鬱ごはん(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)

鬱ごはん(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
166ページ
580登録

鬱ごはん 1巻はこんな本です

鬱ごはん 1巻の感想・レビュー(446)

グルメ漫画ではありません。食のシチュエーションに拘った出口の無さが独特。
★11 - コメント(0) - 2月21日

「バーナード嬢」作者の作品。ひとり暮らしのフリーター男の「食」についての漫画だが、まー、グルメ感はない(笑)。基本的には男がひとりで飯を食いながら、心の中でつぶやくモノローグで成り立っている。その独り言が文字通り鬱々としていて、不思議と説得力があったりする。「食」について文句のようなものをダラダラと述べる割に、自分で作ったりするこだわりも見せる。が、だいたい失敗する。何だか不思議な漫画、それでいて、かなり面白い。
★8 - コメント(0) - 2月14日

うつうつとした食事。食に関するエッセイの中でも異質。
★1 - コメント(0) - 1月28日

すこやか
★1 - コメント(0) - 2016年12月19日

K
読むと食欲が無くなるごはん漫画。主人公の陰鬱さが好きです。
★3 - コメント(0) - 2016年12月17日

登録わすれ。かたくなに「おいしい!」みたいな言葉が出てこない!!グルメまんがかと思ったらちがう!!!食欲減退、精神陥没必至のおもしろいまんがでした。
★13 - コメント(0) - 2016年11月20日

与野本町フタバでレンタル。
- コメント(0) - 2016年11月13日

読書会のテーマにしようとしていた“食に関する漫画”を探していて見つけた本です。農家、職人、栄養、安全、飲食店、レシピなどにスポットを当てたお話はたくさんありますが、この漫画は独特でした。一人暮らしの就職浪人ができれば食べたくないが仕方なく食べる食事の数々。食への尊厳なんて全く無視し、もてはやされている“美食”“グルメ”などに全く媚びず、現代の若者の孤食をリアルに語っています。作者の視点は新鮮なのに、大学時代の自分を思い出し、懐かしくもあり。もう面白くて面白くて、ニヤニヤしながら読みました。
★13 - コメント(0) - 2016年11月7日

h
リアル
★1 - コメント(0) - 2016年10月31日

3年溜まって、作中も3年経ってるらしい 時間て、残酷ですね?
★1 - コメント(0) - 2016年10月26日

よけい鬱になる。バーナード嬢と同じ作者かと疑ったり納得したり。まあ孤独の「鬱」グルメと思えばそれなりに楽しいし悪くない。まずいラーメン屋のオヤジが客への嫌がらせに置いていそうwww
★13 - コメント(0) - 2016年10月17日

確かにこれは落ち込んでくる・・・。
- コメント(0) - 2016年10月10日

Kindle版 いや、これは色々と厳しい。
- コメント(0) - 2016年10月10日

読後なんだか鬱々とするのに定期的に読みたくなる。飯食うのが嫌いなんだか好きなんだか。
★2 - コメント(0) - 2016年10月10日

これでもかというくらいの何をやっても上手くいかない事例に、一気読みしたら違う意味でお腹いっぱい
★2 - コメント(0) - 2016年10月9日

就職浪人の鬱野たけし。たいして食に興味無し、ただ生きる為に食べるそんな男の鬱々一人メシ…。ピザを食べては轢死体、マグロを食べては生き血を口に含む何らかの儀式と表現する今までなかったグルメ(?)漫画。食べることをここまで否定したものはなかなか見つからないのでは。
- コメント(0) - 2016年10月8日

bbb
○。2巻目が出たので、1巻目から買う。3年ためないと本にならない話を2冊目まで書くのが偉い。いや、掲載誌がそんなに続いているってのがかも。6年前からそうなのかとも思う、いや作者のそれは10年以上前からか。ド嬢の1巻と同時期発売だったか。
★2 - コメント(0) - 2016年10月2日

主人公の食に対するスタンスがよくわからない‥。次の巻も気になる。
★3 - コメント(0) - 2016年9月20日

kindle
- コメント(0) - 2016年9月18日

絵がアレなのに不思議と読める。おもしろい。
★1 - コメント(0) - 2016年9月11日

読んでてひたすら暗い。
- コメント(0) - 2016年9月11日

楽しい空気があるわけじゃないけど、何となくいつまでも眺めていたい空気。
★1 - コメント(0) - 2016年8月20日

陰鬱な気分には、何故かならないな。嘔吐やら廃棄、腐敗といった負の要素もあるし、個別にみると避けたいことだらけだな。しかしながら通しで読むとなんだか充足感がする。
★6 - コメント(0) - 2016年8月17日

巻末で辛くなったって作者さん書いてるけど自分にあてはめたらしんどすぎる、でも読み進めちゃう、、、
- コメント(0) - 2016年8月11日

読み進める内に、この主人公は食に熱心なんじゃないか?と思い始め…トーストの回での網にこだわるコメントには信念を感じてちょっと感心しました(笑)まあ、マズそうではあるんですけど。
★3 - コメント(0) - 2016年7月23日

食欲なくす事必至の食漫画。ダイエットに最適かも。頭の中でごちゃごちゃ考えすぎなキャラはめんどくさくて滑稽で、面白い。妖精が猫型なのも好み。「感染るんです」というよりは「じみへん」に近い思考型。どうでもいい事を真剣に悩んだり、自意識過剰なのが痛すぎてこの感じわかる。
★4 - コメント(0) - 2016年7月17日

主人公がヤル気無いのは間違いなさそうだが、ただ単に面倒くさいだけで食に関する造詣はとても深いのではないだろうか。「誰もがんばらないでくれ!オレもがんばらないから!!」
★2 - コメント(0) - 2016年6月30日

2.0 なんかちょっと期待していたのと違った。もっと食べたくなくなるような漫画かと思ってた。
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

やっぱり鬱々とするような。。?イマジナリーフレンドいいじゃない。
★1 - コメント(0) - 2016年4月24日

収入と社会的地位の低い就活浪人生が一人暮らしで淡々と飯を食うというまったく美味しそうじゃないグルメマンガ。こりゃ就職できないわ、という肥大化しすぎた自意識とそれ故の奇行で、普通の飯もろくに楽しめないエピソードが満載。ひとつひとつは「こういうこともあるかも知れない」くらいのものもあるが、それを延々畳み掛けられるので「こいつ絶対就職できないな」以外の感想が湧いてこない……あと本当に飯がまずそう。独特の漫画です。人生停滞してる時には絶対読みたくない
★4 - コメント(0) - 2016年3月27日

なんとも言えない気分になる。
★1 - コメント(0) - 2016年2月26日

独り暮らしで食事に拘らないとこんな感じですよねモグモグ(ごはん食べながら)。「お前と一緒にするなや」。妖精は口が悪いですね。おもしろい漫画でした。ご馳走さまです。
★1 - コメント(0) - 2016年2月26日

気まずい相手とのごはん、手続きが気まずかったごはん、概ね単独飯、ヤケ食い、軽微な失敗、食の場面によって何度も再起される自意識過剰、たんたんと乾いた鬱のループ。読書嫌いそうなのに読書家に見られたいド嬢の漫画家さん、こちらは食がテーマなのにグルメ万歳には決してならない。ま、グルメ万歳タイプに学んで真似しても、何度も覆されるファイナルアンサーに翻弄されて何が最高なのか解らなくて楽しい筈なのに疲れちゃうってケースもあるから、食べたくなる食漫画も、全然食欲わかないこちらも、同じコインの裏表なんじゃないかな。
★21 - コメント(0) - 2016年2月20日

『孤食ロボット』の対極にある作品。あっちのテーマが「誰かと食べる飯は旨い」だとしたら、こっちは「一人で食う飯は激マズ」という身も蓋もないマンガ。一方で『ホクサイと飯』っていう「独りでも一緒でも楽しく食すマンガ」もあって、それとの共通項は「飯作るのって楽しい!」ってところだろうか。ただ、よく考えるとどのマンガも、施川さんがあとがきでいうところの「愉快なイマジナリーフレンド(またはロボフレンド)」 が出てくるので、一人飯の闇って深いんだなと思い知った……。
★4 - コメント(0) - 2016年2月14日

読んで面白い人だなと思ったけど友達にはなりたくない。
★2 - コメント(0) - 2016年1月25日

これほどメシマズな漫画は読んだことがありません。普通のグルメ漫画は深夜に読んで、お腹が空いて後悔ーーということがよくありますが、この作品は食欲を刺激しないので安心です。施川ユウキ作品はひねくれてるけど、そこが好き。
★20 - コメント(0) - 2016年1月4日

ド嬢が面白かったので買ってみた。面倒くさい主人公だ。
★11 - コメント(0) - 2015年12月14日

再読。
- コメント(0) - 2015年12月10日

自分も一人暮らしの時に似たような事をしでかしたからワラエナイ。 一人暮らししてた頃に読まなくてよかったなと思う。実家暮らしの今でさえ読んでも共感出来ることが多いからw
★2 - コメント(0) - 2015年12月9日

おいしいご飯マンガへのアンチテーゼとして着眼点が相変わらずすばらしい作家さん。そして、そういうアンチテーゼものはああ、アイデアはいいけど、読みたくはないなと思うものも少なくないが、一定のファンがいて嬉しい。私もその一人だ。
★5 - コメント(0) - 2015年10月25日

鬱ごはん 1巻の 評価:78 感想・レビュー:177
ログイン新規登録(無料)