神様降臨

神様降臨の感想・レビュー(27)

難しく、面白い 大人の絵本?漫画? 有名な人の言葉を取り入れたり 訳すことにより、伝わりにくいギャグ (解説はあるが) 文字数も多く考えることが多いのでなかなか読み進めづらい 神学や哲学が得意な方は、より好きなんじゃないかな とっつきにくい内容ではあるが
- コメント(0) - 2016年9月4日

久々のバンドデシネだったが・・・難解で何度も読み直してしまった・・・w 結局この神様はテレビ番組制作会社が作り上げたただのキャラクターに過ぎなかったのかどうかの問はナンセンスだろうな。どちらにせよ現代社会ではただのキャラクターなのだから。神は存在するのか?そもそも存在とは?全ては因果律の中か?ならば最初の因果に対する原因はどうやって生まれた?俺が掘り下げられた疑問は精々ここまでで、哲学に詳しい人ならもっと楽しく読めるのだろう。それにしてもラストの髪となった人類は不気味だ。
★1 - コメント(0) - 2015年6月26日

哲学・神学的議論で新しいことをしてる訳ではないが、否定神学的議論から量子力学やサイバーパンク的な世界観まで軽くカバーしてて、各テーマ毎の掘り下げは多少物足りなさを感じたが、上手くまとめたのかなと。落とし所はやはりそうか…。神なき資本主義世界に降臨した神様は、カラマーゾフの大審問官のように熱のこもった愛も憎悪も受けず、むしろ地上世界での役柄なしにただ存在してるだけでは許されず神様を演じることを求められてそして自分自身にケリをつけるがそんなこんな全て神様には折り込み済みで神様は神様なりに楽しんだのでは?
★20 - コメント(0) - 2015年6月19日

神様が世界に現れてしまう、というコンセプトはすごく批評的なんだけど、人間や宗教への嘲りはぎりぎりない、と感じた。そこが好き。人間アホだなーとは思わされても、冷笑にはならない。だから、神や人間への愛おしさがわずかながらも醸成されていくんだけど、ゆえに、このラストには寂しさを感じてしまう。ここだけ取り出せばアイロニックだけどアイロニックに思えない。
★1 - コメント(0) - 2015年2月5日

- コメント(0) - 2015年2月3日

ベーデーわかんないです。神様が精神分析受けるシーンがありました。
★1 - コメント(0) - 2013年12月26日

あんまりわからなかった。
- コメント(0) - 2013年12月9日

好きじゃないけどすごい本。バンドデシネって、日本の漫画やアメリカのコミックと全然違うテイストで、面白いです。
- コメント(0) - 2013年9月18日

神様=広告と情報検索の結晶という結末に、今生きている時代の空疎さを呪ってしまった。21世紀では神様はロマンの対象にはなりえないのか。
- コメント(0) - 2013年6月1日

完全に哲学書ですねこれは。しかし、神にもっとも近しい存在としてgoogle的スパコンがでてくるのは、スマホ時代である。
★1 - コメント(0) - 2013年5月29日

面白く難しい。神様が現代に降臨して、本物かどうか裁判にかけられる。フランスのコミック。神様の事は無信心者なのでなあんにも知らないけど、それなりに楽しめた。勉強してから再読したい。
★3 - コメント(0) - 2013年5月27日

題名の気安さと、神がある日出現するといった設定がその凡庸さを予想させるが、そうではない。超絶技巧を駆使した高次元の話が展開される。デカルトやサルトルを引きながら展開する裁判、それに対する弁護団の凡俗さ。大衆の取り残された感も見事に表現されている。
★1 - コメント(0) - 2013年5月26日

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(1)

08/02:梅しそ

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

02/18:zinseiban
08/28:言音
06/20:Keisuke
06/19:niam
神様降臨の 評価:89 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)