武将列伝 (5) (文春文庫)

武将列伝 5巻の感想・レビュー(16)

真田昌幸・幸村親子など6人の武将の略伝です。主に戦国末期の武将なので生き残るのは伊達正宗だけ。長曽我部元親は時代が遡るので別ですが、石田三成は関ヶ原で敗死し、加藤清正は大坂の陣以前に病没。その器量を論じる以前に、時代の流れの抗い難さが迫ってきます。
- コメント(0) - 2016年11月19日

2016年7月27日:とし
2016年4月4日:虹色パパ
2012年4月15日:caramelscratch
2012年3月17日:ま~
2010年5月29日:たけぞう
2008年8月17日:マダム
2005年5月4日:kurayamadasoga
--/--:出世八五郎
--/--:hidecky
--/--:Kaizo
--/--:sally
--/--:tenma
--/--:おとや

積読中のみんな最新5件(8)

03/16:BIN
06/21:清流
12/05:虹色パパ
02/23:yuuchann
01/03:タケ
武将列伝 5巻の 評価:13 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)