アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる

アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなるの感想・レビュー(20)

2012年10月20日:のの
2012年10月17日:クウチャン
2012年10月13日:terbagus
1.2025-30年が石油生産のピークとか、日本はそれまでにどのような手をうってくるのか、全然聞こえてこない。2.米の2極化、日本も極端ではないが、同じ傾向では 3.スペインの銀行は教会が支配しているとは知らなかった 4.ドイツは炭鉱労組が強いので、原発が作れないのだとわかった。5.石油減後の世界は確実に経済が低下していくのでしょうね 6.2015には日本の貯蓄率が大幅に減り、国債が売れず、円安に? 7.米政府は1989年に冷戦が終わった後、外国から資金を集める事が仕事になり、エコノミストの時代になった。
★3 - コメント(0) - 2012年8月10日

2012年6月6日:rainyshu
図書館で予約待ちしてやっと読んだので、やや旬を逃したけど、ニュースで 流れていた連邦準備制度理事会やオバマ大統領の施策に対して漠然と湧き出て疑問がこの本を読んで胃の腑に落ちた感じ。まあまあよかった。
★2 - コメント(0) - 2012年5月7日

2012年4月12日:copytomcat
2012年3月17日:chikuwa1107
オバマ政権は膨大な赤字財政を引き起こし、FRB議長バーナーキンは相変わらずドルを刷り続けて、貿易赤字を埋めている。 政権にはロクフェラー財閥に近いキシンジャーアソシエイツ人材が登用され、今年の大統領選挙資金はウォール街から出されている。 アメリカの構図が見えて面白い。ドル暴落世界恐慌が心配です…
★2 - コメント(0) - 2012年3月10日

「オバマよ、お前もか」
★2 - コメント(0) - 2012年2月23日

円はどうなるんだろうかと思い図書館で借りた一冊。あくまでも著者・日高氏の見立てという前提だが、見通しはまったくといっていいほどよくない。アメリカの今後は、次の大統領がよほどうまく政策を進めないと、アメリカ経済における景気の二番底、さらなる円高・ドル安という日本の将来も左右しかねない事態が起こりそうだ。日高氏は共和党よりなのだろうけど、それを差し引いてもオバマの進めている福祉優遇政策は、あまりにもやりすぎな気がする。でも、今日のニュースでは、オバマの支持率は5割を回復したらしい。だいじょうぶか、アメリカ。
★2 - コメント(0) - 2012年2月16日

ken
ファイナルフラッシュと同時に読むとよりリアルに未来が描けると思います。
- コメント(0) - 2012年2月11日

2012年1月22日:けろ
2011年12月21日:バローロ
真新しい情報はないも、アメリカの社会政治情勢を知るには有用
- コメント(0) - 2011年11月23日

2011年11月23日:Hiroki Ishiyama
2011年11月20日:hayabusa
2011年11月14日:タロウだワン
--/--:jack
--/--:siesta

今読んでいるみんな最新5件(5)

02/27:kumaso24
02/23:ぐっぴー
02/11:テツオ
02/09:ken
11/20:hayabusa
アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなるの 評価:70 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)