアンは、納得出来ませぬ。期待値は高まるばかりですが、おぉこれは!という新作を、期待してます、心から。
★37 - コメント(0) - 2016年7月29日

やっぱり読んでました。
★3 - コメント(0) - 2016年7月29日

面白かった!久しぶりのガリレオの短編集。湯川の「他人の意見をきけるか?」が印象に残りました。
★24 - コメント(0) - 2016年7月20日

短編4作。先に読んだ「真夏の方定式」が湯川と草薙のやりとりが少なく物足りなさを感じていたけれどこれはたっぷりで満足しました!人の心の弱さから起きてしまう事件・犯罪…ちょっとした違和感から導き出される推理。今回も読みごたえがありました
★9 - コメント(0) - 2016年7月16日

虚像の道化師 ガリレオ 7巻の 評価:60 感想・レビュー:2229
ログイン新規登録(無料)