直木三十五伝 (文春文庫)

直木三十五伝の感想・レビュー(17)

植村鞆音さんの『直木三十五伝』を読了。かの有名な賞の名前にもなっているけど、作品がいまいちピンとこない(…申し訳ないです)作家の評伝。実はかなり破天荒だったことがよくわかる。
- コメント(0) - 2016年12月15日

太く短く全力疾走!執筆数は芥川氏と共に横綱級、映画を始め企画能力に溢れるビジネス・パーソン。著名作家からの一任は、信頼と実績の証。特に菊池氏のマントと手直り表の件には思わずグッとくる。「文壇諸家価値調査票」も興味深い。何せ氏の資産は借金ですから~。(笑)一方、その破天荒な金銭感覚。宵越しの金は持たないを地で行く芸術家?!洒落にならないのは家族。臨終ははな子と弟・清二のみなのも、粋な印象を大切にしたかったのかもしれない。まぁ震災非難時に借金棒引きが頭にあっても、借金取りが宗一に惚れるんだから人徳だよなぁ。
★47 - コメント(0) - 2016年4月24日

その昔、私は直木三十五の読み方が分からなかった。 山本五十六の例もあるように、三十五も何か違う読み方をするのではないかと思っていたからだが、何のことはない、ただのさんじゅうごにすぎないのだが元はと言えば直木三十一から始めたとか。この本を読む限り、大正の終わりから昭和の初めにかけて絶大な流行作家だったらっしく同時代人もそれを認めている。 代表作は『南国太平記』という薩摩のお由羅騒動をもとに書かれたものらしいが読んでいない。とにかく彼は書きに書きまくって儲けた金を散財して生涯借金に苦しんだ一生だったみたいだ。
★1 - コメント(0) - 2015年6月14日

文藝春秋の文学賞には芥川賞と直木賞がありますが、芥川は有名ですが、その一方で直木三十五とは何者なのかと思っていました。そこで、直木の甥が書いた評伝です。 その仕事ぶりを「プランメイカー」と評しているように、大衆文学家だけでなく、編集者、映画プロデューサーなど多彩な仕事ぶり。菊池寛の深い親交があったこともあり、直木賞に名を遺したというわけです。 金遣いが荒く、近くにいたら少々面倒な感じもしますが、逆に魅力的な面が浮かび上がってくるのも事実。それゆえ菊池寛と親交厚く、直木賞に名を遺しているわけです。
★1 - コメント(0) - 2014年6月14日

直木氏の人となりは何かで読んだ事があったが、甥の手になるこの読みものはなかなか実像に迫っており、感情をさらりと流した内容・・読みやすく、面白かった。もっとも筆者自体、メディアの最前線にいた方だけあって、切り口がいい意味で手慣れた感じ。 直木氏は啄木、太宰の流れにいた作家。デカダン風、かついい意味で天才肌だが生活を共にする人の辛苦は大抵のものでない。お定まりの女性遍歴と浪費癖。普通に暮らせば、結構長寿だったろう家系。残された遺子2人の末路が淋しかった。仲間に愛され、特に菊池寛に大切にされた傑物。
★24 - コメント(1) - 2014年1月7日

すっごい(感じの悪いw)人だったんだなあと。直木三十五の小説って残ってないですよねぇ。それはそれですごい!
★4 - コメント(0) - 2013年9月5日

直木賞はみな知っているのになぜか直木本人や著作を現代の人は知らない。そんな理由からこの本を手にした。なかなかやるじゃなきか直木。破天荒ではないか!「やる事成すことなワイルドだぜ〜」菊池寛は元々好きなキャラだったが真逆の直木好きになったぜ〜。格闘技で言うとセオリーを持たないので相手を翻弄しながら戦う試合わ彷彿とさせた!
★2 - コメント(0) - 2012年7月30日

菊池寛が大衆文学に「直木三十五賞」を制定したのも道理、文藝春秋の草創期に多大な貢献をした。早書きの特長として口語を移したような流れるような文章で迫力があり読みやすい(欠点として前後に矛盾があったりする)。信じがたいが話し声などの騒音があるところの方が執筆しやすく話しながらでも書けたという。早死にで、稼ぐだけ遊興費にも費ったから遺産と言えるほどのものは残らなかっただろうが甥が記憶の失われないうちに伝記をまとめてくれた。定年後に一冊の本というのも一つのドラマ。
★3 - コメント(0) - 2012年2月28日

自らの人生を自ら壮絶に彩った希代の大衆小説家直木三十五。
★3 - コメント(0) - 2011年5月25日

来週、直木三十五記念館へ行けることになったので、再読。直木賞にその名を止める作家の生涯。映画や小説になっていないのが不思議なぐらいの、破天荒な一生です
★3 - コメント(0) - 2011年5月23日

近藤勇と科学(新選組興亡録、収録)に感動して本書を手に取りました。年単位で積読していたことに大後悔。生き急ぐかのような破天荒な人生に唖然とし、同時に魅了されました。著作が入手困難なのが残念
★6 - コメント(2) - 2011年1月12日

壮絶。
★3 - コメント(0) - 2008年8月24日

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/06:半殻肝

積読中のみんな最新5件(3)

10/15:Books'Lupin

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

03/16:チャト
09/15:africo
12/10:Tosh!
12/02:あずき
直木三十五伝の 評価:100 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)