刑事ぶたぶた (徳間文庫)

刑事ぶたぶた (徳間文庫)
339ページ
735登録

刑事ぶたぶたはこんな本です

刑事ぶたぶたの感想・レビュー(524)

10の短編からなる、ぶたぶたシリーズ第2作。各々の短編の伏線が少しづつ重なり、やがて大きな問題を解決する様はお見事の一言。作品全体に醸し出される優しさは今の自分には凄く癒しになるものであった。
★3 - コメント(0) - 3月25日

なーんだ、短編集ではなかったのか。イライラ、モヤモヤして損した。 今回も「共食い」ネタ出ます。ぶたぶたのサービス入浴シーンもあります。 でも、我々に一番刺さる一言は「子供なんて一人しかいなきゃ、それが一番欲しい子供になるじゃない?」という第一子もしくは、周囲の希望とは違った性別で生まれた子供の叫びだな。 今の日本には無神経な大人が多すぎるから。
★11 - コメント(0) - 3月24日

ぶたぶたさん大活躍の本でした。銀行強盗のシーンでシャッターの隙間から入っていくシーン凄い。ぶたぶたさんしか無理。そして乾燥機より脱水のほうか大変だったというのは、意外でした。うちのぬいぐるみ達も脱水機にかけられる時嫌なのかなっと思いました。
★1 - コメント(0) - 3月24日

妹が出来て、母親との関係に寂しさを覚える小学生とか、夫の不倫相手に嫌がらせされる妊婦さんとか、仲違いした友人に子供を誘拐されてしまう夫婦とか、今回はつらい話が多かった。そしてぶたぶたさんが痛そうな目によくあっていた(笑)
★1 - コメント(0) - 3月5日

【電子書籍】ぶたぶたさんシリーズで読みたいと思っていた本。刑事として、人として信頼度の高いぶたぶたさんの活躍する姿を楽しみました。ぶたぶたさんの特性を生かしての事件はのアプローチは、可笑しさがありました。小学生の子供たちの交流はぬいぐるみの姿が大いに役立っでいました。それぞれの悩みが、正しい方向に進んで良かった。社会生活に馴染んでいるぬいぐるみのぶたぶたさん!お話ししてみたいです。楽しく読みました。
★40 - コメント(0) - 2月8日

表紙の警察車両のナンバー110番なんですね、可愛い。正体不明の誰もが可愛いと思ってしまうぶたのヌイグルミ。が、動く・喋る。刑事だから説得や囮捜査にも大活躍な嘘のような本の話。小さいころは誰しもヌイグルミを唯一無二の友達だと思ってたからこそあの真っ黒な点目は語りかけはしないのに(ぶたぶたは喋るけど)自分の想いを映し出してくれる。ぶたぶたさんの居る世界なら困った事件は多くとも、凶悪な事件も起こりそうにない、安定のほっと出来る読書時間でした。
★7 - コメント(0) - 2月5日

★★★★★ぶたぶたシリーズ、自身初の長編。ぶたぶた(ぶたのぬいぐるみ)さんが刑事(笑)しかも長編(*´˘`*)心が疲れている時にいつも癒やしてくれるぶたぶたさん♬職業が『刑事』でもやっぱり癒してくれました‹‹\(*´◇`* )/››‹‹\(  *)/››‹‹\( *´◇`*)/››核となる事件『赤ちゃんの誘拐事件』の他、ぶたぶたさんならではの解決、流石です(*´∀`*)すぐにでも他の作品を読みたい所ですが、出し惜しみしてまた心が辛くなった時に少しずつ読んで癒やされたいと思います♬
★43 - コメント(0) - 2月4日

シリーズ2冊目。わたしにしては間違わずに順を追って読んでいけてるからうれしい。よく順番間違うから(泣)。ぶたぶたさんの設定、いっぱいツッコミどころがあるけれど、そんなの気にすると楽しくないから完全無視! いいじゃないか、おもしろいのだから。
★5 - コメント(0) - 2月3日

miu
ピンクのぶたのぬいぐるみ、山崎ぶたぶた氏。今回は刑事として張込みや突入、ネゴシエーターとしも大活躍。可愛くて、カッコいい、ぶたぶたを読み続けたいです。
★4 - コメント(0) - 1月27日

刑事?と思ったけど、活躍の場は多数!立川くん、いっぱい勉強できそうだね(≧∇≦)
★3 - コメント(0) - 1月15日

【図書館本】4-'17⇒<ぶたぶたシリーズ②>ぶたぶたさんは可愛いだけじゃない。ぶたぶたさんだからできることがあって、それは私達も同じだ。お母さんが抱きしめてくれるのを待ってる女の子を助けられるのは一人だけだし、大切な友人にずっと言いたかった言葉を言えるのも自分だけなのだ。どうしたらいいのか、どうして欲しいのかを、ぶたぶたさんの優しい点目が教えてくれる。素直な気持ちをするりと引き出してくれるぶたぶたさんはやっぱりすごい。ぶたぶたさんが脱水機にかけられるところは、思わずくすり、でした(笑)
★71 - コメント(0) - 1月9日

忙しない年末にほっこりしたくて積んであったぶたぶたを❤ しかし、ホワホワ癒し系のぶたぶたさんと刑事という職業は対極にあるのでは…? でもやっぱりぶたぶたさんにしかできない仕事はあるわけで、あちこちの部署から引っ張りだこ(笑) 子どもが関わる事件は少し胸が痛む。ぶたぶたさんがすべて解決するわけでなく、出会った人々がぶたぶたさんに背中を押されるように一歩を踏み出すのがいい。
★10 - コメント(1) - 2016年12月28日

お風呂のくだりや洗われてるとこ、乾燥機の中を想像したらすごく癒された。刑事編だけあって少し怖いところもあったけれどほっこり楽しかった。もくもく鼻が動いて話すぶたぶたが可愛くて仕方が無い。
★4 - コメント(0) - 2016年12月14日

【徳間版2nd:再読】初作がショート集で様々な職業だったのですが、今作は『刑事』と一貫しています♪巻を通じてのメインストーリー:誘拐事件が本筋にあるのですが、新人教育だったり、身の上相談だったりと、章毎に繰り広げられる枝葉のストーリーもとても魅力的なのです☆『何故に!ぶたぶたさんに魅了されるのかな~♪』と考えてみると、ホッコリしたストーリーに、オジサン臭(過去の栄光や説教じみて無い)が漂わない経歴・身体をはった生き方、そして、親しみやすい人柄(!?)に惹かれるのだろうな~と思える逸冊なのです(*^-^*)
★5 - コメント(0) - 2016年11月20日

徳間文庫のぶたぶたは、シリアスだ!刑事ぶたぶたを描いた長編!!ハードボイルド!ほっこり感・・・なし
★2 - コメント(0) - 2016年10月28日

ぶたぶたさんが刑事。しかも課を超えて事件を解決しちゃう。なんとも不思議な設定ではありますが、可愛すぎて怒れない(笑) 何箇所かクスッと笑える場面(乾燥機のところとか)があって楽しかった。
★5 - コメント(0) - 2016年10月26日

言葉にできない気持ちも。自分でそのまんま言えばいいんだよ。カッコつけたり、勇気がなくて言えない気持ち。どんどん意地になってしまう。今まで言えなかったなら、本当に言いにくい。そこを支えて、勇気をくれるぶたぶたさんでした。
★28 - コメント(0) - 2016年10月19日

今回は敏腕刑事のぶたぶたさん。部下の立川くんのキャラもナイスでほっこり。表紙のラジコンカーに乗ってる姿も可愛いし、ゴールデンレトリバーの背中に乗るぶたぶたさんを想像するだけで幸せな気分。シリーズ10冊目読了。
★68 - コメント(0) - 2016年10月14日

刑事のぶたぶたさん‥‥洗濯機&乾燥機で洗われてる場面。。。一応お風呂に入るんだぁと感心。私もぶたぶたさん家に招待されたい‥‥カレー食べたい(°∀°)
★3 - コメント(0) - 2016年9月28日

このシリーズを読むとほっこり癒されるのは、ぶたぶたさんの人柄(ぶた柄?)が、相手を包み込むような優しさと懐の大きさがあって、子供の頃にこういう大人が近くにいたら幸せだろうなぁって思えるところかな。加えてぬいぐるみとしての仕草が可愛くて、とにかく萌える。このシリーズ、はまりました。
★3 - コメント(0) - 2016年9月27日

ぶたぶたさん二冊目。今回は刑事のぶたぶたさんが赤ちゃん誘拐事件を軸に進むお話。事件自体はシリアスなんだけど、ぶたぶたさんが出てくるとほっこり癒やされちゃう。潜入するシーンと乾燥機シーンはかわいそうと思いながらも笑ってしまった…よくやる鼻をぐいぐい押す仕草もかわいすぎるし。ぶたぶたさんと知り合えたみんなが羨ましい♪
★24 - コメント(0) - 2016年9月23日

ぶたぶた刑事! 読みたかった〜♪ どの職業についても、常に変わらないぶたぶたさん。今回も面白かった( ´ ▽ ` ) 銃で撃たれるより、刺されるより、脱水機と乾燥機の方が苦手とは...!ぶたぶたさんの潜入捜査に、オロオロするベテラン刑事たちが笑えた(^。^)
★54 - コメント(0) - 2016年9月19日

ぶたぶたさん10冊め。「硝子の太陽R」と併読していたので、時々姫川の後ろにぶたぶたさんの姿を想像して困った。
★15 - コメント(3) - 2016年8月27日

ぶたぶた3冊め。もくもく動く鼻を想像するだけで癒されるー!とんかつ食べるぶたぶたさんってシュールだよなぁ(笑)
★19 - コメント(0) - 2016年8月8日

ずるいですね~。 ぶたぶたに取り調べられたら、嘘なんてつけませんね。笑。
★2 - コメント(0) - 2016年8月7日

〔図書館本〕刑事のぶたぶたさんが大活躍するお話。ラジコンに乗って運転してる姿、専用のリュックを背をって犬に乗る姿、洗濯されて乾燥機にかけられちゃう。もう、読んでるだけでも想像したりして笑えるぶたぶたさん。ぶたぶたさんの奥さんや子供達が気になる新人刑事の立川くん達。最後に、ぶたぶたさん家族を見た感想を知りたかったなぁ。今回も面白かったです(⌒‐⌒)
★35 - コメント(0) - 2016年8月6日

(図書館)単行本 前作の短編も良かったけど、私はやっぱり長編が好きだ‼ほっこりしますね!
- コメント(0) - 2016年8月6日

素直になれない人が気づいてよって言ってる感じの話。初めて会う人はぶたぶたさん見て似たような反応するんだなぁ…
★1 - コメント(0) - 2016年7月29日

ぶたぶたさんが刑事になって活躍。ここで初めて乾燥機にかけられるのか、、、。囮になったり女性の怖さを知ったり腹話術の人形になったり刑事のぶたぶたさんは身体はってるなあ。笑
★4 - コメント(0) - 2016年7月27日

やっぱりいい‼ ぶたぶた○○いて欲しい‼と毎回思います。 今回は赤ちゃん誘拐事件を軸に犬が絡んだ宝石窃盗事件やデパートのぬいぐるみ異物混入事件とお話が進み…刑事ぶたぶたはまさにお助け刑事として課を越えた活躍‼事件が穏やかに(?)解決していく‼
★4 - コメント(0) - 2016年7月26日

かわいすぎる刑事ぶたぶたさん。尾行にだけは向かないって、ですよね~。事件はどれも、人の心の繊細な部分にかかわるもの。だからこそぶたぶたさんが関わると、ポロリと本音が出ちゃったり…。なかなかご対面できない奥さんと子どもたちに会ったときの、立川さんたちの顔が見てみたい!
★30 - コメント(0) - 2016年7月13日

ありえない話なんだけどほっこりします。ぬいぐるみが主人公だから面白いんだろうな、と。
★3 - コメント(0) - 2016年7月10日

後半が良かった。「いくつかの告白」で泣いて、「完璧な囮」で笑って、「読まれない手紙」「彼女の代理人」で号泣して、クスッとして、「幻のぬいぐるみ」で微笑んで。今回も、ぶたぶたさんの魅力にまた気付かされ、人生の本質にまた一歩近付き、ぶたぶたさんの謎にまた触れ。そうしているうちに、新たな、しかし普遍で確固たる、ものごとの真理に改めて思い当たり、ハッとさせられた。ぶたぶたさんのように、自分も周りも受け入れてそのときできることを精一杯やるということが、人間であれぬいぐるみであれ、大切なことだと、幸せなことだと思う。
★60 - コメント(0) - 2016年6月27日

春日署に配属された新人刑事の立川くんの上司は、ぶたのぬいぐるみにしか見えない山崎ぶたぶたさんだった。管内で起きる様々な事件の解決に奔走する…ユーモアでちょっぴり泣けて心があったかくなるストーリー。誰もが抱える小さな心の疵と上手に向き合えない人たちの再生と勇気を気が付けば貰ってたような読後感は本シリーズならではかと思います。優しくなりたいと思う時には、堪らなく読みたくなるぶたぶたさんです。
★20 - コメント(0) - 2016年6月8日

念願の刑事になった立川が、配属先で紹介された教育係の上司はぶたのぬいぐるみだった!山崎ぶたぶたさん、今回は刑事として登場。ぬいぐるみであることを最大限に活かした活躍、前作同様、楽しさ満載、ジーンとくるところもアリで可愛いやら面白いやら。立川とのコンビも息ぴったりで、今後の作品にも登場するそうなので楽しみです。
★31 - コメント(0) - 2016年6月4日

ぶたぶたさんが色々大変な目に合ってますが、可哀想と思いつつも笑ってしまいました。富樫さんはいつまでも反対派を貫いて欲しかったです(笑)他の本にもちょこちょこ刑事のぶたぶたさんが登場するみたいなので偶然の出会いを楽しみに他の作品も読んでいきたいと思います。でもやっぱりぶたぶたさんの料理が沢山出てくる話の方がいいなぁ。
★5 - コメント(0) - 2016年5月15日

今度は刑事さんに…笑 ぶたぶたさんしか出来ないことってたくさんありますよね。 でも、食べ物系の方が私は好みかも(笑)
★3 - コメント(0) - 2016年5月15日

図書館で借りた
- コメント(0) - 2016年5月14日

とんかつを食べるぶたぶた、犬に乗るぶたぶた・・・、想像するだけで可愛い!洗う時は、溺死させてるみたいだなんて、思わず笑ってしまった。ぶたぶたさんの妻子が気になるよ。もちろん、続編も読み続けていきます。面白かった!
★57 - コメント(0) - 2016年5月9日

2016年11冊目。職場図書館本。ずーっと積んだままにしていたのですが、2日かけて一気読み。刑事のぶたぶたさんも、なかなか良かったです。前作の短編とは、また違う味わいがあったように感じました。
★21 - コメント(0) - 2016年5月5日

刑事ぶたぶたの 評価:96 感想・レビュー:257
ログイン新規登録(無料)