花のズボラ飯(3)(書籍扱いコミックス)

花のズボラ飯 3巻はこんな本です

花のズボラ飯 3巻の感想・レビュー(634)

ズボラと言いながら、結構マメだと思うんです。本当にズボラだったら、干物なんか焼かないし、包丁も使わない。あと、食費が凄いんじゃなかろうかと…。私なら一人のときは、カロメー食べて終わりですよ…(滅多にないけど、そんな機会は)。蕎麦やうどんを茹でるのすらめんどくさい。花ちゃんは、本当は出来る系のズボラー。本物のズボラーは、食べること事態がめんどくさい…。
★4 - コメント(0) - 3月26日

アボガド丼、セリ蕎麦、お茶漬けと料理漫画と思えないほどの花さんの手抜き。そしてそれがいい!自分もズボラですが作ってみたい(楽そうな)料理がたくさんです
★2 - コメント(0) - 3月26日

鍋食べたい
★3 - コメント(0) - 3月9日

花ちゃんは相変わらずカワイイ!
- コメント(0) - 2月25日

絵柄が丸っこくてかわいいのになんかセクシーで独特。 完全に独り言だけでお話が進む割に、想像力豊かなひとり劇場が面白い。 今思うと逃げ恥とちょっと似てる。
★1 - コメント(0) - 2月22日

なぜアノ流れで飲んで帰ってくる時のお土産の話になるのか 花さんって不思議
- コメント(0) - 1月29日

いつもお腹が空いたら食べている花ちゃん。お腹が減ったらご飯を食べるっていうのは、ダイエットでも必要不可欠なことだけど、どうして花ちゃんは太ってしまうのか。食べる時間がバラバラなのと、一回の食事の量が多いから、太るのかな?
★5 - コメント(0) - 1月13日

相変わらずズボラに笑え、腹が減ってから作るたまらん飯に共感。今、気付いたのだが、原作は『孤独のグルメ』の人だ。どうりで飯が上手そうなはずだ。
★4 - コメント(0) - 1月7日

家ってあんなに汚くなるものなのだろうか…!? 小説に出て来る料理描写が美味しそうだと嬉しいっていうのには共感。3巻が出るのが大分遅かったので4巻はまだ先かな…。
★2 - コメント(0) - 2016年12月10日

花さんの圧倒的なズボラっぷりに少々イラって来てしまったんだけどこんなだったっけ?ただ単に今の僕が前より狭量になってしまったのか?毎度毎度の様々な寸劇に笑う。
- コメント(0) - 2016年12月9日

お腹の空く1冊です。カレーうどん鍋作ってみようかな?あと、出前一丁が食べてみたいです。
★2 - コメント(0) - 2016年12月4日

えっ?波平さんやマスオさんのおみやげって、中はああなんですか?私はずーっと折詰の寿司だとばかり思ってました。そうだったのか・・・。それはそうと「あの状況(P121)」からどういう過程を経て「あのおみやげが欲しい」という話に至ったのだろうか・・・。
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

D
川下弘美氏ナイス!
★12 - コメント(0) - 2016年11月26日

お茶漬け海苔パスタでもめっちゃうまそう。毎日本屋のバイトいくだけでマジで何もしてないけどちょっとしたグルメで滅茶苦茶幸せそうに生きてる花がいいね!干物もめっちゃ美味しそう。干物食べたくなった回。
★7 - コメント(0) - 2016年11月20日

ei
花はほんとうに明るくてダジャレのひとで、そしてずぼら。3巻も変わらず。いっそうずぼらになっているのでは?と思ったけど、よくよく考えたら初めからずぼらだ。2巻ですこし重めのエピソードに触れられたけど、それは3巻ではなし。花と違ってマメなお隣さんたちがしばしば出てきた。おとなりさん、いい人たち!最後のバーベキューは楽しそうだったけど、少し駆け足だったかも。
★17 - コメント(2) - 2016年11月6日

★★★☆☆[再読/入浴読書(10/30~10/31)]疲れてるんだけど、何か読みたいなぁと手に取りました。約1年前の発行、4巻もそろそろかなぁ?(コメント欄入力:2016/11/06)
★4 - コメント(0) - 2016年10月31日

わりとちゃんと作ってるじゃないか。
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

相変わらず千切りキャベツお好きな様でww 便利な物はドンドン使うと言うのは良いと思う。 いつも最終的にノリ&鰹節をぶっかけるww んで味変えの2杯目はマヨで。 おっさん飯ジャンww
★5 - コメント(0) - 2016年10月28日

どの巻を読んでいても思うのだが、ヒロインの花があまり性格が良くないという所が好き。性格のいいヒロインが出て来る漫画を読んでいると「それに比べて私ときたら…」となってしまう自分にとってはこのくらいが丁度良い。旦那がたまにしか帰って来ないのをいい事に部屋は散らかし放題、只でさえ子供が出来にくい体なのに肥満気味の体型も放置し飯も雑、という女性が性格美人でも微妙なだけだし。
★6 - コメント(0) - 2016年10月8日

調理、食事場面が美味しそうなのは変わらないのですが、1巻、2巻と比較して背景の書き込みが乏しかった。1、2巻では「汚い部屋」の中にも花の生活を想像できるような描きこみが豊かなのが魅力だったので、すこし残念。
★6 - コメント(0) - 2016年10月1日

久住昌幸のくどさが増してきて、この絵柄だとつらいかも。
★2 - コメント(0) - 2016年9月16日

続編って出るのかな?連載はしてないみたいだけど……
★1 - コメント(0) - 2016年9月4日

Fe
秋田書店 2015年11月刊。『エレガンスイブ』2012年5月号別冊~2015年10月号、『もっと!』2012年準備号~2014年vol.7、『コミックmotto!』2014年AUTUMN に掲載された15篇、35皿め~49皿め。みやこ町図書館蔵書。巻頭4ページの口絵と最初の「35皿め ユーズリ・バージル・ペペロンチーノ ゴロさんの飲み残しワイン」p.7-16 はカラー。相変らず駄洒落満載。「1階で食べても~ 芋ニカイ~」と歌い踊る p.43「38皿め ひとり芋煮会」で笑いました。
★40 - コメント(2) - 2016年9月2日

ゴロさんは花の食全般の師匠でもあるのね。お隣のヒッピー夫婦やバイト先の店長さんなど食が豊かな人に恵まれてて羨ましい。川上弘美さんの本はあるのかと思って調べたけどなさそうですな。一人芋煮とかセリ蕎麦とかセリ系やってみたい。
★5 - コメント(0) - 2016年7月23日

全部おいしそうで花ちゃんも可愛い。自分のためだけにつくるごはんは手抜きでも美味しいものが食べたいですもんね。カレーうどん鍋を作って食べました。油揚げがかなり美味しいです。
★5 - コメント(0) - 2016年7月18日

食するまでの過程がいつも賑やかで大好きです。お腹減った!
★5 - コメント(0) - 2016年7月9日

ブックオフ行き。ありがとう。ラストのお話が最終回のようで、本当に終わるのでは?と思っていました。立て続けに3巻一気読みしました。なんだか疲れました。
★19 - コメント(4) - 2016年7月2日

このズボラ加減が絶妙~。めんどくさがりなとこも~。美味しそうにモリモリ食べるとこも好き~。
★3 - コメント(0) - 2016年6月17日

★★★★
- コメント(0) - 2016年5月31日

花ちゃんダイエット無理!
★2 - コメント(0) - 2016年5月14日

ズボラなのは「飯」でなく生活そのもので、むしろ「飯」は実はわりとちゃんと作る花ちゃん。食への愛情たっぷりで作る様子に和みます。ダジャレとぐうたら具合はオヤジっぽいのに、ムダにエロくて何とも愛すべきキャラクター。いろいろギリギリセーフなテイストではあるけれど、バカバカしく面白くて、素直に楽しかった。
★22 - コメント(0) - 2016年5月14日

1巻読んだ時はひどいズボラだなぁ〜と思ったけど、ゴロさんいる時は頑張ってるみたいだし、そういや私もひとりだとズボラ飯だわ(笑)と思い至った。誰かのためだから頑張れるんだよね。
★6 - コメント(0) - 2016年5月10日

料理マンガの中でもとても好きだ。すごく楽しそうで美味しそう。波平のひもがプラーンとついてるおみやげの中身はこんなだったのか。めっちゃ美味しそう!
★31 - コメント(0) - 2016年5月7日

前巻からかなり時間がたってましたが、相変わらず明るい花ちゃんで面白かったです。トーストコロッケサンドとせりそば、きざわさアボカ丼食べたいなぁ~。あと折詰も憧れる~(っ´ω`c)それにしても二巻のシリアス展開はどこへ行ってしまったのか。。(^_^;
★5 - コメント(0) - 2016年5月5日

夫が単身赴任でひとり暮らし中のズボラ主婦・駒沢花の日常を描いた料理漫画? の3巻。ひとり暮らしをしていたころ、本当に疲れて気力ゼロのときはスーパーのお惣菜やコンビニにお世話になっていた私は花さんのことをズボラと笑えなかったり……。本当に面白い本を読んでいるとき、終盤になるにつれページをめくる手が遅くなるのは割と読書あるあるだと思います。そして私も波平さんのお土産の中身が気になっていた! お茶漬け海苔パスタは、川上弘美さん(作中では川下弘美さん)の小説に出てくるのかな? アジのなめろうとセリ蕎麦おいしそう。
★2 - コメント(0) - 2016年5月3日

魚さばけないけど、なめろうにトライしてみたい。37皿めで花が外ではブラウスをスカートにインしてるけど帰ってきたら出してるのが、ほんと芸が細かい!ピロートークで『宴会の余ったの包んだやつ』についてねだる花にも笑ってしまった。わたしもあれ食べたことない。
★1 - コメント(0) - 2016年4月30日

「美味い」の表現がインフレしてきてる。でも無理やりエロ絡めなくてもいいのに。花の妄想・独り言が相変わらず絶好調で、ゴロさんは実はもう実在しない人なんじゃないかと思った。もしそうだったら怖い。
★4 - コメント(0) - 2016年4月29日

色気&ギャグ気がやや増量してる感。無言で呆れるお月様のコマがなんか良いなぁw 焼きそばといえばズボラ飯の定番というイメージがあったけど(実際、一人暮らし中はしょっちゅう食べてたし)、女子はあんま作らないのか。その辺のズボラ感の違いみたいなもんに思いをはせるのもまた、一つの楽しみ方のような、そうでもないような。
★3 - コメント(0) - 2016年4月29日

レンタル。やはり今回も読んでるうちに花のテンションに付いていけなくなり、読了と同時に疲れてしまった(-。-;1話ずつ読むのがちょうどいいのかも。私もアジフライやなめろうを作って届けてくれるお隣さんが欲しい♪(´ε` )そういえば、前巻のシリアスな問題はどこ行ったんだろう?
★15 - コメント(0) - 2016年4月9日

花のズボラ飯 3巻の 評価:78 感想・レビュー:244
ログイン新規登録(無料)