ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellion (トクマノベルズ)

ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellion (トクマノベルズ)
235ページ
256登録

ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellionはこんな本です

ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellionはこんな本です

ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellionの感想・レビュー(190)

あーもー。亮介くんと亜衣ちゃん可愛かった。安定の2人。幸せになってよー希沙良…と思っちゃう。なんか彼はいつもしんどそうだな。この物語の着地を見届けたいと思います。
★5 - コメント(0) - 2016年12月1日

どうしよ。泣いてしまう。諒ちゃんの歳を十九郎の忍サマの年齢を越えちゃう…とかなんとか言っていた若き頃を思い出す。どこまでこの物語は行くのだろう。
- コメント(0) - 2016年5月14日

再読。コバルト時代に読んでいて、たしか7年ぶりの新刊で嬉しかったのに、ラストに大衝撃を受けたんだった。希沙良がかわいそうすぎる。十九郎の暴挙が酷すぎる~。ここで手を離すなら最初から手を握ったらダメでしょ? 「旅行には、いつでも、また行けばいいんだ。みんなで行きましょうよ。終わったら」「ぜんぶ、終わったら。みんなで」と言う亮介の言葉が切ない。終わったら『みんなで』行けるのだろうか。
★4 - コメント(0) - 2016年4月4日

全然内容を覚えてなくて新鮮だった(笑)というか、新巻が出たのを知るたびに読み返しているのですが、シリーズ後半の話がなんかよくわからなくなってるなー。間が空くというのはやはり致命的ですね。出版社も変わってしまったし、結末をはやく付けてほしいかなと。もう今読むと「修学旅行」とか、行事が若すぎてついていけないところがあるのねー。十九郎さんは皓と決着をつけて戦線離脱したいのだと思うのだけど、違うのかしら。
★1 - コメント(0) - 2016年3月21日

私にしては異例のスピードで読み切った。やっぱ、「オーラバ」は面白い。前巻から引いていた謎が順々に解かれていき、人間が消えていく理由、天を覆う鏡の正体、忍さまが術者たちを修学旅行に行かせたわけなど、きちんと語られていって、読んでいてもすっきりした。「旅行には、いつでも、また行けばいいんだ。みんなで行きましょうよ。終わったら」「ぜんぶ、終わったら。みんなで」ああ、本当にそろそろ終わりなんだなあ。と、しみじみしますよ。さて、またひどいところで引いたので、続きを読みます。すぐに続きを読めるっていいなあ。しみじみ。
★4 - コメント(0) - 2016年2月14日

A
久しぶりすぎて忘れていたため、漫画でざっとおさらいしてから読み始めました。本編前のあらすじがとてもよかったです。コバルトチェックしていないうちに、続きが出ているのかと思っていたのですが、出ていなくて、これが正真正銘の続きで嬉しかったです。あと、最後まで書いてもらえるということが何よりうれしいです。また、1巻から改めて読み直したいと思います。(でも、文字数が多いから根気がいるんだよな…漫画でも文字数多かったのに……)
- コメント(0) - 2016年2月11日

9月に続きが出るみたいだから急いで読んだ(買ったのは随分前)。「烈光の女神」以降の巻を読めてないから、あらすじがあって助かりました。この作品は女性陣が一番強くて頼もしい。
- コメント(0) - 2015年8月19日

再読。2014年741冊め。やっぱり十九郎は行ってしまうのか。
★13 - コメント(0) - 2014年9月16日

物凄く久し振りに本編を読んで、こんな書きぶり、こんなキャラ、こんな展開だったかと疑問に思ってしまった。そしてやっぱり話が進んでなくて続きが出ないwww
★4 - コメント(0) - 2014年9月10日

久しぶりすぎて忘れてたのであらすじ解説が助かりました。こんな感じだったな~と思いながら読みましたが、十九郎が~><続きが気になります
★2 - コメント(0) - 2014年6月6日

続きはいつかなー??十九郎が…(T_T)
★2 - コメント(0) - 2013年6月27日

学生時代に読んでいた作品の続編が出ていたことを知り、そく購入でした。前作を読み直さなくてもあらすじが詳しく書いてあったので良かったです。でも、いづれ読みなおしはしたいと思います。十九郎の先が気になっていたので、続編が読めて嬉しいです!スピンオフの作品もあるようなので購入します。
★1 - コメント(0) - 2013年2月21日

最近オーラバにハマっていままでのお話を読んでないのにこの本を読んでしまいましたが、あらすじが書いてあったので話がわかりやすかったです。
★5 - コメント(0) - 2012年11月24日

十代に読んでたシリーズの続編。かなり期間が開いての続編なんで内容忘れてた(^^;)懐かしいメンツとの再会♪でも、希沙良と十九郎、二人の関係が痛いなぁ(´д`)希沙良好きな自分は、つい希沙良よりに見てしまうので、十九郎が酷い奴に思えてしまう。最後のあのシーンはなんだ!あんたは何がしたいんだ(>_<)取り敢えず、次巻が早く読みたい
★2 - コメント(0) - 2012年10月1日

購入してすぐ読んで一端放置(笑)そうしたら1年以上も経っていました。前作「オメガの空葬」以来何年ぶりですか?いやもう本当に続きはあきらめていたので続きを読める不思議をひしと感じています。里見十九郎が自身の大切なものを全て切り捨て、その命をも賭して願い求めるものは何なのか・・・。若木さんの「あとがき」では次巻であきらかになるようです。後には斎伽忍の物語もあるようですが、十九郎の物語の決着を、この空白の何年かを、このために心の隅に「ハイスクールオーラバスター」をとっておいたようなものなので楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2012年7月2日

買ったまま放置して一年が経ってしまいました…。十九郎が可哀相に思えてきて、読んでいてすごく辛かったのに、何あのラスト!十九郎ひどいっ!!そりゃ私は望んでましたけどね(笑)彼のことだからきっと何か考えがあるんでしょうが、わざと嫌われようと仕向けた行動にしてはちょっとひど過ぎる〜〜っ!で、続きはいつ出るんでしょうか…
★4 - コメント(0) - 2012年5月14日

99
十九郎…(゚ーÅ) ってか久々過ぎて話忘れてたがなwwwあらすじに感謝(´ヮ`;) 微妙に違ってきてるかもだけど「そうそう、この文章だよね若木さんだね!」って色々思い出しながら読みました☆ あと、相変わらず亜衣ちゃんが頼もしいw好きだなぁv
★5 - コメント(0) - 2012年4月29日

話が進まない…続きはいつ出るの?
★2 - コメント(0) - 2012年4月17日

久しぶりすぎて状況を忘れていたけど読みだしたらこの空気を思い出した。女の子たちが強くて救われる。皆それなりに強くなろうと頑張っているのに、十九郎だけは本当に駄々っ子のままで困ったもんだな…。忍さまにガツンとやってほしいような怖いようなw
★4 - コメント(0) - 2011年12月17日

里見が隣にいたら「このおこちゃまがぁぁぁ!」って殴ってやりたいけどでもやはり一番好きです。まぁ譲れないものがあって邁進するのは素敵なことだよね。自己を把握しているくせに悲愴なフリして自信満々なんてホントに面倒くさい人ですよねぇ…。願わくば彼の最大の望みが叶いますように。
★6 - コメント(0) - 2011年12月10日

7年ぶりの新刊らしい。十九郎はなんだかんだで自分勝手な気がする。きさらが可哀想すぎる。水沢君は相変わらずだな。続きが気になる
★2 - コメント(0) - 2011年12月4日

学生時代に読んでいたシリーズの続き!かれこれ10年ぶりですって(◎o◎)なかなか精神的に痛々しい…でも、乗り越えないといけない試練なのだろう…とにもかくにも続きを…!!
★4 - コメント(0) - 2011年11月24日

☆☆☆ 前作までのあらすじを丹念に読んでから挑みましたが、やはりあちこちうろ覚え。希沙良が可哀相すぎる十九郎がひどすぎる。ラストにちょっとびびった。まあ私は諒ちゃんが大好きなので彼が多方面から愛されていればいいや。本人は幸福慣れてないから葛藤しまくりですが、そこがいいんだよ!(笑)忍さまも心配だけど、彼は自分の不自由さも楽しんでいるところがあるからな。繊細な10代の頃から読んでたシリーズで思い入れも深いので、きれいに仕上げていってほしいな、と続刊に期待。しかし挿絵があってないですね、残念。
★7 - コメント(0) - 2011年11月24日

7年…たってたのね。かって私は十九朗が大好きな高校生でした。前作を読んだころには成人して、十九朗のデキスギぶりにぶんなぐりたくなり、大人になったな…と思いました。そして今回、久しぶりにあった十九朗はやはり素敵で、やっぱり彼が好きだと再確認。あと少し、十九朗含め彼らの行く末を見守ろうと思います。
★5 - コメント(0) - 2011年10月2日

すんごい久しぶりに読んだなぁ。久しぶりに最初から再読したい気分になりました。
★4 - コメント(0) - 2011年8月16日

里見氏、能力がほとんど消えて、やさぐれて(?)暴走しています。彼なりの計画があるのだと思うけど、このひと、目的のためなら手段を選ばず自分なんかそっちのけだからなあ。次巻で彼については決着着く模様。心配である。
★1 - コメント(0) - 2011年8月6日

何で7年空いてるのかと思ったけど、いろいろ出版社の事情もあったのでしょうね。内容にそれほどブレは感じなかったけど、文章はなんか簡潔になったかも。以前はこのあと第2章があってみたいな予定だったらしいけど、このまま一気に最終章前段へ突入っぽいですね。十九郎がだんだん怖くなってきた感じ。しかし挿絵はここまでして入れる必要があるのだろうか。イメージぶち壊しです
★3 - コメント(0) - 2011年7月31日

長らく待ったシリーズ続編。相変わらず痛みを感じる文章だなと思いつつも、ページを捲る手を止めさせないのは若木先生の成せる業ですかね。このままシリーズ完結まで続くことを願います。
★5 - コメント(0) - 2011年7月25日

これまでのシリーズは手放してしまっているのですが、たまらず手に取ってしまいました。 さて、本編は前巻からの続き。前の内容をまったく覚えていなくても、あらすじのおかげでなんとか理解できました。 最初は読みづらかったですが、読み終わる頃には文章にいい意味で巻き込まれていたから不思議。とても懐かしく、私にとっても大切な物語だったのだな、と思いました。もう一度集めようかな、と思っています。
★3 - コメント(0) - 2011年7月14日

やっと読めた…。希沙良と十九郎のやりとりが読んでて痛い。亮介がどんどん頼もしくなってきてて、みんな幸せになってほしいと割と切に思ってしまった。続きが楽しみ。既刊も新装版でノベルスから出たりしないかしら…ないかしら…。
★6 - コメント(2) - 2011年7月8日

7年ぶりに続きが出たので細かいところを忘れていて「オメガの空葬」を読み返してから読めば良かったと後から思った 長く待たされた割には話があまりにも進まなくて...まぁ版元の引越しもあったしおさらいとしての本だったと思えば仕方ないか... 完結してないのにシリーズを増やしすぎたのにも問題だと思ってたけど続きを出してくれたことには作者の努力を買います でも「XAZSA」や「エクサール」のファンの方々も続きを待っているのでは?
★1 - コメント(0) - 2011年7月6日

このシリーズを初めて読んだのがこの本でした…内容わかるだろうか?とも思ったのですがあらすじのおかげでなんとか把握。あらすじわかりやすいよあらすじ。で内容は里美さんェ…うん、幸せになってほしいです。諒の話し方が好きです。次はいつでるのだろう、続きが気になります
★3 - コメント(0) - 2011年7月6日

続きが出てよかった。やはり痛い話。里見さんが加速度的に暴走中。希沙良がやみやみ。リベリオンは反乱。革命ではない。冷泉院さんで亮介諒コンビがやられたので次はこっちか。今度は亮介達が助けるのかな。鳴木さんけっこう好き。忍さんがちゃんとブレずに忍さんで嬉しい。そういや声優さんが武田軍の忍@BSRと同じ。西城さん好きなのに出番少ない…。あとあらすじわかりやすい。
★4 - コメント(0) - 2011年7月1日

- コメント(0) - 2011年6月30日

まさかの続編・・・昔好きだったので、けっこう覚えているものですね(笑)。そして、なんてわかりにくくて面倒くさい人達・・・でも、そういう事も含めて好きなんだなあ。続きを必ず出してくださいね!
★12 - コメント(0) - 2011年6月27日

諒がいてほっとする。いつものとおり。三島アカリさんの出番がオーラバにも、もっと増えるといいな、と思ってます。
★3 - コメント(0) - 2011年6月24日

オーラバだー!!(涙)中二と言われよーとも、まだやってたの?と言われよーとも大好きです。読み始めは彩よか年下だったのにとか言っちゃダメだ。最愛の十九郎がいい感じに病んできて(いや、擬態がはがれおちて)更に愛が深まる(笑)。あと、希沙良は年齢が上の女が好むようなタイプのモテだな、と再確認した。楽しみすぎて一度本を置いてみるとか久々でした…。まじめな話をすれば、若木氏は「選ばれた者と選ばれなかった者」がテーマの話を繰り返し書かれていると思う。それが端的に表れてるのがオーラバ。
★8 - コメント(0) - 2011年6月16日

ひさしぶりのオーラバスター。里見くん自暴自棄すぎ、希沙良かわいそスギ、亮介ちゃん落ち着きすぎ、諒ちゃん中2病すぎ、冴子さんかわいすぎ、ジョーアツ出番なさすぎ、全体的に昭和テイスト引きずりすぎ。
★3 - コメント(0) - 2011年6月14日

7年待って、やっとでた新刊!思っていたよりページ数が少なくてすぐ読み終わりそうだったので、勿体なくてかなーり時間をかけて読みました。もういい大人になった私には、大好きだった里見十九郎という人物が理解できない…ただの究極不器用なのか単なるワガママなのか、もしくは策略家なのか…。ほとんどの登場人物がすごく幼く感じられ、自分が年をとったことを痛感…(´-ω-`)しかし登場人物に共感はできなくとも、読みながらじれったくてもどかしくて切なくなって、結局中学生の頃のようにドキドキしながら読んでしまいました(笑)
★4 - コメント(0) - 2011年6月11日

7年経っても若木さんは若木さんだった。良くも悪くも。キャラは少し頑なになった気がするのは読み手の私が年をとったからだろうか。完結に向かって動き出したのなら、このまま止まらず進んで欲しいものです。
★6 - コメント(0) - 2011年6月11日

ハイスクール・オーラバスター・リファインド 天の聖痕 the rebellionの 評価:84 感想・レビュー:78
ログイン新規登録(無料)