江戸艶本への招待

江戸艶本への招待
304ページ
15登録

江戸艶本への招待の感想・レビュー(6)

天神から女になる丸薬を授けられ、女として奉公しながら数々の女性と関係を持つ(男性器だけはそのまま)という「好色年男」、女性器の解剖学的枕絵を描いた渓斎英泉。日本人の変態伝統はやっぱり凄い。多くの歌舞伎役者と関係をもったことがスキャンダルになって多くの枕絵のヒロインになってしまった竹本お傳。一瞬、現代ではこれはないと思ったけれど例えば小保方さんなんか多分名前をちょっと変えて散々ネタにされているよね、きっと。
★4 - コメント(0) - 2015年8月22日

2014年7月30日:シマオ-
2014年3月27日:どん
2012年1月25日:半殻肝
2011年4月19日:朱蓮
2011年3月8日:bokassa_1er

今読んでいるみんな最新5件(3)

03/07:まるまる
01/22:半殻肝
02/09:Atsu

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

01/31:M2
01/01:get1173
04/22:a
06/29:ちょこ

林美一の関連本

江戸艶本への招待の 評価:33 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)