シャネル・スタイル (文春文庫)

シャネル・スタイルの感想・レビュー(38)

ファッションだけでなく女性の生き方を大きく変える方向を時代に示したシャネル。その生い立ちと残した言葉には大きな感銘を覚えた。20世紀初頭にすでに自立した女性として、多くの恋愛も力に活躍したシャネル。一度は引退したものの、戦後70才にして復活し、そしてあのシャネルスーツを世に送り出した。「装いは知恵であり、日は武器である。そして謙虚さはエレガンスである」 美にこだわる姿勢を何歳になっても忘れてはいけない。
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

ポリシーを持ち時に男性に支えてもらいながら仕事に生きた女性ガブリエル・シャネル。時系列がバラバラでわかりにくかった所が残念。彼女について他の本も読んでみたい。
★15 - コメント(0) - 2015年5月9日

渡辺みどりさん、高校の同級生にいた!!
- コメント(0) - 2015年4月18日

ココ シャネルの自立した生き方には憧れる。凛とした強さと女性らしさ。男と張り合うのではなく女性らしさを保ちながら男性を味方につけて仕事をするシャネルは賢くかっこいいと思う。
- コメント(0) - 2014年8月14日

シャネルの人物像に迫る、ってあるから迫ってるのかと思いきやそうでもなく。 なんとなく話が重複してたり作者の話の方が前に出てる気がしました。
★1 - コメント(0) - 2014年5月23日

朝ドラ『カーネーション』にハマっている私。主人公モデルの小篠綾子さんを、岸和田のココシャネル、なんて書いてる雑誌記事かなんかを読んでたところにこの本と出会う。小篠さんもパワフルな女性だったんだろうが、シャネルは規模が違うな!シャネル語録には、共感するところがあるし、憧れます。
- コメント(0) - 2012年2月24日

シャネルの名言の数々。一言一言が胸に染みます。またその言葉の背景にあったものを解説していて、こちらも興味深い。女性の自立が難しかった時代に、自立を成し遂げたシャネルだからこそ言えた言葉の数々だと思います。
- コメント(0) - 2011年2月18日

著者の自分自慢がひどい。でもシャネルのことはちょっとすきになれた。
★2 - コメント(0) - 2010年1月27日

ブランド物にはほとんど興味のない私だけれど、ココ・シャネル(ガブリエル)の生き方やそのスタイル・香水なんかの裏にある彼女の哲学にはとても魅かれる。 彼女が実際にはどんな女性であったかは今となっては誰にも分からないので別としても、凛としていて一本筋が通っている女ってとても美しいと感じる。
- コメント(0) - 2009年8月14日

やっぱり男運は大事!
- コメント(0) - 2009年2月21日

今読んでいるみんな最新5件(2)

08/12:朋美
05/31:わた

積読中のみんな最新5件(2)

08/09:kanipanda
04/25:わた

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

05/09:ノリ
シャネル・スタイルの 評価:53 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)