どうにかこうにかワシントン (文春文庫)

どうにかこうにかワシントン (文春文庫)
295ページ
88登録

どうにかこうにかワシントンはこんな本です

どうにかこうにかワシントンはこんな本です

どうにかこうにかワシントンの感想・レビュー(72)

ワシントンに留学した時の話し
- コメント(0) - 2月26日

若さゆえの勢いがいいね。今ではムリだろうな
★3 - コメント(0) - 2016年1月6日

阿川さんのゆるゆるエッセイ。ゆるゆるなのに、こんなゆるゆるな方があんな素敵な女性なんだと思うと、なんだかずるい。私も彼女のようになれるかしら、と少し焦ったりもしてしまう。
★1 - コメント(0) - 2015年3月22日

彼女のエッセイはこれで何冊目か?肩こらず気軽に読める。多くの人が思ったり、感じたりしてる事を文字であらわしているから共感するのだろう。勿論この本の多くはワシントンでの生活体験を描いたもので、大部分の人達は同じ体験はしていないであろう。にも関わらず共感してしまう。彼女の文章の魅力の1つに素直な感情表現を文章に書いているからなのでないだろうか?構えたたり気取ったりしていない。最近テレビのインタビュー番組を見ていると、彼女の質問には何でも答えてしまう雰囲気を感じてしまう。文章にも言葉にも彼女の人柄がにじんでる。
★1 - コメント(0) - 2013年8月23日

ゆるゆる。どうにかこうにか。
★1 - コメント(0) - 2012年3月15日

はしかの話は同感だった。あとがきの日本とアメリカの比較の話が印象的でした。場所が変わっても特別構えることもなく、ゆるく真面目に面白く文章を書ける人なんだな。
★1 - コメント(0) - 2010年10月9日

TVタックルでおなじみの阿川さんのワシントン滞在時のエッセイ。はじめて阿川さんのエッセイを読んだけど、TVでみたまんまの阿川さんらしい文章がとてもかわいらしい。軽快な文章のなかに鋭い洞察も含まれている(予想外の)真面目なエッセイでもある。
★1 - コメント(0) - 2009年11月15日

病院の待ち時間に読み終わる。この人の凝り性になれないところなんかは親近感わく。今の私より少し年上のアガワさん、なかなか面白い。
★1 - コメント(0) - 2009年10月28日

ゆるいエッセーというか旅行記というか
★1 - コメント(0) - 2009年8月11日

★★★★・
- コメント(0) - 2006年7月20日

2001.3
- コメント(0) - 2002年1月1日

既読。
- コメント(0) - --/--

☆☆
- コメント(0) - --/--

2002年11月2日
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(5)

12/17:Ruki
06/25:まこ
10/13:コジモ

積読中のみんな最新5件(3)

07/25:コジモ

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

06/11:はな
05/08:mifiko
06/21:三転倒立
どうにかこうにかワシントンの 評価:42 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)