はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん

はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん
あらすじ・内容
適当自炊も外食もワクワク旅ごはんも、思わず笑顔のおいしさです!

普段は適当自炊にちょいちょい外食。お酒もたしなみ、大好物もB級も珍味もペロリ。関西・青森旅グルメも加えた食コミックエッセイ!

あらすじ・内容をもっと見る
137ページ
979登録

はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはんはこんな本です

はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはんを読んだ人はこんな本も読んでいます


はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはんの感想・レビュー(762)

気持ちいいほどの食べっぷり。漫画も面白いけど料理の写真もどれも美味しそうで私も行ってみて食べたくなる。特に青森のモモセさんの創作料理とフレンチトーストはぜひ食べてみたいものだ。ちょいちょい登場するたかぎさんのご両親にもほっこり。やっぱり可愛いお父さんとお母さんやなあ。
★3 - コメント(0) - 3月3日

やはり海坊廚には行きたくなる。弘前の桜まつりも興味深い。
★31 - コメント(0) - 2月22日

青森へ行きたくなった。どれもこれも美味しそうで、やっぱり旅の醍醐味はグルメよな~と再認識。美味しいもの食べに出掛けたい!あ、でも、きのこのペペロンチーノは自分で作って食べてみたいと思います。
★4 - コメント(0) - 2月15日

思い出の味から旅先グルメまで。バラエティに富んでいて面白い。最後に青森グルメに紙面を割いているが、とても行きたくなる。
★4 - コメント(0) - 2月15日

明石焼を食べに行く予定を立てました 笑
★8 - コメント(0) - 1月31日

明石焼きを食べに行きたくなりました。あと青森にも。
★4 - コメント(0) - 1月29日

フレンチトーストの思い出が一番良かった。食べ物を見るたびにそれに関係した人を思い出すなんて素敵じゃないですか!ただ「美味しい食べ物があって、超美味しい☆」ではなく、本書ではそれに関係するエピソードや人物があって非常に面白かった。私は明石焼を見ると読友さんと食べた事を思い出す。これからずっとそうなんだろうなあ。
★24 - コメント(0) - 1月22日

楽しかった~。美味しいものを美味しそうに食べているのをひたすら読む。と、こちらまで幸せな気持ちになります。適当自炊もおしゃれよりがっつりおいしそうなのが共感する(笑)。乾麺の冷やし中華はいままで食べたことないので、見かけたらチャレンジしたいなあ。ピッキーの話やお父さんと納豆、そばとうどんの話などどれも家族につながります。たこせんに憧れのある私(昔大阪で一度だけ食べて、また食べたいとずっと思っていて)はたこ焼が一番いいなあ~でした。まぐろの大間は長男といつかいきたいなあ。妙にじゃがいもが美味しそうでした。
★17 - コメント(0) - 1月14日

いい感じにB級グルメなのが好き。三重県行きたいので三重県なのもいいな。三重弁にほっこりした。ジャンクなものががっつり食えるのが少し羨ましい。サイダーうまそう。明石焼きが印象的でした。
★63 - コメント(0) - 1月9日

各地のご当地グルメが美味しそう…。
★34 - コメント(0) - 1月8日

あ〜たかぎなおこさんの本を読むとお腹がグゥーってなりそう!旅ごはんは行きたくなります。青森の桜目当てに海坊主と大間のマグロ食べに行くのが良いですね。浮き草デイズのフレンチトースト食べたいな。家ごはんのトンテキが気になりますね。トンテキソースってどんな味だろう?著者のコミックエッセイはシアワセになりますね。
★50 - コメント(0) - 1月8日

★★★★☆[再読/入浴読書]レシピを見るために引っ張り出した本を拾い読み(コメント欄入力:2017/01/22)
- コメント(0) - 1月3日

【レシピ実践】椎茸とレモンのペペロンチーノ。先月仕込んだ塩レモンがあったのでそれを使いました。簡単で美味しいので、また作りたい。(コメント欄入力:2017/01/22)
★1 - コメント(0) - 1月2日

たかぎ先生の作品はこれが初めて。外食を中心に、自炊、旅行先での食事など様々な食レポが載っているが、食べっぷりがよし!西日本の人なのに、納豆愛が深いことにも共感が。ジャンクフードを食べる背徳的美味しさや、給食へのノスタルジーなど切り口も様々。三重名物とんてきは食べたいなぁ・・・ そして、バイト時代の恩人を青森に訪ねるの巻は、何だかしんみりと読めた。
★4 - コメント(0) - 2016年12月13日

エピソード満載で読み応えのある一冊。納豆大好き話、マイブームの話、産みたて卵の話などみんな楽しい。たこ焼きを極める大阪旅の話を読んで、著者が努力の人だと再認識した。本当によく頑張る人だ。青森旅で訪ねたのは、「浮き草デイズ」で出てきたバイト先の強面シェフが作った店。これが良かった。美味しそうなだけでなく、気持ちも暖かくなった。青森に行く機会があれば是非訪ねたい。それにしても著者はお酒に強いし、お酒が大好きだ。呑みっぷりに惚れ惚れしてしまった。
★45 - コメント(0) - 2016年12月11日

やっぱり、たかぎさんの食べ物エッセイは、読み終えると作りたく&食べたくなります!かんたんで美味しそう。私が今回心引かれたのは冷やしラーメン、冷やし中華ではない?冬だけど、探して作ろう
★5 - コメント(0) - 2016年12月4日

まんがなのにとっても美味しそう。苦うるかと頭入り塩辛でいっぱい呑みたい。
★3 - コメント(0) - 2016年11月23日

たかぎさんは、食べることが本当に好きなんですね。気持ちのよいたべっぷりに読んでいてお腹が空いてきます。デビュー作からずっとよんでいるので、モモセさんの登場嬉しく思いました。フレンチトースト、食べてみたい!
★20 - コメント(0) - 2016年11月5日

今回のたかぎさんのエッセイを読んで「人は食べるもので人となりが作られているのかもなあ」と感じた。おおらかな性格のたかぎさんは食べるものもおおらか。繊細なものは少なく家ご飯も外ご飯もザッと作ってザザッと食べる。でもそれが美味しそう。旅のご飯も素敵♪たくさん食べれて羨ましい~。
★11 - コメント(0) - 2016年10月26日

いつのまに仕事部屋が。「ひとりくらし」から読み始めたので感慨深いものがあります。たこやき、明石焼き、ピザ、アップルパイ。全てストライク!私の好きなものばかりで、お腹が空く、空く(笑)食べた感想が素直に書いてあるから良い♪ピザへの情熱わかります。子供のころのお菓子も。図書館本だけど購入決定。読み返したくなるので(^O^)
★3 - コメント(0) - 2016年10月23日

行ってみたいところがいっぱいです。スペシャル納豆の居酒屋さんは不明ですが。
★3 - コメント(0) - 2016年10月22日

食べることが好きな私はこういうエッセイが大好き。いろいろなところに行って、ローカルフードを食べたいな。明石の明石焼き、青森のまぐろとほたてが私を呼んでいる・・・!家ごはんの「しいたけとレモンのぺペロンチーノ」もおいしそう。
★9 - コメント(0) - 2016年10月14日

なんか久しぶりに料理したくなりましたね。
★12 - コメント(0) - 2016年10月7日

【再読】今回惹かれたのは、冷やしラーメン。時期が過ぎたからもうないだろうな〜。来年の夏まで覚えておかなきゃ。大阪のたこ焼きは、以前大阪に行った時食べました。今年もまた冬に行くので、たかぎさんみたいに、何軒かハシゴしたいものですが、これはお腹との相談ですね^^;弘前の桜祭りも、いつかは一度訪れたいです。
★17 - コメント(0) - 2016年10月5日

初たかぎなおこさん。健啖家だしおいしそうにたべるなあ。ずぼら飯も旅先のご飯もお酒のつまみも、どれもにこにこペロリってかんじで気持ちよかった。ほかの作品も読んでみよう。とくに浮き草デイズのモモセさんのところ。フレンチトーストおいしそうなんだもの。
★9 - コメント(0) - 2016年9月28日

たかぎさん、お金持ちになりました。そんな印象を受けた本作品。だっていつの間にか仕事部屋なんて借りるようになってたし・・・今までと変わらない(はずの)貪欲な食事も、どうしても「お金あるから(それだけ)食べれるんだ・・・」と僻み根性で読み続けた。しかし、地元青森県の話に『行ってみようかな』と興味をそそられた。
★16 - コメント(0) - 2016年9月18日

よくそんなに食べられるなぁ~感心。フレンチトーストたべたいなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年9月9日

文京区立根津図書館で借りました。
★2 - コメント(0) - 2016年9月1日

自宅で食べる好きなもの、外食で好きなもの、旅行先で食べたもの、etc...。夜中に読んではイケナイです。納豆にいろいろ入れたのは美味しいよね。イチゴのチョコは見かけるけど、食べた事なかったなぁ。確かに食べるところが小さいんだよね。やっぱり、どこのお宅でも〝ブーム食品”はあるよねぇ。このエッセイ漫画を読むと、「うへへ」がうつりそうで危険(笑)
★20 - コメント(0) - 2016年8月17日

めっちゃお腹すきました〜!スペシャル納豆にピザ、明石焼き…食べたい!庶民的で親近感わきますね。
★21 - コメント(0) - 2016年8月13日

この人の食べ物系のエッセイはほんとに食べ物が美味しそうで食べたくなる!
★12 - コメント(0) - 2016年7月29日

たかぎなおこさんの本、久しぶりー。あぁいろいろご飯、美味しそう。三重県のお話もちょいちょいいいし♪この本で一番思ったのは弘前の桜が見に行きたい!と。明石焼きも食べてみたいー。
★7 - コメント(0) - 2016年7月24日

買っちゃったよ~。最近、たかぎマジックにやられすぎ。青森までももせさんのフレンチトースト食べに行きたくなっちゃった。納豆も食べたくなる~!
★26 - コメント(0) - 2016年7月24日

作者さんの「おいしいもの見つけるセンサー」は凄い! 「スペシャル納豆」食べたくなりました。
★33 - コメント(0) - 2016年7月24日

大阪に旅行に来たときの話が凄い!ちょ、何食たこ焼きたべはるのんwww新梅田食道街のたこ焼きやはいっつも混んでるから気になってるけど食べたことないなぁ。あと、明石焼き食べに行きたい!!描写がおいしそうでたまらんかった。
★5 - コメント(0) - 2016年7月22日

食い意地丸出しのたかぎさん本。一品にハマってリピートしまくるあたりが、ご両親とシンクロしてますね。微細な食レポはなく、ただ食欲に素直にしたがい、ひたすら食う!飲む!担当さんとの旅もほのぼのと。フレンチトーストの飴細工は写真で納得。イラストだと伝わらないよ!ピザへの情熱も田舎者な私はわかります。
★17 - コメント(0) - 2016年7月16日

どこそこのあれが美味かっただの、どうやって食べるのが美味いだのと、食べ物の話をするのが大好きな私にぴったりの本。著者と年代と地元が近いからか同感できる部分が多かった。漫画なので食自体の写真は少ないのだけれど、下手な食レポより、食いしん坊が求める食コメント満載で不満なくスラスラ読める。グルメガイドではないので、食に興味のない方(おそらくそんな人はこの本を手に取ることはないと思われる)には、だから何?という話かもしれないが、食べることが好きな人には楽しいひと時を約束してくれます。
★5 - コメント(0) - 2016年7月4日

どこかで有川浩さんがこの本のことを書いていて気になった本。…食にこだわりのない私には、ふーん、というだけだった…。鶏さんには改めて感謝しつつ、TKGを頂こうと思う。
★10 - コメント(0) - 2016年6月25日

友人から借りた本。さらりと読めるコミックエッセイ。たかぎさんの「あ~わかるわかる!」っていう生活に共感できてくすっと笑えます。イカの塩辛1本を2日半で完食し「なぜもう1本買わなかった・・・」と後悔する姿は自分を見ているようでした。食べることが本当にお好きなんだろうなぁとほのぼのします。「はやせ」さんとの再会シーンもお人柄がでていて、ほんわかした気持ちになりました。
★20 - コメント(0) - 2016年6月25日

図書館本。今回もやはり美味しそう!いや美味しんだろうな(笑)どれもいいのだけれ納豆の話が面白かった。スペシャル納豆は美味しいんだけど自分で出来るけどめんどくさいし高くつく、思わずそうなんだよね〜と共感(笑)他のB級グルメの話や普段の適当なご飯話も皆良かったです。次は大間のマグロの解体ショー見れると良いですね。
★15 - コメント(0) - 2016年6月4日

はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはんの 評価:74 感想・レビュー:324
ログイン新規登録(無料)