かえるのうらめしやさん (カラフルえほん)

かえるのうらめしやさんの感想・レビュー(41)

カエルの飯屋さんのお話。普段は「おもてめしや」の看板を出して、普通の食堂を営んでいるのだが、夏が近づくと看板を裏返して「うらめしや」に。すると、いろんな動物たちのご先祖様の霊が、やってくるのだった。生きてる動物たちも、ご先祖様に会うためにカエルの「うらめしや」を訪れるのだった。お客さんは、ご先祖様に生まれた子供を紹介したり、歌や踊りの芸の上達を報告したりと、それぞれの時間を過ごす。賑わっている中、ビーバーくんのご先祖だけがなかなか来ないのだが…。理由が泣かせる。まさか絵本で先祖供養について教えられるとは。
★54 - コメント(0) - 2016年10月9日

*読み聞かせ*
★7 - コメント(0) - 2015年9月12日

お盆に読みたい!
★13 - コメント(0) - 2015年7月19日

図書館。
- コメント(0) - 2015年7月11日

カエルの飯屋さん。「おもてめしや」というネーミングがおもしろい。お店の看板を裏返して「うらめしや」だなんて(笑)。
★5 - コメント(0) - 2015年1月26日

かえるの何とか屋さんシリーズ。ほにゃららした感じのゆるい蛙の絵に惹かれて以前から読んでみたいと思っていた絵本,やっと出会えた。お盆になるとかえるさんのごはん屋さんは「おもてめしや」から「うらめしや」と名を変え,ご先祖様が集う場所に♪というお話。絵だけでなく,お話も想像以上に終始ゆる~い感じだったw 「お盆」とか「ご先祖様」って何なのか,まだ今一つ把握できていない6歳男児にも,お盆ってこんな感じにご先祖様が帰って来てひと時交流する時だよ~って何となく伝わった気がする。全然!知識系絵本ではないんだけどwww
★10 - コメント(0) - 2014年9月29日

お盆の季節に読みたい かえるのうら飯屋さん♪、看板をひっくり返すところがミソ。 こういうの好き(^^♪特別お奨め。
★18 - コメント(0) - 2014年8月16日

お盆で 先祖を迎えるという考えかたを ゆるやかに教えているようだ。「キツネのでんわボックス」の著者
★6 - コメント(2) - 2014年7月31日

文京区立真砂図書館で借りました。
- コメント(0) - 2014年7月10日

お盆に読んでね:かえるの○○やさんシリーズ。うらめしやさんは、めしやさん。好みの範疇ではなかった。
★11 - コメント(0) - 2013年10月9日

You
■絵本■うらめしやっておま、おま、 和む絵本。
- コメント(0) - 2013年7月23日

絵の感じからして最近の絵本って感じです。 お話も最近の絵本と言う感じです。 こういうタイプのお話おおいなあ、って思います。 絵は可愛いしツッコミどころもあるしで楽しかったです。 言葉あそびですよね。 『おもてめしや』とか『めいどからのみやげ』とか(笑) この絵本をきっかけに子供にお盆の意味を教えてあげられたらいいかなあ、と思いました。
★4 - コメント(0) - 2013年7月21日

ちっとも怖くない「うらめしやさん」。字の通りの飯屋さん。ご近所さんのご先祖様みんなが集えるというところがいい。ご先祖様に恥ずかしくないように、ちゃんと生きなきゃ、ね。
★3 - コメント(0) - 2013年7月15日

図書館にて。ふと棚を見るとカエルの絵本だらけ。雨の多い6月だからかな?特集だったのですね。他にもいろいろ読んでみたかったのですが、タイトルに惹かれてこの本をチョイス。 「うらめしや」に思わずなるほど!!絵も可愛いしお話もいいですね。こんな不思議なご飯やさん行ってみたい。
★6 - コメント(0) - 2013年6月26日

文京区立真砂図書館で借りました。
★1 - コメント(0) - 2013年6月4日

このシリーズ好きです。しかし、お客をほったらかしていいのか(笑)。
★3 - コメント(0) - 2013年4月27日

実は、「おもてめしや」があります!ご先祖様を大切に。これはお盆のお話だね。
★1 - コメント(0) - 2012年8月31日

待合所にて。ガキが捨てたのを見計らって。
★1 - コメント(0) - 2012年7月31日

隣市図書館で。かえるのお店屋さんシリーズ。タイトルは”うらめしや”だけれど、中身の最初は”おもてめしや”。おや?と思ったら、ある1日だけ、うらめしやに変身。さあ、一体いつのことだと思う? 表紙は、地味な色で、ちょっぴり怖そう?だけれど、実はとってもあったかいお話!
★13 - コメント(0) - 2012年7月21日

ちょっと早いけど、お盆に関する絵本を探していたので読んだ。沼から遠くないところにある、かえるのおもてめしやさん。夏がちかづくとかえるさんはワクワク。普段はふつうのごはんやさんだけど、看板をうらがえしにして、いつもとは違うお客さんをでむかえるのです…。面白い!お盆というテーマの絵本でこんな変化球があるとはっ!絵もかわいいし他の本も読みたいなー。「おもてめしや」と「うらめしや」の意味に気づいたらニヤリとしてしまった。なるほどね~。ご先祖さまに会えて嬉しそうなみんなの姿がほほえましい。びーばーくんもよかったね♪
★8 - コメント(0) - 2012年7月13日

こんなとこ行ってみたいなぁ。
★1 - コメント(0) - 2011年6月4日

息子はおばけが怖いと聞きもせず‥1人で読みました。まぁこの本の“うらめし”の意味はまだわからんだろうしなぁ~。明日は、父の法事、私はこんなうらめしやさんがあったら嬉しいな。もう19年、まもなく父と同じ歳(早)
★7 - コメント(0) - 2011年5月3日

お盆が舞台の絵本とはずいぶん珍しい。なんとも心温まるストーリーでほろっとさせられます。
★1 - コメント(0) - 2011年2月21日

普段はふつう(?)のたべものやさん。でも看板を裏返すと・・・ご先祖さまがやってくる「うらめしやさん」になっちゃうんです! ご先祖様と語り合えるこんな素敵なお店があったらいいな。
★2 - コメント(0) - 2011年2月18日

積読中のみんな最新5件(1)

04/25:ともまる

読みたいと思ったみんな最新5件(9)

10/09:KAZOO
かえるのうらめしやさんの 評価:100 感想・レビュー:24
ログイン新規登録(無料)