ドカベン ドリームトーナメント編(19): 少年チャンピオン・コミックス

ドカベン ドリームトーナメント編: 少年チャンピオン・コミックス 19巻の感想・レビュー(16)

2016年5月4日:のん@漫画大好き
2016年4月30日:Maxon
2016年2月24日:Mukai Sanpei
強烈に派手なキャラは出ない、リアル野球っぽい攻防が展開する巻。地味だけど、こういうのもいいですな。とはいえホームラン野球なのは変わらない。ホームラン以外での決着は、あるのかな?
★1 - コメント(0) - 2015年12月27日

岩鬼の突き指で里中のプレーまで熱くなる。こう言う友情プレー好きだな!何の特色も無さそうな大前田が金太郎と仕掛けたスクイズ。細かいプレーだけど、こう言うのも好き。更に岩鬼も絡んでくるあたり、流石に場を盛り上げる天才だ岩鬼。あっ大前田もKジロー曰く天才だ!マンガは違うけどおはケー時代に努力した大前田を認めてるんだなKジローは!こんなシーンがあるのは嬉しい限りだなぁ!
★6 - コメント(0) - 2015年12月22日

2015年12月19日:Krisna_Khana
2015年12月15日:憂愛
岩鬼はゴクみたいな男気に溢れる選手との対戦は楽しそう。
★1 - コメント(0) - 2015年12月14日

2015年12月13日:FBN
京極の強烈なライナーを素手でキャッチした岩鬼。どう見ても突き指したかに思える岩木の右手に、しかし、翻弄されるカープ陣営。そもそも、悪球打ちに象徴されるように、世間の常識を逸脱した存在こそが岩鬼であり、場を乱し、だからこそ場の主役を奪っていく。これぞ岩鬼、これぞ『ドカベン』の魅力。
★9 - コメント(0) - 2015年12月11日

2015年12月11日:ARA
2015年12月10日:おさーる@おさるなん
仁義なき戦い→広島→極道ということか。相手方を立ててしまったので、えーと、裏の攻撃は89123だから、ドリームボールをサヨナラホームランだろうけど、そのまんまだったらつまんない。里中以外で決勝を投げられそうな先発かが、いなさそうだし、どう二工夫するでしょうか。
★5 - コメント(0) - 2015年12月10日

意外と長い(カープファンの方ごめんなさい)vsカープ。まだ終わらない。スターズが同点に追いつく場面は、なんかあんまり盛り上がらなかったなぁ。淡々としてた印象。そしてまた、突き放された。最終的な結果はわかってるんだから(いくら、いい絵が描けたら、当初の予定と違う展開もありうる水島先生でも、スターズが決勝に行かずに敗北はないでしょう)、せめて試合展開では惹きつけてほしい。
★2 - コメント(0) - 2015年12月9日

刊行:2015/12(No.19-190)【埴輪進一(「極道くん」の恋女房)大変身!(黒)】対Carp戦も佳境へのプロローグ。岩鬼vs極道の図式も山田の頭脳playが冴え渡り…流石役者が一枚違うね(^ω^)
★1 - コメント(0) - 2015年12月8日

2015年12月8日:キャタピラ

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

12/05:suicdio
11/17:Krisna_Khana
11/15:FBN
ドカベン ドリームトーナメント編: 少年チャンピオン・コミックス 19巻の 評価:88 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)