東京ライオット

東京ライオット
311ページ
60登録

東京ライオットの感想・レビュー(55)

底辺民の目をそむけたくなるような描写と、小市民的建前を貫き通せるはずのタワーマンションの住人、という対比はちょっと面白かった。にしても、この本に記述されている方法で襲われたとき対応できるタワーマンションってあまりないかもしれない。そのあたりは是非はるぶーさん当たりにきいておきたいところ :-)
- コメント(0) - 2015年6月12日

まさかの綾瀬逆指名(笑)問題にならなかったんだろうか?底辺な人々書かせたら一流ですね。登場人物が増えてどこへ向かうのか心配してしまうほどだったけど、はちゃめちゃにえいやー!でまとめた感あります!まあ、よくもわるくも戸梶さんらしい一冊!
- コメント(0) - 2015年1月31日

あまり死んだりグロかったりしない割に結構毒が強い。トカジファンにはお勧め。
- コメント(0) - 2015年1月10日

そんな気はしていた。戸梶小説とウシジマくんの絵柄がマッチすることは。 / 足立区に年収2000万円以上の富裕層向けマンション(コンビニやカフェが施設内にあり、それだけで小さな都市機能)が誕生→完売御礼。高い塀に警備会社常駐とセキュリティを売りにするが、塀の外はシャブ中やヤクザ、ホームレスが跳梁跋扈するカオスゾーン。下流層たる地元住民と富裕層のマンション住民の織りなす群像劇。 / ラストの混迷っぷりはちょっとドン引き。
- コメント(0) - 2014年4月6日

読め!と言われて読んだけどぐーろーいー。こーわーいー。こういうの日常的に読んでる人の脳内ってどうなってんだろ。とどんな近くにいてもおもう。
- コメント(0) - 2013年2月10日

毎度の通り、下衆いお話でした。でも少しマシな方だと思います。ちょっと短いなと思いました。下等階級がこれでもかって悲惨に描かれてますね。暴徒がマンションに殴りこむところ、もうちょっと長くても良かった気もします。
- コメント(0) - 2012年8月8日

さすがだな~みたいな
- コメント(0) - 2011年8月19日

★★★★★
★1 - コメント(0) - 2011年7月15日

戸梶圭太さん3作目読破。まだ3作しか読んでないんですが、この作者さん、貧富の差というかヒエラルキーものが得意なんでしょうか?グロ表現と文章のリズムと時々ある冷静な突っ込みがクセになります。
★2 - コメント(0) - 2011年2月14日

戸梶ワールド全開!いつもは最後にストーリーが崩壊するのにこの本は比較的読後の満足感がありました。
★1 - コメント(0) - 2010年9月29日

相変わらずの戸梶節 好きじゃないのにたま~にフラフラ~っと惹かれてしまうのはなぜかしらん? これもまた才能?!
★1 - コメント(0) - 2010年7月2日

☆☆☆
- コメント(0) - 2009年6月27日

読んでるだけで、心が荒む本(笑)でもこの本がきっかけで戸梶にハマった★
- コメント(0) - 2007年5月28日

今読んでいるみんな最新5件(4)

02/25:
03/01:aka
09/26:岡 幸治

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

03/20:けんぷり
東京ライオットの 評価:47 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)