アオギリにたくして (徳間文庫)

アオギリにたくしての感想・レビュー(21)

2月2日:まあこ
2016年11月28日:Tomohiko Yamada
2016年9月17日:shisshy
2015年12月10日:田舎っぺ狸
2015年8月30日:ひでじ
読み終えた後、しばらく気が重かった。やはり足を失う過程は凄惨で、破壊された街、失われる命、傷つく人の描写、思い浮かんでくるものは辛い。親が戦後転入者なので、身内に被爆者はいないのですが、被爆に対する差別偏見、被爆者が傷つけあう状況、広島を出たい声は胸に突き刺さるものがある。語り部を始めるに至るところは、自分にある思いと織り混ぜて読めたのは良かった。四年前、東日本大震災後の8月15日に、平和記念公園で被爆のアオギリを眺めていたのを、思い出しながら、生まれ続けていることに感謝と誓いの大切さを感じたのでした。
- コメント(0) - 2015年7月25日

中村柊斗さん「アオギリにたくして」を読了いたしました。 原爆、戦争、広島。深く重いテーマの中に沈み込む人間ドラマに涙しました。 実在してらした方がモデルになっている話だと知って、思わず息をのみました。 凄惨すぎる人生の中に浮かび上がる光。希望。 今度、会ったら母に差し上げよう。 そんな風に思える素晴らしい本でした。 でも、泣いちゃいます。。。うぅぅ。
- コメント(0) - 2015年4月9日

2015年1月29日:Mikawa
2014年11月24日:のんち
何度も被爆者の話を聞いてきた。でもまだ足りない。被爆者から語り部へ。自分の身に起きた惨劇を繰り返さないために、傷口から血を滴らせながらでも、語る被爆者。ただの平凡な人間が、語る壮絶さ。ジュニア新書も読んでみたい。
★1 - コメント(0) - 2014年10月16日

ボスのお勧め。本借りちゃった。ヒロシマで被曝した女性とアオギリの物語。
- コメント(0) - 2014年9月3日

2014年8月9日:みやさこっこ
壮絶で逞しくてそして優しい物語。最後は暖かい気持ちになれます。
- コメント(0) - 2014年7月27日

人間とは強くて弱い。女性の強さがとにかく鮮やかにかかれていた。
- コメント(0) - 2014年5月20日

2014年4月27日:gromit
2013年12月22日:Kaori Yamashita
2013年12月15日:半殻肝
2013年8月1日:Chikako Kato
--/--:muzeo
当時の語りべが少なくなっている現実。アオギリが、被爆者の思いや苦しみを乗り越えてきた現実を後世へとつなぐ架け橋であることを願います。
- コメント(0) - --/--

--/--:pyon

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/27:諭吉

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

02/17:真朝
09/25:taiju
08/07:蔵王丸
09/03:ち~
アオギリにたくしての 評価:67 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)