ヤコとポコ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと! )

ヤコとポコ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと! )
126ページ
115登録

ヤコとポコ 2巻はこんな本です

ヤコとポコ 2巻の感想・レビュー(100)

1巻とまとめて。2巻最後の「頑張りすぎ検知」からの流れが(若干ベタながらも)泣かせるものだったなぁと。こういうのがあると次も読んでみようと言う気になる。
- コメント(0) - 2016年12月15日

相変わらずロボ達が可愛い。自分がヤコならポコを思いっきり甘やかすんだけどなぁ。ヤコはツンデレなんですね。そしてロダンくんまさかのてきとうモード、てきとうなりに努力したんだなぁ。真っ直ぐで一生懸命な彼がとても好きになった巻。
★1 - コメント(0) - 2016年12月5日

1巻でロダンが「てきとうでも頑張ればもっとはやく出来る」と言っていたのは実体験だったのか…オリーブ先生がダメモードのミュシャを入れたのはロダンのためでもあったのかと泣かされる。てきとうでもダメでもそのままでいいんだよということ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月1日

ロダンとみどりの話でボロボロ泣いてしまった......。優しい気持ちになれる漫画です。
★1 - コメント(0) - 2016年11月11日

ゆったりとした作品だからか続刊の出版ペースも遅めなのかしらとのん気でいたら、気づけば3巻まで出ていたなんて!セリフを目で追いながら、この作品では自分の黙読速度がとてもゆっくりなことに気づきます。ゆっこペンの色をモノクロの紙面上で読者に想像させる秀逸さと言い、マップさんやSANSO気球などのレトロシステムと言い、ダメモードロボにも救いを持たせる演出と言い最高です。忙しなさや無機質さとは無縁のあたたかな街並みが機械でできているという不思議。胸を締め付けられながら流す読後の涙で毎回自分の荒み具合を推し量る。
★1 - コメント(0) - 2016年10月4日

最近荒んでるせいなのか漫画の雰囲気が沁みる。特にロダンの話は電車の中で嗚咽でそうだった。
- コメント(0) - 2016年9月29日

積んでた。ロダンの健気さにガン泣き。確かに言われてみれば編集部とかでの会話がちょっと的外れなときとかあって、ロボにも天然とかあるのかな…って思ってたけど、まさかだったなぁ…。そしてミュシャ…!(笑)
★1 - コメント(0) - 2016年9月13日

ヤコはポコにちょっと過保護。でもその気持ちわかるわ^-^)
- コメント(0) - 2016年7月9日

web上の作者インタビューを読むと「オリーブ先生とロダンの話」や「ピグマ書店の話」に思い入れがあるらしいが、個人的には主張が入らない話の方が好き。A.A.ミルンの『くまのプーさん』みたいでずっと読んでいたい。
★1 - コメント(0) - 2016年6月25日

椿
のんびりした二人に癒される。ロダンが自分の為に嘘をついてたことに驚き。ときどき出てくる「革命」は、どんなことがあったんだろう?
★11 - コメント(0) - 2016年4月19日

漫画家とロボットアシスタントの日常。ポコが可愛すぎると思ってたらロダンまで可愛いやつだったなんて!今回はデレ多め。全てが優しさに包まれていて、幸せしか感じません。ゆっこペンの「お母さんが買ってきちゃったブラジャー色」の話でポコが最後に「ヤコのお母さんもきっと頑張って選んだよ」と言ったところで、うぅぅわぁぁぁあ〜〜(泣)ってなって、お母さんに電話してしまった。電話に出たお母さんは、あの頃と何にも変わらない私の大好きなお母さんだった。大事にしよう。この本もお母さんも。
★6 - コメント(0) - 2016年4月4日

1巻よりもずっとポコの扱いがよくなってる。ツンデレのデレがすっごい多くてニヤニヤしちゃうwでも1巻のあの微妙な関係性をみせてたときの方が凄いマンガだった気もする・・・まあ面白いからどうでもいいんですけどねw
- コメント(0) - 2016年3月13日

漫画家とロボットアシスタントのゆったり温かい日常を描いた作品。読むとMPが回復する貴重なマンガです!すごく好き!
★1 - コメント(0) - 2016年2月21日

Hu
ロダンかわいいなあ。ロボットがこんなにかわいくて、SFな景色もかわいくて和む。不思議な感覚だ。
★6 - コメント(0) - 2016年2月6日

自分の本を応援してくれてる 書店員さんへの ヤコの決意が格好いいです。 自分への応援を 続けてもらえるように もっといいものを書くことを誓います。 ときに 頑張らないといけないけれど でも 頑張り過ぎて壊れちゃいけない
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

この世界に住んでみたい。
- コメント(0) - 2016年1月26日

イノセントなキャラクターを登場させ、言葉にはされない世界の優しさを表現しています。登場するキャラクターたちの不器用な感じが良いです。くどくなくマンガにできるのが、この作家の良さだと思います。この傾向はマコちゃんの方にもありますが、僕はこの作品の方が好きですね。
★2 - コメント(0) - 2016年1月9日

ああ、まさかあのロダンに泣かされることになろうとは。それにしても、この世界のメカニックのなんとやさしくうつくしく荘厳であることか。ヤコの自家用車をはじめとする街を走るクルマ、空を横切って行くこいのぼり、エイ型の飛行艇……。この「“革命後”の世界」は、水沢悦子版のアタゴオルであり、イバラードなのだろう。
★1 - コメント(0) - 2015年12月28日

売れっ子少女漫画家のオリーブ先生のうちにはかんぺきモードのロボアシさんが何人(?)もいる。オリーブ先生の仕事場のエピソードがまた良いお話だった。ヤコポコワールド、行ってみたいなあ。「すっせ」と健康を願うこどもの日の鯉のぼりがすごい迫力だった。
★15 - コメント(0) - 2015年12月26日

ロダン、お前ってヤツは…!(涙
★3 - コメント(0) - 2015年12月14日

こんなもの読んでほっこりするなんて俺も焼きが回ったとしか言えないが、やはりよさがあるなあ。最後まで読んで口絵のカラーイラスト見たら泣きそうになる。
★5 - コメント(0) - 2015年12月9日

人間とロボットが仲良く暮らす“革命後”の世界。ロボットアシスタントのポコは、少女漫画家ヤコのために、「ゆっこペン」を集めている。ゲームセンターで共にゲームをしたロボットや、七夕の短冊に願いをかいたりして、少しずつ集まり始めて・・・
★10 - コメント(3) - 2015年12月8日

「健康だけでいいよポコ」。こいのぼりの話、すごく好きです。
★3 - コメント(0) - 2015年12月5日

2015年11月刊。初出 エレガンスイブなど。めくったカラー口絵が売れっ子のオリーブ先生とそのアシスタントロボなの?? オリーブ先生のロダンのようにてきとうモードなのに向上心を持って頑張りすぎて壊れてしまうところがロボ(機械)を超えていて、現代の人間そのものと感じました。子どもっぽく感じるポコも実は役に立ちたいと思っているところがにくい。作品押しの書店に行っても喜びを爆発させないヤコ、気になるなあ。ところでゆっこペン、実際はどんな色なんだ~!!
★17 - コメント(0) - 2015年12月4日

少女マンガ家ヤコさんと相棒のアシスタントネコ型ロボ・ポコの日常物語。 やっぱりりんごハイムの大家さんはいい人です。意外とクールですけど。 鯉のぼりの2ページ見開きは圧巻でした。思わず声でちゃいましたよ。 オリーブ先生とロダンの話は胸がぎゅーっと締め付けられました…。 ロダンてきとうモードだったのにオリーブ先生のために無理して…頑張って…。 『もういいよ、がんばったよ!だから休んでロダン!』とオリーブ先生とシンクロ。 そしてミュシャGJ☆オリーブ先生ご一行様ゆっくりバカンスしてきてね。
★17 - コメント(0) - 2015年12月2日

★★★★ 今の世の中を指して「人と人の距離感がめちゃくちゃ」っていうのよくわかる
★6 - コメント(0) - 2015年11月30日

すごく癒される
★1 - コメント(0) - 2015年11月30日

inu
1巻のロダンの台詞で「てきとうでも頑張ればもっと速くできる」ってのがあったと思うんだけどそれが後できいてくるとは……
★4 - コメント(1) - 2015年11月28日

じわっとじわじわと伝わってくる胸懐がねそっとね伝えてくる慎ましやかさがね。優しく触れ撫で下ろす温もりある情感がね「あぁ」と思わず唸る感慨が堪りませんよ。
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

購★★★
- コメント(0) - 2015年11月21日

うわああああ~~~ん!ロダーーーーン!!毒にも薬にもならないホンワカストーリー、、、ではなく!ほのかに炸裂するストーリーのきらめきが、しっかりと薬として機能しているのが凡百の癒し系マンガと違う所だと思う。
★3 - コメント(0) - 2015年11月21日

ちょっと太めの線で描かれた建物も車もおもちゃみたいな世界で、日々を過ごしながら昔流行ったペンをコレクションするマンガ。最後の話を読んだ後に最初に戻って表紙をめくるとちょっといい感じ。
★3 - コメント(0) - 2015年11月20日

現在から五十年くらい先の近未来。五十年前に革命がおき、現在とは少し違う未来を歩んだ世界の話。ケータイ、パソコンなどは、急激に衰退。代わりに、ロボット産業が進化。人々は、それらロボットをお手伝いロボとして、アシスタントとして、時には友人として、時には愛玩動物として過ごしている。そんな未来での心暖まるお話。
★15 - コメント(0) - 2015年11月18日

この漫画の独特の世界観やっぱり好きだわ…皆何だかのんびりしてる感じで。最後のロダンの話に泣いてしまったよ。あとミュシャがね、まさかあんな特殊モードを抱えているとは。オリーブ先生のとこのメンバーは皆可愛いです。
★7 - コメント(0) - 2015年11月18日

やられたゼ、不覚にもウルッときちまいました。ヤコって言葉足らずだし頑なでちょっとどーかと思うけど、訥々とポコに語る漫画に対する想い、いいなー分かるなー。と、じんわりしてたところにロダンのエピですよ!け、健気~。正直言うと、ウルッどころか泣いた。
★8 - コメント(0) - 2015年11月18日

漫画家のヤコとてきとうモードのアシスタントロボットのポコ。二人の(?)奇妙な交流が…ああ、違う。こう文字にしたら巧く伝わらない、そういう作品。 少し早めのX'masプレゼント…うぷぷ(笑)。 無表情なヤコのキャラクターが軽く屈折してて飽きない。 それにしても、「水沢悦子」ってペンネームはピンとこないなー。 別名義の本もこのままコンスタントに出していって欲しいものですよ、掲載誌がマジでガチなあれとか。
★3 - コメント(0) - 2015年11月18日

ポコが可愛すぎてもだもだする。ヤコの少し頑ななところがすごく好きだ。すごくシンプルな絵なのに、ヤコの間(ま)から 気持ちがすごく伝わってくる。大傑作と思うけど、周りの反応は鈍いので、特に私の波長に合ってるんだろう。
★5 - コメント(0) - 2015年11月17日

相変わらずヤコとポコの距離感が素晴らしいけど、最後の最後にオリーブ先生とロダンが全部持ってった。やっぱ無理しすぎちゃダメだよね。
★4 - コメント(0) - 2015年11月17日

じんわり、じわじわ。すさんだ心に、丸っこい絵と優しいストーリーがしみてくる。最後のオリーブ先生とこのロボのお話は泣けた。はぁ~、ずっと読んでたい。このマンガ大好きだ。
★4 - コメント(0) - 2015年11月16日

今読んでいるみんな最新5件(1)

11/27:緋莢

積読中のみんな最新5件(6)

11/11:エイカ
12/08:ARiA
11/22:ふーばー
11/20:唯人
11/18:緋莢

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

12/03:chamo
11/23:みゆき
11/20:歩月るな
ヤコとポコ 2巻の 評価:78 感想・レビュー:39
ログイン新規登録(無料)