サロメ

サロメ
あらすじ・内容
現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。
このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。彼の名は、オーブリー・ビアズリー。
保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。

あらすじ・内容をもっと見る
322ページ
443登録

サロメを読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
3922登録

サロメの感想・レビュー(12)

原田マハさん初読み。帯に惹かれて購入。オスカーワイルドとオーブリービアズリーが主軸になりどろどろ展開になると勝手に予想していたが姉視点で物語が進んでいきあっさり読み終わった印象。挿絵付き『サロメ』が読みたくなった。
★1 - コメント(0) - 1月19日

19世紀末のロンドン。天才的な絵の才能を持つビアズリーと、女優の卵である姉メイベル。彼らの前に現れたのは、作家オスカー・ワイルド。彼の戯曲サロメの挿絵を弟に描かせるべく、ワイルドに近づく姉の策略、そして破滅への道。 世紀末の退廃と背徳と甘美的なロンドンの空気に包まれながら、二日で読了。 読むこと自体が罪になる、というワイルドの『サロメ』の深淵に触れることが出来た。原田マハの直球。面白かった!
★3 - コメント(0) - 1月18日

tai
プロローグは原田マハ。本編は小川洋子ぽくなってるけど、小川洋子ほど繊細ではない感じ。最後は?…これから読みます。
★1 - コメント(0) - 1月17日

ため息が出るくらい素敵な余韻。世紀末ロンドンの空気を、わたし、たしかに吸い込みました。そしてミレイのオフィーリアが頭に浮かびました。ラストのそのあと、メイベルはどうしたのだろう、と想像した時。
★3 - コメント(0) - 1月17日

読み始めると興味深い内容に惹き付けられて一気読みだった。戯曲「サロメ」の挿画を描いたオーブリー・ビアズリーを取り上げた長編小説。姉のメイベルが印象深い。彼女の弟への慈しみ、自らの願望、見え隠れする羨望や焦りの気持ちが丁寧に描かれる中、徐々に過剰かと思えるほど固執する気持ちが顕著に表れてくる。そこに結構な畏怖の念を抱かされた。また、オーブリーが描いた挿画が文章を凌駕するほどのものとなったいきさつの話も興味深いものだった。それにしても表紙(戯曲のクライマックス)の絵がやはり印象的。
★17 - コメント(0) - 1月16日

タイトルを見た時に、オスカー・ワイルドは読んでいないし、あらすじをオペラで多少知っていた程度で、新約の話など全然知らない。冒頭でそのあたりは書かれていて、内容は戯曲を書いたオスカー・ワイルドと挿絵をした25歳で早逝した画家、オーブリー・ビアスリーと姉のメイベルの交流を中心に描かれた作品だった。人物描写の中に官能的な「サロメ」の内容を織り交ぜて書かれている。物語の発想や視点は、原田さんらしいものでとても面白く読む事が出来た。不満を言えばもう少し長くじっくり読みたい物語だった。
★60 - コメント(2) - 1月15日

ビアズリー 書誌裏No.348「サロメ」2017年1月16日。原田マハ。オスカー・ワイルドとオーブリー・ビアズリーの『サロメ』にまつわる愛憎を、ビアズリーの姉メイベルの目を通して語る。なぜ英語版『サロメ』にアルフレッド・ダグラス訳の文字が無いのかを、このように鮮やかに描き出したのは見事の一言。当時の絵を見ながら読めば、より楽しさも増すこと間違いなし。原田マハさんとぜひビアズリー談義をしたいなあ。ビアズリーファン必携の書。https://librize.com/places/656?page=5
★4 - コメント(0) - 1月15日

原田マハさんのお得意分野ということで予約発注して発売日に読み終える。1890年代の実在の画家、舞台演劇の世界が描かれ読みながらその風景が浮かび楽しめた。欲をいえは猟奇性の深層を、そして挿絵も組み込まれてあれば長く残る作品になったかな?とも思う。
★5 - コメント(0) - 1月15日

イギリスの25歳で結核でこの世を去った挿絵画家のオーブリー・ビアズリー。その挿絵画家になる前からこの世を去るまでを姉のメイベル・ビアズリーの視点で描いたもの。代表作は作家オスカー・ワイルドの戯曲に挿絵を描いた「サロメ」。読後感は良い。
★28 - コメント(2) - 1月15日

昨日なんとなく本屋に寄ってみたら、この本の表紙が目につきました。マハさんだ、と、直感で手に取りました。何となく聖書にヘロデ王と娘の話があったことは覚えていましたが、あんな風に禁忌的な要素を持ち合わせていたとは。ここは現代日本で当時のイギリスのような規制はないはずなのに、自分も共犯者になったような気持ちで、スリルを味わうように読み進めました。恥ずかしながら、ワイルドもオーブリーも知らなかったのですが、面白かった!ただ、甲斐が出てくる必要は果たしてあったのか?と思わざるをえませんでしたが…。
★3 - コメント(0) - 1月14日

今読んでいるみんな最新5件(7)

01/18:toy
01/17:たろさ
01/15:ユウキ

積読中のみんな最新5件(29)

01/19:ほちぽん
01/19:はな
01/18:AZITO

読みたいと思ったみんな最新5件(395)

01/20:たま
01/19:yokorin
01/19:しんじ
01/19:鱒子
01/19:流蓮
サロメの 評価:100 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)