国家の猫ムラヤマ(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)

国家の猫ムラヤマ(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)
126ページ
122登録

国家の猫ムラヤマ (ヤングチャンピオン・コミックス) 1巻はこんな本です

国家の猫ムラヤマ (ヤングチャンピオン・コミックス) 1巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


国家の猫ムラヤマ (ヤングチャンピオン・コミックス) 1巻の感想・レビュー(104)

キンドル無料版で。カレー澤先生のまぁいつもの感じのやつ。ちょっとずつ読むと面白い。一度に読むと胸焼けする
- コメント(0) - 2016年9月30日

カレー沢薫のマンガはクレムリン以来、はまっていたけど、今回も異色作品。シュールなのかもしれないけど、ムラヤマ首相が一番常識人で、バイト感覚の派遣秘書二人に翻弄されているのが面白い。具体的にどこが面白いのか、他人に説明することができず、この作品の黒いオーラは見た人にしかわからず、見る人によっては評価が別れるといった、魔書であることは確かだ。女性にも関わらず、ソープとか風俗ネタができてすごいなあ。内田春菊を彷彿とする。
★1 - コメント(0) - 2016年9月7日

リアル書店でどうしても見つけられなかったからとうとう通販した。カレー沢先生の漫画で一番好きかもしれない。声出して笑うことはないのだけど、ときどき「ぅふっ」って声が出る。しかしイトウくん美形だなぁ…。
★1 - コメント(0) - 2016年8月5日

「ズートピア」読書第3弾。電子書籍で前半を試し読みして買ったんだけど、後半から加速度的に下品に(笑)!特にオコジョが鬼畜!少子化で人間が激減して、ツシマヤマネコが首相になる事態。厚生労働大臣がチスイコウモリ(伝染病を媒介!)とか、農林水産大臣がトラ(肉食)防衛大臣がカメで冬眠中、どころか衆議院の半分以上が冬眠してたり(過半数以上の承認が!)楽しそう。人間が「動物のなかの一種」という地位になっちゃってますが、かえって対等でいい感じです。昔読んだ岡田あーみんのマンガを彷彿とさせる勢いあるギャグマンガ。
★2 - コメント(2) - 2016年6月16日

政界を皮肉ったギャグ。面白かったけど、読むのが遅いから時事的にはだいぶ古かったわ~。
★1 - コメント(0) - 2016年6月6日

普段、思ってても言葉にするのが難しい実害のない程度の憤りが毒の効いたギャグになってここにありました。これはもっと多くの人に読んでもらいたい!!余談ですが、全裸キャバクラって本当にあるのか検索してしまいました。あった!
★3 - コメント(0) - 2015年11月21日

そういえば(かなりそういえば)ムラヤマ首相だった。
- コメント(0) - 2015年7月18日

やっぱカレー沢薫は猫だな
★1 - コメント(0) - 2015年6月14日

動物+政治ネタっつーとつの丸先生のパンダ内閣とかあったよなーなどと思い出したり。
- コメント(0) - 2014年9月4日

政治の時事ネタはどうでもいいんだけど、下衆ネタがとてもすき
- コメント(0) - 2014年7月15日

政治風刺は面白いし動物要素を上手くギャグに使っているが、最初の数話読めば十分だ。
★1 - コメント(0) - 2014年6月13日

前半面白かったが、ラストは、ほぼ下衆ネタ。カレー沢薫の「底」は、意外に浅かったかもしれない……。
- コメント(0) - 2014年5月6日

読メでのこの作品のレビュー率に驚く。政治的な風刺も出来る人で驚いた。懐かしいなあ。村山首相。出てくる政党名に吹いた。
★2 - コメント(0) - 2014年1月18日

アンカスよりはゆるいが、後半オブチがどんどん下衆爆弾になっていた。ムラヤマ首相は可愛いのだが、もうひと押し足りない気がする。人間の男の秘書のキャラなどは、カレー沢作品コンプリートしてるとマンネリ感は否めない。とは言え、ところどころで破壊的に面白い絵が描かれてたり、そのツッコミの酷さに声を出して笑ってしまうのでカレー沢作品は素晴らしい。☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2014年1月8日

カレー沢史上最もひどい(誉め言葉とも言い切れない何か)
- コメント(0) - 2014年1月4日

ブラックでエロスでまったく笑えない風刺が満載なところがかえって笑えるという、ちょっとどうしていいかわからない漫画なのだけれど、面白い。チンアナゴ長官のコーナーも収録されています。
★1 - コメント(0) - 2014年1月4日

風化上等!とばかりに時事ネタをこれでもかと詰め込んだ風刺マンガ。風刺というより全方向にケンカ売っている読んで痛快爽快な漫画です。攻めてるなぁ。
★2 - コメント(0) - 2013年12月16日

オブチが下衆い。チンアナゴ長官に和まされてる。
- コメント(0) - 2013年12月15日

ヤバい!これはヤバい!面白い!ブラックなのもエロいのもあるけど、笑えるからよし!いいと思います!あと、オブチひどい!www
- コメント(0) - 2013年12月14日

後半は時事ネタ。読み返しに辛そうな内容もけっこうあって心配。それにしてもカレー沢作品に出てくる人間の男は皆揃って外道。だがそこが良いのが困る、本当に困るw
- コメント(0) - 2013年12月13日

クレムリンと比べてテンポ早い、そしてお腹いたいww相変わらず絵がアレだが話は笑える。政治的なネタとイマドキネタを詰めてあるけども、ぱっぱとよめていい。小沢さんが窓から帰る所とか、魚を担架に載せる所とかwwしかし部下に恵まれねえな主人公…
- コメント(0) - 2013年12月7日

オブチが強すぎる。クズすぎる。
★1 - コメント(0) - 2013年11月29日

イトウファーストチルドレンは絶滅しない気がする。 求愛ダンスが見たい、13章全部な!
★4 - コメント(0) - 2013年11月29日

チンアナゴ長官がかわいい。そしてイトウファーストチルドレン、なぜ複数形?
- コメント(0) - 2013年11月28日

一郎(と書いてファーストチルドレンw)が言ってた映画『レクイエム•フォードリーム』を観てみたくなりました。政党名の『炊き上がれ日本』と『シュビドゥビドゥ!』で声を出して笑った。カレー沢さんのセンス、本当に素敵です♪
★2 - コメント(0) - 2013年11月26日

時事ネタ漫画ということで他のカレー沢作品よりややぶっ込んだネタが満載。だがそれがいい。ファーストチルドレンは辛い。
★5 - コメント(0) - 2013年11月25日

◎。社会風刺漫画とのことだが、かなり痛快に仕上がっている。社会風刺と言ってもネカフェ難民からシーシェ●ードまで幅広く取り扱ってるため、日本在住なら漏れなく楽しめるネタでいっぱいだ。時事ネタは旬のうちにこそ最大限に楽しめるので、未読の方は是非とも早急に購入のうえ読破していただきたい。あと、アンカスZに近い空気も感じるので、アンカスZが好きな人にもこの本はお薦めである。最後に、個人的な感想になるのだが、ムラヤマ総理がとても可愛い。二巻が出ることを切望するあまり、ヤンチャンを買おうかと思うくらい可愛い。
★1 - コメント(0) - 2013年11月25日

オブチさんがイカす。
- コメント(0) - 2013年11月24日

秘書一名と一匹が若干違った方向で下衆い。
- コメント(0) - 2013年11月24日

オブチ第二秘書がかっこよすぎて先輩と呼びたいことは置いといて、かなり攻めたネタを惜しげも無くぶっこんでくるあたりに、秋田書店の男気を感じる。クレムリンでもそうだが毒に非常にセンスがあるので、カレー沢先生にはこれからも青年誌と仲良くやって欲しい。
★1 - コメント(0) - 2013年11月23日

ファーストチルドレンにふいた
★1 - コメント(0) - 2013年11月22日

カレー沢作品に共通する、淡々と毒を吐いている感じがいい!「バイトのコーメイくん」はもちろん、「ニコニコはんしょくアクマ」も単行本になったら買うぞ!
- コメント(0) - 2013年11月20日

今読んでいるみんな最新5件(3)

09/16:ゆぴたる
03/29:roro
03/20:カグラ

積読中のみんな最新5件(2)

06/13:兄者
12/04:kaedeko

読みたいと思ったみんな最新5件(13)

02/28:ねまきち
09/25:にな
03/05:suicdio
国家の猫ムラヤマ (ヤングチャンピオン・コミックス) 1巻の 評価:66 感想・レビュー:33
ログイン新規登録(無料)